あなたは 00256051 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
1件検索されました。
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
     
【40】 題名:右下唇、右顎から右下後頭部の痺れ
相談者:やまもと 年齢:35 性別:女性 地域:外国 2005/03/14 (月)19:31:26
海外オランダ在住です。以前から左足が痺れていたので、3ヶ月前に一時帰国をした際に脳神経外科でMRIを撮ってもらいました。結果、ヘルニアの初期ということでした。(4番と5番のあいだが磨り減っているといわれました)その後、オランダに戻ってきましたが、最近になって、右下唇から顎のライン、右側の後頭部にかけて歯医者で打ってもらうような麻酔注射のあとのような痺れ(麻痺?)を感じています。他には右手が冷たい、という症状もあります。帰国した際に首のMRIと脳のMRIも撮ってもらいましたが、脳の方は全く異常なし、首の方は普通の人よりまっすぐな骨の並びなので、肩こりがひどいでしょう、という診断でした。(実際肩こりはひどいです)質問させていただきたいことは、この麻痺は、脳からくるものでしょうか。それともヘルニア、または肩こりのひどさからくるものなのでしょうかということです。もし、今のこの症状が深刻なものであるのなら、日本に一時帰国しようかなと考えています(コチラではMRIの予\約にとても時間がかかるので)。先生のお考えをお聞かせください。
     
ご心配なことと存じます。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
をお持ちの様です。
また
「3ヶ月前に一時帰国をした際に脳神経外科でMRIを撮ってもらいました。
結果、ヘルニアの初期ということでした。
(4番と5番のあいだが磨り減っているといわれました)」
との事です。
「ヘルニア」は「臨床神経診断学」からは「あるか」「ないか」の
「診断」のみです。
「「ヘルニア」の初期」という「病態」の「診断」は
適切な表現が思い浮かばないのですが
「存在しません」。

御相談者の御相談内容要旨御記載の
「この麻痺は、脳からくるものでしょうか。
それともヘルニア、または肩こりのひどさから
くるものなのでしょうかということです。」
=>
「中枢神経系の器質的疾患由来の巣症状(そうしょうじょう)」
とは考えられません。
だから「脳」からくるものではありません。

1・脳からくるものでしょうか。=>違います。
2・それともヘルニア、・略・=>違います。
3・または肩こりのひどさから
くるものなのでしょうかということです。=>これが一番近いです。

「もし、今のこの症状が深刻なものであるのなら、
日本に一時帰国しようかなと考えています
(コチラではMRIの予\約にとても時間がかかるので)。
先生のお考えをお聞かせください。」
=>
「御様子見」で宜しいと今の私は考えます。

一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00256051 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)