あなたは 00259756 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
1件検索されました。
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
     
【20】 題名:全身の筋肉のぴくつき
相談者:匿名希望 年齢:39 性別:女性 地域:神奈川県 2005/02/06 (日)14:41:55
2004年11月15日、朝起きたら、突然右上瞼の小刻みな痙攣が始まりました。
しかし以前にもこういうことはあって、一日で消失したので放置しておいたら
10日経っても治らず、心配して近所の脳外科を受診。
「眼瞼けいれん」だと言われ、ユベラ(ビタミンE)などの薬を処方されました。
その薬を飲んだのがきっかけかわかりませんが、徐々に痙攣がおさまり、
4日後に右上瞼の痙攣がなくなったと思ったら、今度は突然左頬がピクッとしだし、
その日のうちに全身に広がりました。
それから2ヶ月が経過し、今だに全身の筋肉のぴくつきに悩まされています。
概して足の筋肉がピクピクすることが多いですが、唇や頬、瞼、お尻、足の裏、肩、お腹など
至るところで筋肉のぴくつきが見られます。
ぴくつきは1回で終わることもあれば10秒ぐらいぴくぴくしていることもあります。
今のところ脱力感はありませんが、ALSではないかと思うと心配で仕方ありません。
他の症状は慢性の首と肩の凝り、たまに倦怠感があります。
右目の奥が痛くなる頭痛も若い頃から時々あります。
胃が重くなることも時々あり、夜熟睡できないタイプです。
育児のストレスや運動不足のためかイライラすることが多く、
いつも筋肉が緊張しているような感じがあり、なかなかリラックスできません。
筋肉のぴくつきの原因は何でしょうか。治るものでしょうか。
ご回答、よろしくお願い致します。

     
ご心配なことと存じます。
この「症状・症候」は
典型的な「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に伴う「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」です。
「頭痛系の「症状・症候」」であり御相談者には
「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」が御ありのはずです。
下記に順を追って御回答致します。


この「緊張型」の患者さんで「ぴくつき」をおこされる患者さん
は多いものです。
2月・6?7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
最初は「眼嶮痙攣:がんけんけいれん:blephalospasm:BS」などから
始まります。
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」等の運動神経病
(モーターニューロン病:MND)
と間違われて患者さん御自身が御心配されるのが特徴。

「筋肉の萎縮」=「筋力低下」がないから「臨床神経診断学」で
直ちに診断が下しうる「症状・症候」です。

右目の痛み+「慢性の頸と肩の凝り」+「倦怠感」+「睡眠障害」+
胃ばけ(あだ名です)
の「症状・症候」がおありのようです。

基本「病態」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
という「頭痛系の「症状・症候」」です。
正診断率の大変低い「頭痛系の「病態」」。

しっかり治されるためには
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

また「緊張型」の患者さんは新皮質
(新皮質(霊長類からヒトで大活躍:コンピューターでいわばメモリー(ラム))
のメモリーが一杯の状態から「情緒不安定」になることがあり
独特の「思考過程」をもたれることがあります。
「因果付け」「自分隠し」という「緊張型」の患者さん独特の
「思考過程」でございます。
「AがBだからCになる」という「流暢な論理」=「因果付け」の
錯角方程式をよく用いられます。
「緊張型」は「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
ととよく間違えられます。ご注意下さい。


やはり御相談者と同様に「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」
「ぴくつき」で「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
をおこされた患者さんの御相談と御回答が
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
手とふくらはぎのぴくつき [2] [2004年12月16日 16時56分17秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/724745175409229.html
に御座います。
御参考にされていただければ幸いです。


上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00259756 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)