あなたは 00256061 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
1件検索されました。
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
     
【125】 題名:頭痛で訪れた病院でたまたま脳腫瘍(良性)が見つかりました。
相談者:匿名希望 年齢:0 性別:男性 地域:北海道 2010/12/15 (水)08:53:01
こんにちは、初め御相談させて頂きます。

相談は息子(17歳)のことなのですが
5月に頭痛で訪れた病院でたまたま脳腫瘍(良性)が見つかりました。

頭痛の原因は偏頭痛で腫瘍は関係ないとの事
無症状ですが12月の定期検査で少し大きくなっているとの事でした。
手足の神経の側に出来ているとの事で手術のリスクの方があるので
また3月に検査し決めるとの事でした。

リスクの話ばかりで親子で不安だけが生まれ
息子は無症状なのでもう病院には行かないと言い出しました。
偏頭痛で病院に行かなければ分からなかったのなら
分からなかった事にすると言っています。

検査ばかりで何か安心できる一言もなく先生に不振を感じているようです。
正直私も先生にたいしては少し不信は感じています。

簡単な事はいえないのだろうとは思いますが
日々不安で仕方ありません。



よかったら良きアドバイスをお願いします。



Tuesday, December 14, 2010 11:16 AM
     


この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_N.php?s_no=125
 です。






さぞかしに御心痛の事とかんがえます
御気持ちが大変よく判ります。

「御回答」遅れまして申し訳ございません。

さて
御相談者の御相談内容要旨御記載
野中には大変に重要な成分があります。
「脳腫瘍:brain tumo(u)r」が発見されたということは
大変なことです。

けれども
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「御受け持ちの先生」より「御説明」があったはずである
「脳腫瘍:brain tumo(u)r」の「脳MRI」の「画像診所見」
に関する「御記載」が完全に脱落されています。





#1
##1
「 こんにちは、初め御相談させて頂きます。

相談は息子(17歳)のことなのですが
5月に頭痛で訪れた病院でたまたま脳腫瘍(良性)が見つかりました。

頭痛の原因は偏頭痛で腫瘍は関係ないとの事
無症状ですが12月の定期検査で少し大きくなっているとの事でした。
手足の神経の側に出来ているとの事で手術のリスクの方があるので
また3月に検査し決めるとの事でした。

リスクの話ばかりで親子で不安だけが生まれ
息子は無症状なのでもう病院には行かないと言い出しました。
偏頭痛で病院に行かなければ分からなかったのなら
分からなかった事にすると言っています。

検査ばかりで何か安心できる一言もなく先生に不振を感じているようです。
正直私も先生にたいしては少し不信は感じています。

簡単な事はいえないのだろうとは思いますが
日々不安で仕方ありません。



よかったら良きアドバイスをお願いします。」
との事です。







#2
##1
17歳の「御子息様」が頭痛にて「御施設」を「御受診」された結果
平成22年5月に
「5月に頭痛で訪れた病院でたまたま脳腫瘍(良性)が見つかりました。」
との事です。

##2
「御受け持ちの先生」より
「たまたま脳腫瘍(良性)が見つかりました。」の「脳腫瘍:brain tumo(u)r」
の「局在部位」は大脳なのでしょうか。
それとも「脳幹部」あるいは「小脳」なのでしょうか。
=>##3

##3
「脳腫瘍:brain tumo(u)r」は「脳表:のうひょう」にあるのでしょうか。
「脳深部」=「「脳内皮質(白質=神経線維)」にあるのでしょうか。
=>##4

##4
そして
「たまたま脳腫瘍(良性)が見つかりました。」の「脳腫瘍:brain tumo(u)r」
「大きさ」と「形状」ですが。
丸いのでしょうか。実測の直径は何cmの「大きさ」なのでしょうか。

##5
##1−##4はすべからく
「御受け持ちの先生」より「御家族」に説明されているはずです。

##6
「御受け持ちの先生」が
「脳腫瘍(良性)」と「脳MRI」で「御判断」されたのは
どのような点或いは「画像の特徴」からなのでしょうか。

##7
そして
「御受け持ちの先生」は「脳神経外科専門医先生」に間違いありませんか。
「神経内科専門医先生」ではありませんか。
「脳神経外科専門医先生」に間違いありませんか。






#3
##1
「脳MRI」で「脳腫瘍:brain tumo(u)r」が発見された場合
いかなる場合もそれが「良性脳腫瘍」か「悪性脳腫瘍」
など「画像診断」で「確定診断」できるものではありません。

##2
「100%確実」とはいえないが「悪性脳腫瘍ではない可能性」のほう
が「高い」というくらいしか
このような場合に「中枢神経系専門医」は患者さんにはいえません。
=>##3

##3
これは画像診断」であり「臨床診断」ではありません。
「脳腫瘍:brain tumo(u)r」の「臨床診断」の確定は
「開頭手術腫瘍摘出」にて得られた「脳腫瘍:brain tumo(u)r」の
「神経病理組織学的診断専門医」による「病理組織検査診断」
にて「確定」されるものだからです。

##4
術前「良性脳腫瘍」とおもわれても手術をしたら
「悪性脳腫瘍」であった事例などは今現在こそ少なくなりましたが
非常に多いものです。

##5
「相談は息子(17歳)のことなのですが
5月に頭痛で訪れた病院でたまたま脳腫瘍(良性)が見つかりました。

頭痛の原因は偏頭痛で腫瘍は関係ないとの事
無症状ですが12月の定期検査で少し大きくなっているとの事でした。
手足の神経の側に出来ているとの事で手術のリスクの方があるので
また3月に検査し決めるとの事でした。

リスクの話ばかりで親子で不安だけが生まれ
息子は無症状なのでもう病院には行かないと言い出しました。
偏頭痛で病院に行かなければ分からなかったのなら
分からなかった事にすると言っています。」
との事ですが。


##6
「5月に頭痛で訪れた病院でたまたま脳腫瘍(良性)が見つかりました。」
とスラと「良性脳腫瘍」といえることが不思議でなりません。
=>#4






#4
##1
「髄膜腫:meningioma:メニンジオーマ」という「脳腫瘍:brain tumo(u)r」
の場合は
「脳MRI」+「造影脳MRI」或いは「脳CT」+「造影脳CT」
にてある程度「中枢神経系専門医」は「画像診断」にて「確診」は持ちますが。

##2
それをそのまま「御家族」に伝えるという事例も少ない。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「5月に頭痛で訪れた病院でたまたま脳腫瘍(良性)が見つかりました。

頭痛の原因は偏頭痛で腫瘍は関係ないとの事
無症状ですが12月の定期検査で少し大きくなっているとの事でした。
手足の神経の側に出来ているとの事で手術のリスクの方があるので
また3月に検査し決めるとの事でした。」
からは。
=>##4

##4
もう「3度目」の「脳MRI」で「方針を決められる」おつもり
でいるとも「思われます」。

##5
これが「御受け持ちの先生」が##1の
「「画像診断」にて「確診」は持ちますが。」と相同の「御受け持ちの先生」なりの
「御相談者」の「御子息様」への
「御受け持ちの先生」の「治療戦略」或いは御方針の確立される
「時期」=「タイミング」とも考えられます。

##6
「また3月に検査し決めるとの事でした。」
のそれから今現在の「脳MRI」でみつかった「御子息様」の
「脳腫瘍:brain tumo(u)r」を「とうするか」
具体的にきめられていくものとおもいます。










#5
##1
「リスクの話ばかりで親子で不安だけが生まれ
息子は無症状なのでもう病院には行かないと言い出しました。
偏頭痛で病院に行かなければ分からなかったのなら
分からなかった事にすると言っています。

検査ばかりで何か安心できる一言もなく先生に不振を感じているようです。
正直私も先生にたいしては少し不信は感じています。

簡単な事はいえないのだろうとは思いますが
日々不安で仕方ありません。



よかったら良きアドバイスをお願いします。」
との事です。

##2
「「リスクの話ばかりで親子で不安だけが生まれ
息子は無症状なのでもう病院には行かないと言い出しました。
偏頭痛で病院に行かなければ分からなかったのなら
分からなかった事にすると言っています。

検査ばかりで何か安心できる一言もなく先生に不振を感じているようです。
正直私も先生にたいしては少し不信は感じています。

簡単な事はいえないのだろうとは思いますが
日々不安で仕方ありません。」
との事です。

##3
今現在発生している問題は、
「脳腫瘍:brain tumo(u)r」が本当に「脳腫瘍:brain tumo(u)r」
ならば
「開頭手術腫瘍摘出」を「行わなければならない」という
現実問題です。
そしてそれを行うのは今年中か・来年か・3年後か・8年後なの
か・という「開頭手術腫瘍摘出」の「時期」=「タイミング」の
「御判断」を「御受け持ちの先生」がしなければならないとういう
現実問題です。

=>#6








#6
##1
この「開頭手術腫瘍摘出」は。
=>
「御受け持ちの先生」が「脳MRI」より「画像診断」
で認識されていることがすべからく「正しい」と仮定させていただくと。
今現在一刻を争うものではないはずです。

##2
けれども
「「御受け持ちの先生」は「脳神経外科専門医先生」ですね」
と伺いmしたように。

##3
偶発的に発見された「脳腫瘍:brain tumo(u)r」の「全身麻酔」+「開頭手術腫瘍摘出」
を「いつおこなうか」という
「中枢神経系専門医先生」としての
「かけひき」が
「脳神経外科専門医先生」らしくはない・
気が致します。


##4
具体的には。
###1
「まだ小さいうちに摘出すれば」「麻酔科専門医先生」の時間
も少ないし「開頭手術腫瘍摘出」の所要時間も少なくてすむ。

###2
「待機的にずっと「開頭手術腫瘍摘出」をあとにもっていけば」
「脳腫瘍:brain tumo(u)r」は「大きくなり」
「麻酔科専門医先生」の時間も
長くなり「開頭手術腫瘍摘出」の所要時間も長くなる

###1・###2の「てんびん」です。

##5
「手足の神経の側に出来ているとの事で手術のリスクの方があるので」
とのことですが所詮。
「リスク」のない「開頭手術腫瘍摘出」などありえません。

##6
また
御相談者の御相談内容要旨御記載の「御受け持ちの先生」からは
「「中枢神経系」である「脳」の「運動領」近傍あるいは「そこに」
「脳腫瘍:brain tumo(u)r」ができているようですが。
「良性病態」の「脳腫瘍:brain tumo(u)r」であれば
「脳神経外科専門医先生」はこれらを回避しても「開頭手術腫瘍摘出」
を成功させる「テクニック」は「ないとこまります」。







#7
##1
この「開頭手術腫瘍摘出」は。
=>
「御受け持ちの先生」が「脳MRI」より「画像診断」
で認識されていることがすべからく「正しい」と仮定させていただくと。
今現在一刻を争うものではないはずです。


##2
「御受け持ちの先生」が手術に飢えていて「すぐきりたがる」先生
でないことはよくわかります。

##3
これは私の考えです。だから間違えているかもしれません。
私であれば
「半年1回数」の「脳MRI」よりも「脳CTのダブルスキャン」
(造影なし・と・造影あり)
で。
「8年」はまって。
「8年目」に「あらためて「開頭手術腫瘍摘出」をするか否か」
の「時期」=「タイミング」を考えます。

##4
その間に
「「脳血管撮影:cerebral angiography」も含め
精密検査入院をして「いつでも「開頭手術腫瘍摘出」「可能」」な
情報を入手させていただきます。












#8結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
具体的には。
###1
「まだ小さいうちに摘出すれば」「麻酔科専門医先生」の時間
も少ないし「開頭手術腫瘍摘出」の所要時間も少なくてすむ。

###2
「待機的にずっと「開頭手術腫瘍摘出」をあとにもっていけば」
「脳腫瘍:brain tumo(u)r」は「大きくなり」
「麻酔科専門医先生」の時間も
長くなり「開頭手術腫瘍摘出」の所要時間も長くなる

###1・###2の「てんびん」です。


##3
あとは「社会的」に「御子息様」が「治療戦略」に時間を
「かけうる「時期」=「タイミング」」というものもある。

##4
##2の「てんびん」の「傾き具合」が「御家族」に
伝わらないために
「御家族」全員の御不安を発生させています。

##5
なお今現在の「画像診断」の所見はコピー
させていただいて「そのつどおうちのかた」が御持ちに
なられていたほうが便利であるように思えます。

##6
「ふってわいたさいなん」で
「御受け持ちの先生」も一生懸命でいらっしゃることがよくわかります。

##7
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。








Sent: Sunday, January 23, 2011 15:40 PM
相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00256061 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)