あなたは 00250883 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
1件検索されました。
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
     
【9】 題名:脳の機能\が低下しているのでしょ・
相談者:1090 年齢:16 性別:男性 地域:新潟県 2005/01/23 (日)16:55:26
16歳の男子高校生です。4ヶ月くらい前から使い慣れた眼鏡をいつものようにかけたらなんともいえない不快感を感じるようになり、眼科に行って視力などを詳しく調べてもらったのですが異常がありませんでした。その後眼鏡をとっても頭になんとなくちくちくしたようなむずむずしたようななんともいえない不快感を覚えるようになり、同時に耳鳴りが発声しました。そして読書をしたときに、いつものように文字がすっと頭に入ってこなくなっているのを感じました。また、学生なので問題集に取り組もうとした際、問題文を読むのが異常なくらい遅く、読書をした時と同じようにいつものように頭が回っていない感じを覚えるようになりました。実際学校のテストでもいつもの三倍くらい時間がかかってしまいました(簡単な復習テストですので、勉強不足だとかそういうことではないと思います)。
また、聴きなれている音楽がいつもより格段と早く聴こえるようなり、テレビ番組の台詞なども早く感じるようになりました。また、字を書こうとしても自分のペースで書くことが出来ず、ふらふらとした字しか書けずにいます。これは脳の回転が低下していたり、神経に異常があったりするために起こるのでしょうか。
     
不定な「調子の悪さ」が御相談者の病態である。
1・眼鏡に違和感
2・をとっても頭になんとなくちくちくしたようなむずむずしたようななんともいえない不快感を覚えるようになり
3・耳鳴
4・思考能力の低下
5・音に敏感になる
6・その他
の「6つ」の「症状・症候」を御相談者は御記載されています。

「これは脳の回転が低下していたり、神経に異常があったりするために起こるのでしょうか。」
との事です。=>「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」を
御心配されてのことと解釈致します。

=>この可能性は極めて少ない・まず無いと考えます。


上記の「2」の「症状・症候」からは「緊張型頭痛」も考えられなくはありません。

けれども全体的にみれば冬季の潜在的な「反復性上気道感染」などによる
「症状・症候」の総和とも考えられます。

行き先「困ることがおきる」と不安だから今の内に」「精一杯心配」して
先の苦労を減らそうという「矛盾ブレーキ」を踏まれていらっしゃる可能性
もあります。
「不安の種まき」をされないように頑張られて下さい。

「緊張型頭痛」に関しては下記の(8)の御相談者の御相談と御回答を
参考にされて下さい。


上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00250883 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)