あなたは 00250872 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
1件検索されました。
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
     
【126】 題名:松果体嚢胞(しょうかたいのうほう)とは?
相談者:匿名希望 年齢:44 性別:女性 地域:北海道 2011/01/21 (金)18:33:41
松果体嚢胞(しょうかたいのうほう)とは?




山本外科内科脳神経外科クリニック世田谷
山本博昭先生こんにちわ。


19歳に筋緊張型頭痛と診断受け 現在44歳の女性です。
43歳に甲状腺乳頭癌で全摘、右リンパ郭清受けてます。

最近、高血圧、頭痛、眩暈、ふらつき、転倒が激しく、
頭部MRI施行。松果体嚢腫と言われました。



相談のポイント(一番知りたいことです)。

1・松果体嚢ほうとは別の物ですか?
2・良性とは言われましたが、経過観察で良いのでしょうか?

お忙しいところを申し訳ございません。

Sent: Friday, January 21, 2011 12:08 PM
     






この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_N.php?s_no=126
 です。

ご心配なことと存じます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

御相談者の御相談者の御相談の御記載内容からは
「3つ」も問題点があると思われます。

1・
19歳に「頭痛系の「症状・症候」」の「御診断」+「治療戦略」
として
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「診断名」が確立されていること。



2・
「43歳に甲状腺乳頭癌で全摘、右リンパ郭清受けてます」
という甲状腺疾患で「甲状腺乳頭癌」*

であったこと。


------------------------------


「甲状腺乳頭癌」
甲状腺癌の種類のひとつです。
甲状腺癌の中では一番多いタイプです。
原因はまだ不明で、甲状腺にできる痛みのないしこりです。
乳頭という名前ですが、胸にある乳腺とは全く関係がありません。
この癌細胞を顕微鏡で観察すると、
癌細胞が「乳頭」のような形をつくっているので、この名前がつけられています。

ちなみにこの乳頭癌には、以下のような特徴があります。



ゆっくり発育する


あらゆる癌の中で性格がおとなしい


頸部のリンパ節への転移は多い


肺や骨への転移は少ない


進行すると、
反回神経(声を出す神経)や気管に浸潤することがある

家族性の甲状腺乳頭癌について
甲状腺乳頭癌の患者様のうち、2〜5%が
家族内の複数の方に出現するといわれています。
遺伝が原因とされており、比較的若年者に多いのが特徴です。
また、甲状腺内に癌が多発しやすいといった特徴があります。
------------------------------

3・
「最近、高血圧、頭痛、眩暈、ふらつき、転倒が激しく、
頭部MRI施行。松果体嚢腫と言われました。」
との事である。
=>

偶然に見つかった「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」
のこと。

下記順を追って御回答致します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++







#1
##1
「山本外科内科脳神経外科クリニック世田谷
山本博昭先生こんにちわ。


19歳に筋緊張型頭痛と診断受け 現在44歳の女性です。
43歳に甲状腺乳頭癌で全摘、右リンパ郭清受けてます。

最近、高血圧、頭痛、眩暈、ふらつき、転倒が激しく、
頭部MRI施行。松果体嚢腫と言われました。



相談のポイント(一番知りたいことです)。

1・松果体嚢ほうとは別の物ですか?
2・良性とは言われましたが、経過観察で良いのでしょうか?

お忙しいところを申し訳ございません。

Sent: Friday, January 21, 2011 12:08 PM」
との事です。








#2
##1
「松果体:しょうかたい:pineal body」は
「外耳道」から5cm上方で1cm後方の「大脳中心部」にある
「5mmくらいの小豆くらいの「大きさ」の「正常構造物」です。

##2
「松果体:しょうかたい」は発生学的には胎生期に脳室=「第三脳室」の
後壁から「憩室:けいしつ:diverticle」ができて形成されます。
「憩室:けいしつ:diverticle」とはポリープの「反対」で「凹凸の凹
ですから、「松果体:しょうかたい」自体はみな「嚢胞:のうほう」
の「性状」をもっています。

##3
「松果体:しょうかたい」自体今現在も「「中枢神経系」である「脳」の要」
の「局在部位」にあるのだけれども
「松果体:しょうかたい」が「いかなる機能をもち何をしているのか」は
まったく不明です。
(ただしセロトニン合成に関与するHIOMTという物質がありますが
このHIOMTは人体の中でも「松果体:しょうかたい」にしか存在しない
ことが知られています)

##4
また「松果体:しょうかたい」からは「さまざまな「脳腫瘍:brain tumo(u)r」」が
「発生」致します。
これらは「いずれも「胎児性」が強い」ことで
しられています。

##5
よりまして「松果体:しょうかたい」の「脳腫瘍:brain tumo(u)r」は
「神経病理組織学的診断専門医」の「専門医」でも
「おてあげ」になることが少なくありません。
=>##6

##6
プレパラートだけみせられれば
「松果体細胞腫:pineocytoma」=「germinoma:ジャーミノーマ」
などは「睾丸腫瘍」とまったく差異を見出せません。

##7
「いずれも「胎児性」が強い」ことがあり。
「松果体細胞腫:pineocytoma」から「松果体芽腫:pineoblastoma」
まで「アナログ的」に「良性病態」=>「悪性病態」」
へと変貌致します。
=>

##8
「悪性脳腫瘍」でも「放射線」感受性が高いため
「ありがたいのですが」。









#3
##1
「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」は
#2のように考えると
元来発生学的に凹凸の凹(「憩室:けいしつ:diverticle」)
に「髄液あるいはその他の液体がたまっている」
「病態」です。


##2
#2と同じくにこの「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」
のかべをつくっている細胞など
「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」にも
さまざまな「病態分類」が「可能」なはずです。

##3
けれども細胞がぎっちりつまった「脳腫瘍:brain tumo(u)r」ではないので
摘出事例も標本数も少なく
通常は#4のように「かんがえられています」









#4
##1
「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」は
通常の「解剖」で20-40%のかたに存在する「正常構造物」で
脳MRIでは2-5%の頻度で「偶然発見」されます。
「偶然発見」されます。」とは
御相談者の御相談内容要旨御記載のようにしてです。


##2
#2「御記載」のように。
「松果体:しょうかたい:pineal body」には
「松果体細胞腫:pineocytoma」と「松果体芽腫:pineoblastoma」
と呼称される「松果体:しょうかたい:pineal body」実質細胞由来
の「脳腫瘍」は発生致します。

##3
ちなみに「脳神経外科専門医」の「脳腫瘍学」からは
「松果体のう胞性腫瘍」=「松果体嚢胞性腫瘍」という
「実名」をもつ「脳腫瘍」は御座いません。


##4
よりまして「「脳腫瘍:brain tumo(u)r」取り扱い規約」からは
「頭部MRI施行。「松果体嚢腫」と言われました。

・略・1・松果体嚢ほうとは別の物ですか?」
とのこちですが
「松果体嚢腫」という命名法はありません。
(意味はわかりますが)
「松果体嚢腫」という「病態」は定義されないので
「ないものはない。ありません」。


##5
「松果体:しょうかたい:pineal body」の
「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」のことを
おっしゃっているものと思われますが。
「御受け持ちの先生」もなぜ「まちがえられたのだろう」とさまざまに
考えています。











#5
##1
「2・良性とは言われましたが、経過観察で良いのでしょうか?」
との事です。

##2
「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」は
「脳腫瘍」ではありませんか。

##3
だから「良性」も「悪性」もありません。
しいていうならばすべからく「良性病態」で御座います。

##4
「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」自体
が「正常構造物」なので2−3mmくらいの
「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」は
どなたももたれています。

##5
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」の「大きさ」
の「御記載」がないので。
「経過観察で良いのでしょうか?」

「なんともいえません」。

##5
けれども「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」は
「症状・症候」をだすタイプ=「「大きさ」に関係」
がありますから。
「御受け持ちの先生」とはよく相談されてください。

=>#6













#6
##1
「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」自体が
「症状・症候」を出す場合は「3種類」御座います。
因みにこれは
「教科書」的には「こうなるはずだ」というものであり。
現実的には「実体」に乏しいものであることもあります。

##2
------------------------------
###1
「背側中脳機能不全による凝視麻痺:Parinaud syndrome:パリノー症候群」

###2
「中脳水道圧迫」による「水頭症」による「頭蓋内圧亢進」による
「慢性頭蓋内圧亢進」の「3徴候」。
「頭痛」+「悪心・嘔吐」+「鬱血乳頭:うっけつにゅとう」の存在。

###3
「急性水頭症発作:acute hydrocephalic attack」
------------------------------

##3
これらは「教科書」的に「こうなるはずだ」という
ものであり。

##4
「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」自体は
2cm以下のものは通常は「完全無症候性」で御座います。

##5
だから御相談者が「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」
の御心配をする必要は無いかもしれません。









#4
##1
これは「総合的問題点」でもあるのですが
問御相談者の「頭痛系の「症状・症候」」=
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「御診断」がつけられており。
その「症状・症候」の変遷のたびに「あらたな病気」が
みつかっていくということです。


##2
御相談者の御相談の御記載内容からは
「19歳に筋緊張型頭痛と診断受け 現在44歳の女性です。
43歳に甲状腺乳頭癌で全摘、右リンパ郭清受けてます。

最近、高血圧、頭痛、眩暈、ふらつき、転倒が激しく、
頭部MRI施行。松果体嚢腫と言われました。」
との事です。

##3
御相談者の御相談の御記載内容からは
典型的な「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」。

##4
「最近、高血圧、頭痛、眩暈、ふらつき、転倒が激しく」は
いずれも名だたる
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さん
の「症状・症候」です。

##5
「「19歳」のときに「緊張型」」であるのであれば
いまさらに
「精密検査」のはこびとなるものではありえませんね。



















#5結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。


##2
御相談者の御相談者の御相談の御記載内容からは
「3つ」も問題点があると思われます。

1・
19歳に「頭痛系の「症状・症候」」の「御診断」+「治療戦略」
として
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「診断名」が確立されていること。



2・
「43歳に甲状腺乳頭癌で全摘、右リンパ郭清受けてます」
という甲状腺疾患で「甲状腺乳頭癌」*

であったこと。


------------------------------


「甲状腺乳頭癌」
甲状腺癌の種類のひとつです。
甲状腺癌の中では一番多いタイプです。
原因はまだ不明で、甲状腺にできる痛みのないしこりです。
乳頭という名前ですが、胸にある乳腺とは全く関係がありません。
この癌細胞を顕微鏡で観察すると、
癌細胞が「乳頭」のような形をつくっているので、この名前がつけられています。

ちなみにこの乳頭癌には、以下のような特徴があります。



ゆっくり発育する


あらゆる癌の中で性格がおとなしい


頸部のリンパ節への転移は多い


肺や骨への転移は少ない


進行すると、
反回神経(声を出す神経)や気管に浸潤することがある

家族性の甲状腺乳頭癌について
甲状腺乳頭癌の患者様のうち、2〜5%が
家族内の複数の方に出現するといわれています。
遺伝が原因とされており、比較的若年者に多いのが特徴です。
また、甲状腺内に癌が多発しやすいといった特徴があります。
------------------------------


##3
「御相談者」が甲状腺乳頭癌であり今現在も
チラージンSを内服されホルモン補充(HRT)
をされているとおもいます。
「御相談者」の場合は
「家族性の甲状腺乳頭癌」に留意されておかれたほうが
よろしいと思います。
これは私の「かんのようなもの」です。

##4
また
「御受け持ちの先生」が
「松果体嚢胞:しょうかたいのうほう:pineal cyst」を
なぜ「松果体膿腫:しょうかたいのうしゅ」
という「よびな」に
改められたのかは、その理由はわかりませんが、
上記御解答致しました。


##5
何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。





Sent: Sunday, January 23, 2011 14:32 PM


この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_N.php?s_no=126
 です。





相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00250872 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)