あなたは 00157490 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
1件検索されました。
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
【76】 題名:加齢臭で悩んでいます。下着や衣服は全てクリーニングしています
相談者:はしこ 年齢:44 性別:女性 地域:福岡県 2011/06/08 (水)21:57:02
44歳主婦です。

夫は会社員。子供は19歳、12歳女の子です。

ピアノ教室を開いています。
既往歴に特別な病気はありません。


自分の加齢臭が強く悩んでいます。

下着は洗濯していましたが衣服も含めてクリーニング
にだしているほどです。

家族はみな「何もにおわない」といいますが・・。
悩んでいます。

加齢臭を抑える一番の身近な方法はありますか。
また、レーザー・レーザー治療で加齢臭をおさえる
方法はありますか?

お忙しいところを申し訳ございません。
お時間のあるときで結構ですので教示いただけます
でしょうか。

 

この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=76
 です。


これはさぞかし御心配であろうと存じます。

けれども御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「加齢臭」という「用語」を一度忘れて頂く必要が
御座います。

「加齢臭」という用語は日本国内で通用する用語
です。
「「フイクション」の臭い」であり「架空の臭い」であるから
どのような臭気といわれてもも例えようもありません。

もしも「欧米」で「加齢臭」などといったらば
御年配のかたを差別する用語として「大変なことになるでしょう」。





「加齢臭」とは化粧品メーカー大手「S]の研究室で
うまれた「臭気」です。
(「L]も便乗しています)
そして
この「臭気」の原因となるさまざまな「有機酸」あるいは
「有機物」があげられていますが。

ここでは「省略」致します。
意味がないからです。


「この「臭気」の原因となるさまざまな「有機酸」あるいは
「有機物」があげられていますが。
ここでは「省略」致します。」

「「この「臭気」の原因となるさまざまな「有機酸」あるいは
「有機物」」の「臭気」は。

極めて判りやすく言えば
「クリーニング」されてきたお洋服の「臭気」そのもの
なのですね。

通常の「ドライクリーニング」のさいには、
上記の「加齢臭」とは化粧品メーカー大手「S]の研究室で
うまれた「加齢臭」の「臭気」の「原因物質」がことごとく「発生」し
含まれています。


化粧品メーカーの「新しいコマーシャルカテゴリー」
として「対象事象」になったものは
「御肌」でなく「臭気」であったわけですね。




下着は洗濯していましたが衣服も含めてクリーニング
にだしているほどです。

家族はみな「何もにおわない」といいますが・・。
悩んでいます。

加齢臭を抑える一番の身近な方法はありますか。」
との事です。

「加齢臭を抑える一番の身近な方法はありますか。」
=>
御自宅で洗濯をされて、クリーニングにだされるものは
「御婦人」の衣服では通常限られるでしょう。
まずは。そのようにされていただけますか。


「嗅覚障害」という「範疇(カテゴリー)」の「病態」
があります。
------------------------------
1・嗅覚低下・消失:97%
2・嗅覚過敏   :3%
------------------------------

嗅覚過敏に関しては
1・「反復性上気道感染」
2・「精神科専門医先生」の「病態」
3・側頭葉てんかん
4・その他

にわけられます。
そして極めて重要なことは
「嗅覚障害」は「味覚障害」を必ず伴うということです。



御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「2・「精神科専門医先生」の「病態」
3・側頭葉てんかん
4・その他」
ではありえないように思われます。


「1・「反復性上気道感染」」であれば
「副鼻腔炎:ふくびくうえん」
(「副鼻腔炎:ふくびくうえん」は昔「蓄膿症:ちくのうしょう」と呼称されていた「病態」です。)
などの場合にレーザー・レーザー治療・レーザー外科
が奏効するでしょう。








結論としては


「加齢臭」という用語は日本国内で通用する用語
です。
「「フイクション」の臭い」であり「架空の臭い」であるから
どのような臭気といわれてもも例えようもありませんから
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「加齢臭」という「用語」を一度忘れて頂く必要が
御座います。
また
嗅覚過敏は必ず「味覚障害」として
「味覚過敏」をともなうことを御銘記下さい。


























この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=76
 です。


 
相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00157490 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)