あなたは 00259756 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
1件検索されました。
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
     
【154】 題名:神経ブロックというのはどのようなものなのでしょうか
相談者:匿名希望 年齢:0 性別:女性 地域:神奈川県 2012/08/09 (木)16:19:58
神奈川県、43歳主婦です。

神経ブロックというのはどのようなもの
なのでしょうか。

     
この相談への個別リンクは 
 http://www.clinicayamamoto.com/list_single_N.php?s_no=154
 です。









#1

神経ブロックというのはどのようなもの
なのでしょうか。」
との事です。

=>

一筋縄ではいかない「御相談」です。




#2
「神経ブロック」の、歴史を簡単にご説明致します。
=>#3








#3
1884年にCarl Koller(カール・コラー)(ウィーンの眼科医師)により、
最初の局麻薬としてコカインが発見されました。
これが、そもそも「局所麻酔」の始まりでした。

1884年 William Stewart Halsted (ウイリアム・スチュアート・ハルステッド)
( [合衆国(USA)」ボルチモアの外科医)はCarl Koller(カール・コラー)の発見した、「局所麻酔薬」の、
コカインが神経幹での伝導を止めることを実証致しました。
外科学における伝達麻酔法の土台を作いました。

(腕神経叢ブロックも行っています。 )








#4
William Stewart Halsted (ウイリアム・スチュアート・ハルステッド)
はCarl Koller(カール・コラー)のコカインを、すぐに、
人間で応用できたわけではないのです。


ボルチモアの外科医の、William Stewart Halsted (ウイリアム・スチュアート・ハルステッド)
は、191430歳のある日、友人の愛犬が、左脚をびっこをひきながら、ときおり激痛がはしるのか、
大きな声でキャーンと悲鳴をあげてていました。
友人が、愛犬をWilliam Stewart Halsted (ウイリアム・スチュアート・ハルステッド)
のもとに、つれて「なんとかならないのだろうか」と、
懇願致しました。

William Stewart Halsted (ウイリアム・スチュアート・ハルステッド)は、
友人の愛犬の「びっこをひいている左脚」を、まんべんなく調べ、おしてみたりしましたが
犬は左脚を「圧迫されて悲鳴をあげる」ことは、ありませんでした。


William Stewart Halsted (ウイリアム・スチュアート・ハルステッド)も、
途方にくれましたが、彼は1884にCarl Koller(カール・コラー)の発見した
「局所麻酔薬」の、「コカイン」をすでに、もっておりました。









#5
結局、William Stewart Halsted (ウイリアム・スチュアート・ハルステッド)には、
友人の愛犬の、痛みの場所と、左脚のびっこ、の理由はわかりませんでした。
そこで、いたしかたなく、なにもしないわけにはいかないので、
友人の愛犬の「背中」(左脚ではありません)
に、Carl Koller(カール・コラー)の発見したコカインを、注射致しました。

しばらくして、フラフラしながら友人の、愛犬は、たちあがり歩き始めました。
友人が、びっくりしたことは、
「フラフラしているがビッコをひいていないこと」でした。

William Stewart Halsted (ウイリアム・スチュアート・ハルステッド)自身は「医師」
ですから、みずから「半信半疑」でした。

けれども、「フラフラがとれた犬」は、以前と同じように、見違えるほど元気になり、
走り回り、William Stewart Halsted (ウイリアム・スチュアート・ハルステッド)が
与えた、ミルクを、嬉しそうにのみほしました。
友人が、William Stewart Halsted (ウイリアム・スチュアート・ハルステッド)に、
感謝・感謝したことはいうまでもありません。

「あなたは「名医」だ、この「方法」はなんっという治療法?」
という、友人の問いに対して、
William Stewart Halsted (ウイリアム・スチュアート・ハルステッド)は、
とっさに、「nerve block]=「神経ブロック」だと、答えました。


#6
#5が「神経ブロック」の歴史のまくあけです。










#7
「戦争と軍医による痛み治療の発達」もあり、
「痛い「部位」」には、「局所麻酔薬」の注入ができない
「戦争外傷」もありました。
このようにして、
「痛くない場所」に、「局所麻酔薬」を注入して、「痛い「部位」」
に、とどかせる、という「神経ブロック」の「ブロック」の文字は、
「痛みに苦しむ戦争「兵士」」には、「このうえなくありがたい」もの
として、今日にいたっています。










#8結論:
上記が、
「神経ブロックというのはどのようなもの
なのでしょうか。」という、御質問の「御回答」に、
役立てばなによりです。


ps・注射器の発明も、「神経ブロック」の発展には多いに
関連があります。

1656年
Christopher Wren(クストフアー・ウレン)(1632〜1723、「St. Paul's Cathedral」を設計した英国の建築家)によって、
立案されました。
Wrenは、ブタの膀胱にガチョウの羽軸を中空にして付けた自作の注射器を発明致しました。












上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にお大事にされて下さいませ。

















この相談への個別リンクは 
  http://www.clinicayamamoto.com/list_single_N.php?s_no=154
 です。
相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00259756 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)