あなたは 00263233 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
1件検索されました。
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
     
【60】 題名:胆石について
相談者:みながわ 年齢:43 性別:男性 地域:東京都 2005/05/11 (水)19:58:54
胆石についてお聞きします。
5年前に人間ドッグで見つかり、毎年経過観察しています。
今のところ痛みはありません。
いずれ手術したほうがよいとのことですが
仕事を休まないですむ、内視鏡やレーザーによる方法があるとの事ですが、
費用や体への負担はどのようなものでしょうか。教えて下さい。
     
ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持が大変によく判る御相談です。
「胆嚢結石症」通称「胆石症」俗に言う「胆石」との事です。
但し
1・「胆石」の「大きさ」
2・「胆石」の「個数」
3・「胆石」の「発生部位」
4・「画像診断」で得られている「胆石」の性状
5・その他
についての御記載がなく「御回答精度」は低下いたします。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。

「胆嚢結石症」通称「胆石症」は通常「無症候性」であれば
経過観察を致します。
けれども「無症候性」であっても
1・「胆嚢壁肥厚」
2・「胆嚢造影陰性」
3・「充満結石」
4・「胆嚢壁石灰化」
等の「症状・症候」がある場合は手術適応となります。

症状のある場合は「原則」として「手術適応」になります。
この場合
1・「胆石溶解療法:ESWL:extracorporeal sock wavw lithotripsy」=
いわゆる「ショックウェーブ療法」の適応例は少ないながらも
患者さんが希望されれば「手術適応」の「治療戦略」として考えます。


2・通常の「胆嚢結石症」通称「胆石症」の場合「手術適応」とあらば
「腹腔鏡下胆嚢摘出術:LC:laparoscopic cholecystectectomy」
として「内視鏡手術」にて「胆嚢摘出手術」を施行することが「基本」です。


この2・が御相談者の言及されている
「仕事を休まないですむ、内視鏡やレーザーによる方法があるとの事ですが、」
との「治療戦略」に匹敵或いは相応するものと考えられます。


「胆嚢結石症」通称「胆石症」の
「腹腔鏡下胆嚢摘出術:LC:laparoscopic cholecystectectomy」は
いずれの場合も「ただちに開腹手術が可能」である準備のもとに
施行致します。

いまや「胆嚢結石症」通称「胆石症」は
通常は「腹腔鏡下胆嚢摘出術:LC:laparoscopic cholecystectectomy」
という「内視鏡手術」が「主流」の時代。
けれども
「仕事を休まないで済む」=「日帰り手術」的な「治療戦略」
というわけでは御座いません。

「費用や体への負担はどのようなものでしょうか。教えて下さい。」
との事です。
1・費用はレーザーを用いれば全額実費
2・通常の場合は「胆嚢結石症」通称「胆石症」手術は
「腹腔鏡下胆嚢摘出術:LC:laparoscopic cholecystectectomy」
の費用だけではないから(麻酔の費用その他)全く御回答限界で御座います。

「体への負担はどのようなものでしょうか。教えて下さい。」
が「一番重要な御相談者の質問」であると今の私は考えます。
「胆嚢結石症」通称「胆石症」に対する
「腹腔鏡下胆嚢摘出術:LC:laparoscopic cholecystectectomy」
の「成果」は「御施設」によっても手術をする「専門医」の「腕前」によっても
「海と山」の相違程以上のもの」が御座います。
この「「海と山」の相違程」が御相談者の「体への負担」となって
跳ね返ります。

誰でも外科医師は「自分一人で初めての手術」という経験を経て
更に研鑽を積み腕前を上げていきます。
「胆石」の
百戦錬磨の「高技術」をお持ちの「一般外科専門医先生」に
御相談者が当たるか・或は「初回」の外科医師に当たるかは
御相談者の「運」次第。

「内視鏡手術」で「未経験」の医師が術中トラブルをおこされて
マスコミに報道されたのは御相談者も記憶に新しいはず。
「腹腔鏡下胆嚢摘出術:LC:laparoscopic cholecystectectomy」を
「日帰り」で可能とする「御施設」には足を向けられないほうが
宜しい。
またいかなる場合も「胆嚢結石症」通称「胆石症」の手術となれば
1週間は「最低限」は「体を休ませる」方が宜しいに決まっています。



一刻も早い御相談者の「症状・症候」の寛解の得られること・
一刻も早い「症状・症候」のご回復を心より御祈り申し上げます。
上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にお大事にされて下さいませ。
何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
2005 09:04:30


相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00263233 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)