あなたは 00157490 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
1件検索されました。
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
【19】 題名:耳の裏の腫れ
相談者:匿名希望 年齢:27 性別:女性 地域:東京都 2005/06/26 (日)00:22:46
10年前に初めて病院でピアスホールを開けて、2年くらいは
していたのですが、ピアスをはずしてもかゆかったりして
耳たぶの裏が腫れてしまいました。

病院にも行かずピアス穴も当然ふさがりもう何年も放置したままです。
恥ずかしながらただの無知でピアスをしなければ腫れはひくと
思っていたもので、このページを見て今ごろになってご相談致します。

直径1センチ程のふくらみで薄皮か伸びている感じです。
今でもごくたまにですが汗をかいたりするとかゆくなります。
かなり放置してしまいましたがこのような傷は今でも治せるも
のなのでしょうか?

その場合どのような治療(病院)、期間、が必要なのかご回答
お願い致します。
 
ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。
けれどもこれは困りましたね。


+++++++++++++++++++++++++++++
「地球温暖化による大気温度差の拡大」により「湿度」が高い日が続く
ようになり「ピアストラブル」は「早期ピアストラブル」も
「遅発性ピアストラブル」も大変多いものです。
「フアーストピアシング」はしっかりとした
「ピアス専門医(この名称の専門医はいません)」の先生にあけて
頂くことは必須です。

「フアーストピアシング」の際もコストは高くなりますが
「純チタン製」の「フアーストピアシング」をされる事を
お勧め致します。
1・因みに「純チタン製」とは「キャッチ」「スタッド=軸」「ヘッド」
の全ての「ピアスイアリング」の構造物が「純チタン」で
作られているものを呼称いたします。

2・「チタン製」=「ステンレスにチタンメッキ」のものを
「チタン製」と呼称いたしますから「間違われないで下さい」。
なかには「ピアス専門医(この名称の専門医はいません)」
でも知らない先生もいらっしゃいます。
+++++++++++++++++++++++++++++



御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な
「遅発性ピアストラブル」であり御記載頂いた内容からは
「遅発性ピアストラブル」の「粉瘤(ふんりゅう)=アテローマ」
或は「肥厚性瘢痕」などの「ケロイド状態」
の可能性が最も高いと今の私は考えます。

その他の「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」の可能性もなくはないですが。

「粉瘤(ふんりゅう)=アテローマ」が「遅発性ピアストラブル」
と考えます。
或は「肥厚性瘢痕」などの「ケロイド状態」の可能性もないわけでは
ありません。

「直径1センチ程のふくらみで薄皮か伸びている感じです。
今でもごくたまにですが汗をかいたりするとかゆくなります。」
との事です。
随分と大きくされてしまいましたね。

「フアーストピアシング」のあとの「ピアストラブル」には
1・「早期ピアストラブル」
2・「遅発性ピアストラブル」が御座います。

「遅発性ピアストラブル」として「耳たぶ」の付け根付近に「しこり」
が発生するのは「粉瘤(ふんりゅう)=アテローマ」です。
御相談者の御相談内容要旨御記載からは「直径1cm」の「しこり」
のできている「部位」が必ずしも明確には御記載されておりません。

いずれにしても
この「遅発性ピアストラブル」の「しこり」の「治療戦略」は厄介です。
「形成外科専門医先生」による「形成外科」手術が必用です。
入院手術が「摘出手術」に必用な可能性が80%以上御座います。
また「形成外科」手術後は「ガーゼドレッシング」が必用となり
洗髪・洗顔も場合により「制約」されすから「入院手術」が望ましい事に
なります。

「治療戦略」により「治療期間」は異なり当然ながら「病態」により
「治療期間」はことなりますから「治療期間」までは何とも判断できません。


「地球温暖化による大気温度差の拡大」により「湿度」が高い日が続く
ようになり「ピアストラブル」は「早期ピアストラブル」も
「遅発性ピアストラブル」も大変多いものです。


「直径1センチ程のふくらみで薄皮か伸びている感じです。
今でもごくたまにですが汗をかいたりするとかゆくなります。
かなり放置してしまいましたがこのような傷は今でも治せるも
のなのでしょうか?」との事です。
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
大学病院の「形成外科外来」の「形成外科専門医先生」を
「御受診」されることをお勧めいたします。

一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


ps
「ピアストラブル」或は「フアーストピアシング」
については
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

の「過去の御相談と御回答」
を御参照下さい。

「ピアス穴の変色について [2] [2005年 2月24日 16時52分47秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/855338998911069.html
「ピアス [2] [2004年 7月 8日 11時26分33秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/365122194941254.html
「ピアス [2] [2004年 2月23日 6時39分56秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/69852977136998.html
「ピアスの穴 [2] [2003年 9月 8日 17時17分38秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/795641083343984.html

上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
2006/06/26 (日) 09:34:51


 
相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00157490 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)