あなたは 00256054 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
1件検索されました。
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
     
【113】 題名:反復する扁桃腺炎で内科先生から扁桃腺をとれといわれます
相談者:匿名希望 年齢:0 性別:男性 地域:北海道 2009/12/02 (水)21:43:05
山本クリニック 様

はじめまして。


年に4回ほど扁桃腺が腫れ、高熱と風邪の諸症状が出ておりま
す。
内科で診察を受けるたびに、扁桃腺の切除を考えてみた方が良
いと言われます。
扁桃腺が普通の人よりも大きいらしく、腫れやすいだけでなく
イビキも大きいと
家族に言われます。時々、苦しそうなイビキをしている時があ
るそうです。

従来からの扁桃腺摘出術は10日の入院が必要で大変だと聞い
ております。
貴クリニックでは扁桃腺のラジオ波凝固(日帰り手術)は行っ
ていますでしょうか?
またその場合の費用も教えて下さい。

宜しくお願い致します。





Wednesday, December 02, 2009 1:56 PM
     
ログ番号113です。
この記事のURLは下記になります。

http://www.clinicayamamoto.com/list_single_N.php?s_no=113  

御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
1・年齢 2・性別の御記載が無く御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。



まず
結論として先に「御回答要旨」を「御記載」到します。
俗にいう扁桃腺炎という「病態」は存在せず
「扁桃炎:へんとうえん:tonsilitis:トンシリティス・トンシライティス」
であること。
「扁桃:tonnsilla:トンシラ」とはいかなるものであるか
を「御回答要旨」の後に「御記載」到します。

------------------------------
「貴クリニックでは扁桃腺のラジオ波凝固(日帰り手術)は行っ
ていますでしょうか?」
との事ですが
「口蓋(こうがい)扁桃摘出術:tonsilectomy」のかわりに
「サージトロン(「ラジオ波メス」)装置」にて
「口蓋(こうがい)扁桃」を「焼却」することは決して不可能なことでは
ありません。

けれども
「口蓋(こうがい)扁桃摘出術:tonsilectomy」の意義は

「気道閉塞」をおこして「生命に関る危険=リスク」にかかわる状況
にて「心肺停止の「御既往」」があり
「救急車騒ぎ」をおこされた「御既往」があり
「心肺蘇生法(しんぱいそせいほう、CardioPulmonary Resuscitation; CPR」
もうけられた「御既往」があるような。

「ワルダイエルの咽頭輪(Waldeyer's tonsillar ring)」
の一部である「口蓋(こうがい)扁桃」が肥大して
生命の「生命に関る危険=リスク」を医師が判断した場合
に行うものです。




「貴クリニックでは扁桃腺のラジオ波凝固(日帰り手術)は行っ
ていますでしょうか?」
との事ですが
「そのような施術」はおこなっておりません。
「御相談者」の御期待にはそえず申し訳ないことと存じます。

けれどもwebサイトで
「扁桃腺炎の日帰り治療」などという「御記載」があっても
きわめて慎重になられてくださいますように。
------------------------------

上記
結論として先に「御回答要旨」を「御記載」到しました。
俗にいう扁桃腺炎という「病態」は存在しないのです。
「扁桃炎:へんとうえん:
tonsilitis:トンシリティス・トンシライティス」
であることを御銘記下さい。。
そして
「扁桃:tonnsilla:トンシラ」とはいかなるものであるか
を「御回答要旨」の後に「御記載」到します。
下記に順を追って御回答致します。









まず「反復性上気道感染」からの「部分」「症状・症候」
としての
扁桃の炎症である「病態概念」の「名称」として
扁桃腺炎・扁桃腺炎とよくいわれますが。

正確には
「扁桃炎:へんとうえん:tonsillitis:トンシリティス・トンシライティス」
が正しいです。

のどの奥にある「扁桃:tonnsilla:トンシラ」は「腺」ではありません。 
リンパ組織を主体とする器官ですが「扁桃」はリンパ節ではまったくありません。

医師が患者さんに「お話をするとき」には
「扁桃腺炎」ともわかりやすくいうことがまれにありますが。

けれども。
医師は「扁桃炎:へんとうえん:tonsilitis:トンシリティス・トンシライティス」
という「臨床医学」用語で学びそして医師同士が話しを到します。
だから「扁桃腺炎」という「用語」には強い違和感を持ちます。




ちなみに。
「盲腸」は大腸の「部位」としては「虫垂」とは異なります。
俗にいう「盲腸炎」は正確には
「虫垂炎:appendicitis:アッペンディサイティス」であり
「現実的にはまれな「病態」」です。

患者さんにも「しっかりとした先生」は
「扁桃炎:tonsillitis:トンシリティス・トンシライティス」という
「臨床診断」用語を用いるはずです。




普通に扁桃というのは「口蓋(こうがい)扁桃」のことです。 
のどのつきあたりの両側にある「アーモンド(中国語で扁桃)」のような器官です。
この他にも扁桃があります。 
舌根扁桃・咽頭扁桃(アデノイド)・
耳管扁桃・咽頭側索(いんとうそくさく)などすべて扁桃なのです。 


これらはのどの周りにあります。
そして「細胞性免疫能」の
「免疫監視機構:めんえきかんしきこう:Immunologic Surveillance 」
の役割をもって。
「のど」=「上気道:じょうきどう」を防御する形に輪状になっています。

これらに口蓋扁桃も入れて
「ワルダイエルの咽頭輪(Waldeyer's tonsillar ring)」
と呼ばれています。 










「 年に4回ほど扁桃腺が腫れ、高熱と風邪の諸症状が出ておりま
す。
内科で診察を受けるたびに、扁桃腺の切除を考えてみた方が良
いと言われます。」
との事ですが。

「扁桃炎:へんとうえん:tonsillitis:トンシリティス・トンシライティス」を
起こしている
「口蓋(こうがい)扁桃」に炎症があれば。
口蓋扁桃も入れて
「ワルダイエルの咽頭輪(Waldeyer's tonsillar ring)」に
「すべからく炎症機転」がはたらいているとみてよいでしょう。

具体的には上記
舌根扁桃・咽頭扁桃(アデノイド)・
耳管扁桃・咽頭側索(いんとうそくさく)などすべて扁桃の炎症です。

だから
「口蓋(こうがい)扁桃」=「俗にいう扁桃腺」を摘出されても
「のど」=「上気道:じょうきどう」の
「反復性上気道感染」が「停止」あるいは
「反復性上気道感染」の頻度が低下することは「ありえないはず」です。



「 年に4回ほど扁桃腺が腫れ、高熱と風邪の諸症状が出ておりま
す。
内科で診察を受けるたびに、扁桃腺の切除を考えてみた方が良
いと言われます。」

「、高熱と風邪の諸症状が出ておりま
す。内科で診察を受ける」頻度はかわりません。


「御受け持ちの先生」も一生懸命でいらっしゃることがよくわかります。
けれども
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「内科で診察を受けるたびに、扁桃腺の切除を考えてみた方が
良いと言われます。」は。

よしんば「口蓋(こうがい)扁桃」摘出をおこなったとしても。


間違いなく「御相談者」は
今現在と「同じ頻度」で「内科専門医先生」を「御受診」されることと
考えます。








「口蓋(こうがい)扁桃」の摘出の適応は
「口蓋(こうがい)扁桃」がはれて
「扁桃炎:へんとうえん:tonsillitis:トンシリティス・トンシライティス」の
「症状・症候」はともかく
「気道閉塞」をおこして「生命に関る危険=リスク」にかかわる
状況であると判断された場合です。

これは「扁桃炎:へんとうえん:tonsillitis:トンシリティス・トンシライティス」
を治すことが目的ではありません。
「窒息死」の「生命に関る危険=リスク」から患者さんを「救うため」に
施行いたします。




「従来からの扁桃腺摘出術は10日の入院が必要で大変だと聞い
ております。」
との事ですが。
「口蓋(こうがい)扁桃摘出術」という手術はあっても
「扁桃腺摘出術」という施術はありません。

俗にいう扁桃腺炎の扁桃は「口蓋(こうがい)扁桃」のことであることを
上記御説明到しました。

「口蓋(こうがい)扁桃摘出術:tonsillectomy」は安易な手術では
ありません。


「貴クリニックでは扁桃腺のラジオ波凝固(日帰り手術)は行っ
ていますでしょうか?」
との事ですが。

「口蓋(こうがい)扁桃摘出術:tonsilectomy」のかわりに
「サージトロン(「ラジオ波メス」)装置」にて
「口蓋(こうがい)扁桃」を「焼却」することは決して不可能なことでは
ありません。





けれども
「口蓋(こうがい)扁桃摘出術:tonsilectomy」の意義は。



「気道閉塞」をおこして「生命に関る危険=リスク」にかかわる状況
にて「心肺停止の「御既往」」があり
「救急車騒ぎ」をおこされた「御既往」があり
「心肺蘇生法(しんぱいそせいほう、CardioPulmonary Resuscitation; CPR」
もうけられた「御既往」があるような。

「ワルダイエルの咽頭輪(Waldeyer's tonsillar ring)」
の一部である「口蓋(こうがい)扁桃」が肥大して
生命の「生命に関る危険=リスク」を医師が判断した場合
に行うものです。




「貴クリニックでは扁桃腺のラジオ波凝固(日帰り手術)は行っ
ていますでしょうか?」
との事ですが
「そのような施術」はおこなっておりません。
「御相談者」の御期待にはそえず申し訳ないことと存じます。

けれどもwebサイトで
「扁桃腺炎の日帰り治療」などという「御記載」があっても
きわめて慎重になられてくださいますように。
これだけは御願い致します。



このような御回答しかできません。申し訳ございません。
この御回答が何がしかのお役に立てば何よりで御座います。













この記事のURLは下記になります。

http://www.clinicayamamoto.com/list_single_N.php?s_no=113  
相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00256054 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)