あなたは 00165092 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
1件検索されました。
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
【96】 題名:顔にイボ?シミ? があります。これらと皮膚癌との、関連は?
相談者:匿名希望 年齢:54 性別:女性 地域:大阪府 2012/09/02 (日)15:39:52
54歳女。大阪在住。

山本クリニック世田谷の、山本先生。
初めまして。


顔にイボ?シミ? があります。
これらと皮膚癌との、関連を御教示いただけますか。


お忙しいところを、大変申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。
 
この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=96
 です。




これはさぞかし御心配であろうと存じます。


++++++++++++++++++++++

御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
非常に「的を射られた」「御相談」です。

「顔にイボ?シミ?」を、
「脂漏性角化症」なのか、「日光角化症」なのか?
という課題に、置き換えさせていただきます。
実は、

 顔や首にできたイボやシミが「脂漏性角化症」か、「日光角化症」かは、
皮膚科医でもわからないことが多いものなのです。
病理組織検査診断でないと診断がつきません。

「日光角化症」の場合、むずかしいことになります。


油断は禁物です。
「紫外線などによってできる日光角化症が有棘細胞癌という「皮膚癌」
になることがあります。

このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。



だから、
=>
「しみ・あざ・ほくろ」などのレーザー治療を、
おこなうからには、
「脂漏性角化症」か、「日光角化症」
の知識を、「いっかりともたれたレーザーの先生」に、お願いするのが
とても重要なことになるのです。



下記に順を追って御回答致します。

++++++++++++++++++++++







#!
##1

「54歳女。大阪在住。

山本クリニック世田谷の、山本先生。
初めまして。


顔にイボ?シミ? があります。
これらと皮膚癌との、関連を御教示いただけますか。


お忙しいところを、大変申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。」
との事です。





#2

 「御相談者」には、顔や首などに、茶色や褐色や黒っぽい色のイボのような、
シミのようなものができていないでしょうか?

 それはたいていの場合
、「脂漏性角化症」。別名“老人性イボ”と呼ばれるもので、
40代くらいからポツポツでき始める。肌の老化現象といわれています。
50〜60台には、「御顔」に多発的に、茶色のシミがでてきうるかたもいます。




#3
 ところが、“ワタシも年取った。みっともない”
なんて「見た目」だけを気にしていたら、大ごとになるかもしれません。

皮膚がんの前駆物質(皮膚がんになる前の段階の物質)が
混じっている可能性があるのですね。




#4

「脂漏性角化症は、長年蓄積された紫外線などのダメージによってできるものです。
けれども、同じ原因でできるものに「日光角化症」があります。


「日光角化症」は、
見た目は「脂漏性角化症」と非常に似ています。

でも、「脂漏性角化症」は放っておいても全く問題ないのですが。
「日光角化症」は、皮膚がんのひとつ、有棘(ゆうきょく)細胞がんになる
リスクがあるので注意しなければなりません。



#5
 有棘細胞がんは、
皮膚がんの中では基底細胞がんに次いで2番目に多い「悪性腫瘍」です。
ちなみに、よく知られるメラノーマは3番目に多い皮膚癌となります。

 有棘細胞がんは、メラノーマに比べると、
その悪性度は高くなく、進行もがんの中ではゆっくりです。
けれども、リンパ節やほかの臓器へ転移すると、対処が困難になります。





#6
「そこまでいかなくても、
顔など紫外線の当たる“目立つ場所”にできるので、
癌の切除手術を受けた後に。

=>
その部分がひきつれたり、
変形したりする。別のところから皮膚を移植しても、
顔などが「パッチワーク状」になって、しまいます。
=>
患者さんに苦痛を強いることがあります。
=>#7






#7」
だから有棘細胞がんの治療で重要なことは、
「日光角化症」の段階で見つけることなのですね。

=>

「日光角化症から有棘細胞がんになってしまう前に、
治療方針を立てて、対策を講じること」といえましょう。






#8

 顔や首にできたイボやシミが「脂漏性角化症」か、「日光角化症」かは、
「皮膚科専門医」先生でも、
わからないことが多いものなのです。

=>

「気になるなら、レーザーで焼ききる方法があります」と
“美容外科的な治療”を勧められたり、
湿疹と間違えられて塗り薬を処方されることもあります。


=>

「しみ・あざ・ほくろ」などのレーザー治療を、
おこなうからには、
「脂漏性角化症」か、「日光角化症」
の知識を、「いっかりともたれたレーザーの先生」に、お願いするのが
とても重要なことになるのです。




=>#9






#9
 そこで、チェックすべきは、次の5点に注目ください。
そして、これらすべてに該当するときは、
皮膚がんに詳しい医師を受診すべきです。

チェックすべきは、次の5点とは、次のようなものです。
------------------------------------------------------------
(1)いびつな形のイボやシミ

(2)1センチ前後の大きさ

(3)赤〜茶色(白人は湿疹のように赤っぽい色になるが、
日本人は赤いだけでなく薄茶色、褐色に見えることも多い)

(4)黄色っぽいカサブタがよくできて、取れるたびに血が出る

(5)塗り薬=外用薬を処方され、塗ってもよくならない

------------------------------------------------------------




#10
日光角化症から有棘細胞がんになるのは、
だいたい3〜4人に1人くらいの割合でなのす。

有棘細胞がんになる日光角化症かそうでないかは、
見た目ではわかりません。

病理組織検査診断で検査しなければ、わかりません。

=>


だから、日光角化症だと判明したら、
まず、紫外線対策を十分にしてもらいながら、厳重な経過観察を始めることになります。










#11結論:
##1
「顔にイボ?シミ? があります。
これらと皮膚癌との、関連を御教示いただけますか。」
=>

上記御解答致しました。



##2
「人は見た目が9割」という本が以前はやったことがあります。


これすなわち、
「見た目」にかかわる病気、は、
早めに発見し対処すべきことが多いということでしょう。
.









上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にお大事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにお幸せにされてくださいませ。




山本クリニック 世田谷美容外科
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html/
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
















この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=96
 です。
 
相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00165092 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)