あなたは 00250882 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
1件検索されました。
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
     
【146】 題名:肩から、背中全体に冷感とPC仕事で前かがみになる吐き気。
相談者:はしこ 年齢:51 性別:女性 地域:茨城県 2012/03/11 (日)14:50:58
山本先生、はじめまして。
51歳、女性、茨城県です。

先生の相談掲示板をよんで、
親身になって、ご親切な回答をされているので、感激しました。


私の症状も、もしかしたら、治療していただけるかと思い、
相談させていただきます。


症状:肩から、背中全体に冷感があり、
パソコン仕事で前かがみになっていると、吐き気がしてきたり、
重いものを持つと、もてないことはないが、
あとでひどく肩や背中が苦しくなって、夜眠れなかったり、します。
2・3年前からだんだんひどくなってきました。

特に、冷感が、きもちわるく、
冷感がひどいときは、むかむかしたり、いたんだり、
体の具合も全体に悪いです。

これは、どんな病気でしょうか。
治るのなら、ぜひ、先生に治療していただきたいです。

近くの病院には、総合病院など、いろいろいきましたが、
胃薬や、睡眠薬をだされるだけで、
病名もわからず、一人で苦しんでいます。

ご回答いただけるのを、お待ちしています。
よろしくおねがいします。



     
この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_N.php?s_no=146  です。







これはお気の毒ですね。
けれども
御相談者の御相談内容要旨御記載のような、「症状・症候」で
御苦労されていらっしゃる患者さんは、
とても多い。

そして、
その中で「1%未満」くらいのかたが、幸運にも、「御診断」がつけられて、
「治療戦略」に、のり、よくなっていかれる、というのが現状でしょうか。







#1
##1
「山本先生、はじめまして。
51歳、女性、茨城県です。

先生の相談掲示板をよんで、
親身になって、ご親切な回答をされているので、感激しました。


私の症状も、もしかしたら、治療していただけるかと思い、
相談させていただきます。

症状:

肩から、背中全体に冷感があり、
パソコン仕事で前かがみになっていると、吐き気がしてきたり、
重いものを持つと、もてないことはないが、
あとでひどく肩や背中が苦しくなって、夜眠れなかったり、します。
2・3年前からだんだんひどくなってきました。

特に、冷感が、きもちわるく、
冷感がひどいときは、むかむかしたり、いたんだり、
体の具合も全体に悪いです。

これは、どんな病気でしょうか。
治るのなら、ぜひ、先生に治療していただきたいです。

近くの病院には、総合病院など、いろいろいきましたが、
胃薬や、睡眠薬をだされるだけで、
病名もわからず、一人で苦しんでいます。

ご回答いただけるのを、お待ちしています。
よろしくおねがいします。」
との事です。






#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御相談者の症状は、次のようにまとめられます。

##2
------------------------------
1・
「近くの病院には、総合病院など、いろいろいきましたが、
胃薬や、睡眠薬をだされるだけで、
病名もわからず、一人で苦しんでいます。」
という「しんだんがつかない」という特徴。

2・
「肩から、背中全体に冷感があり」という
「温度覚」への関連を示唆される「症状・症候」

3・
「パソコン仕事で前かがみになっていると、吐き気がしてきたり、」
と、「まえかがみになる」=「首を前屈(ぜんくつ)させる」と
「症状・症候」が悪化する。

4・
「吐き気がしてきたり、」
という「症状・症候」

5・
「重いものを持つと、もてないことはないが、
あとでひどく肩や背中が苦しくなって、夜眠れなかったり、します。」
=>
「「背中バリバリ症候群」(あだ名です)」になり、かつ
「夜眠れなかったり、します。」=>「睡眠障害」の
「症状・症候」


6・
「2・3年前からだんだんひどくなってきました。」
という、「症状・症候」

7・
「特に、冷感が、きもちわるく、
冷感がひどいときは、むかむかしたり、いたんだり、
体の具合も全体に悪いです。」
という「症状・症候」


8・
その他

------------------------------

です。



##3
この「症状・症候」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
という、
「「機能性末梢神経障害」による「病態」」の
「症状・症候」なのですね。
=>#3









#3
##1
山本クリニックの公式ホームページ
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html/
からとぶ
Biglobe相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
のなかでには
御相談者の御相談内容要旨御記載と、同じ「症状・症候」
の「御相談者」が多数いらっしゃいます。

##2
たとえば、
###1
背中が痛くとてもつらく困っています。 [2] [2008年 2月24日 16時55分10秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/620420530046434.html

###”
仕事中に痛烈な背中の痛みを感じました。 [2] [2006年 6月11日 14時16分40秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/129452121284888.html

などです。
=>
この患者さんの###1と###2の「二名」の、御相談の一部は
##4のようなものです。
=>##4


##4
###1
「40歳 女性です。

慢性胃炎があります。
ピロリ菌を除菌1年ぐらいは胃の不調も消え体調もよかったのですが、
妊娠し、心妊娠後期に食べすぎで久し振りに胃もたれを起こした時に、
同時に背中(イの裏の背骨の両サイドにある筋あたり)
に鈍痛がおこりました。何かが滞っているようないたみです。

その後出産3年たちますが、
その背中の痛みが日に日に増し、背中が痛くなると吐き気がして、
特殊な胃炎で胃がんになりやすいと主治医にいわれ、
心配になり胃の調子が悪くなるというような悪循環になっています。・略・」

###2
「・略・また以前より背筋の痛みは感じておりました。

10年間飲食店で働いており、
常に前かがみの姿勢で仕事をしていました
(身長182cmで姿勢は悪いです)。
以前の職場が寿司屋で、
低い厨房で前かがみになり長時間寿司を握っていましたので

その時もよく背中の痛みを感じました。
また今はレストラン勤務で
、接客・低く狭い場所での皿洗い等をしており、
忙しい時には背筋が固まる感じをいだいています。

前傾姿勢のきついバイクにも乗っており、
それも要因の一つでは、と思っております。

8年程前に「緊張型頭痛」と心療内科で診断されましたが、
それ以後酷い頭痛にみまわれたことはありません。・略・」


##5
=>類似点がおわかりになりますか>
=>#4







#4
##1
ヒト(人間)が通常は意識しない、「体表の部位と内蔵部位」があります。

##2
それは、「せなか」と「いぶくろ:胃*」なのですね。
(*よく「胃がん」がみつかったが、なにも症状がなく、手遅れだった・
などといわれますよね)

##3
この、本来ならば「意識にのぼらない」=「存在すらわすれている・ということです」
「せなか」と「いぶくろ:胃」が。
=>
「お辛い状態に、なる」のが、この「病態」(#2の##3に記載した、
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」と
「背中バリバリ症候群」(あだ名です))
が、「べつの御相談者の「症状・症候」」「類似点」であるといえます。
おわかりですか。

##4
そして、「無理な姿勢」で、体を「前かがみ」で仕事をするは、
元来、ヒト(人間)が、行わなかった、新手の「肉体労働」で、
その「負荷」たるや、大変なものがあります。
=>##5

##5
体重50kgのかたが、「上三分の一」を「前かがみにしてさせるものがないわけ」
だから、「大変な負荷」が、かかることがあります。
50kg/3=17kgです。










#5
##1
その昔の脳神経外科の教科書では、
「緊張型頭痛」の「頭痛」は、「そんごくう」の輪でしめつけられる
ような「頭痛」であると記載されてういます。

##2
この「教科書の記載」は、おそらく、「パソコン」などの、「IT機器」の出現のまえに
記載されたものを、そのまま、転写しているにすぎません。

##3
今現在では、「緊張型頭痛」は、「肩こり・頸こり・背中こり」
などで、「症状・症候」がきます。
だから、「緊張型頭痛」という、概念を、
考え直さなければならないことになります。

##4











この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_N.php?s_no=146  です。




相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00250882 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)