あなたは 00157490 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
1件検索されました。
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
【119】 題名:QスイッチNd-YAGレーザーの名医の山本クリニック 世田谷
相談者:匿名希望 年齢:28 性別:女性 地域:兵庫県 2013/12/12 (木)14:52:25
QスイッチNd-YAGレーザーについて教えてください。
 
この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=119
 です。






「QスイッチNd-YAGレーザーについて教えてください。」
との事です。

Nd:YAGレーザー(ねおじむやぐれーざー)、
はYAGの結晶を製造する過程でイットリウムを数%のネオジム(元素記号Nd)で
ドープ(添加)した結晶を用いるYAGレーザーのことです。
研究開発、産業用、医療用レーザーとして最も多く用いられています。

最初のNd:YAGレーザーの運用は、Geusicらによって1964年にベル研究所で行われ
ました。

中心周波数はλ=1064nm、

波長に関しては
その他第一高調波=1064nm(ナノメーター)第二高調波=532nm(ナノメーター)、
第三高調波1064/3=354.7nm(ナノメーター)の波長で発振致します。

この「3つ」の波長のいずれもが重要な、レーザー治療の波長
であるという価値の高い「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」
です。



ここで「レーザー光照射」の一般論につき
お話致します。

++++++++++++++++++++++


「レーザー:LASER」とは
英語の
「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」
(光放射の強制誘導放出(放出とは一点に絞り込んだ放射の意味)
による光の増幅)
の頭文字をとったものです。
・・・などと 
本当に「何かの一つ覚え」のように「記載」
されています。



「レーザー:LASER」という語彙は「3つに」分解されます。
「LA」=「Light Amplification」=「光の増幅」+
「SE」=「by Stimulated Emission 」=「誘導放出による」+
「R」 =「of Radiation」」=「自然放出の」
です。


「レーザー:LASER」という語彙は
「3つに」分解されるのです。
この語源は「アルバート・アインシュタイン*」の
1917年の「光量子仮説」の論文では。

=>


-------------------------------
極めて判りやすくいえば
「「光」」には
「R」 =「of Radiation」」=「自然放出の」
の自然光がある。
けれども「光」の粒=「光子:photon:フオトン」を
すべからく「「波長;ラムダ:λ」をそろえれば」=
「コヒーレント(co-herent」=「一貫性を持つ」
その「光」は
「SE」=「by Stimulated Emission 」=「誘導放出による」
という人工的な「光」になるはずである。
これにより
「強い光」への
「LA」=「Light Amplification」=「光の増幅」
が可能である。
-------------------------------
です。






1・「LA」=「Light Amplification」+
2・「SE」=「by Stimulated Emission 」+
3・「R」 =「of Radiation」」



です。

1・「光の増幅」=「LA]
2・「誘導放出」=「SE]
3・「自然放出」=「R」
となります(後述)。



これらの
「レーザー:LASER」の語彙。
1・「LA」=「Light Amplification」
2・「SE」=「by Stimulated Emission 」
3・「R」 =「of Radiation」」
とはなんだろう?。
うがったことをお話しするようだが。

=>

現実の「レーザー光照射」の際に。
「お受けもちの先生」に質問或は聞かれてみれば。

「レーザー:LASER」というものを。
「お受けもちの先生」が
しっかりと教育されていらっしゃるかは。

=>

「伺えば」すぐに「判断」が
できるものです。




因みに
1973年ごろに
私の大学の同門のレーザーの先生が医局で講演を致しました。
その時の「質問」に。


「レーザー:LASER」とは
「英語の
「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」
(光放射の強制誘導放出(放出とは一点に絞り込んだ放射の意味)
による光の増幅)
の頭文字をとったものです」
に対して。


=>

「 Emission と Radiationは「どう違うのか」」という
質問がありました。
そのとき「不思議です」が

その先生は「解答できなかった」ことを記憶しています。

「SE」=「Stimulated Emission 」=誘導放出=自然界には存在しない光の動き」
「R」 =「oRadiation」」=放射=極く当たり前に自然界に存在する光の動き」
であり
「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」の

「 Stimulated Emission of Radiation」は

「Stimulated 」+「Emission 」of 「Radiation」
ではありません。






「レーザー:LASER」という語彙は
「3つに」分解されます。

1・「LA」=「Light Amplification」+
2・「SE」=「by Stimulated Emission 」+
3・「R」 =「of Radiation」」

「LA」は「光の増幅」であるからこれが可能であることを
予言したのは「アルバート・アインシュタイン*」(1917)
です。
-------------------------------
1・
「SE」は「誘導放出」ということ。この「光の「メカニズム」」を
発見したのは「アルバート・アインシュタイン*」(1917・1921ノーベル賞)
2・
「R」 は「*光の放出にも自然放出と誘導放出の二つの過程のなかの
     「自然放出」のこと。(1917・1921ノーベル賞)
-------------------------------


=>


こうすると「レーザー:LASER」の何から何までも
いずれも「アルバート・アインシュタイン*」が「存在を予言」
していたことがよくわかります







結局
「レーザー:LASER」の「歴史」は
1・
1917・1921に「アルバート・アインシュタイン*」
によりその「理論の尽く(ことごとく)」が存在が予言されていた。

2・
1954にタウンズ(Towns)が「光の変わりに」
「電磁波」で「メーザー(maser)」を完成させた。
「micro-wave-Amplification by Stimulated Emission of Radiation」=
「メーザー」という「ことば」は凄い事だが「タウンズ」が作った。


3・
1957年末に「Gould」とういう「大学院学生」が
「メ」を「レ」に置換えて(M=>L)
「レーザー:LASER」という「機器の名称特許」をとっていた。

4・
1960にメイマンによりルビーで(「ルビーレーザー:Ruby Laser」)が
「作成された」。
ということになるのです。

これが
「何かの一つ覚えのように言われる」
=>
「レーザー:LASER」とは
英語の
「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」
(光放射の強制誘導放出(放出とは一点に絞り込んだ放射の意味)
による光の増幅)
の頭文字をとったものです。 =>



「歴史」です。




「アルバート・アインシュタイン*」

アインシュタイン(Einstein)の光量子仮説が発表されました(1917)。
光量子仮説からは「光」の性質と共に。
光の放出にも自然放出と誘導放出の二つの過程があることが
明らかにされました*。

=>

この
<B>
「アルバート・アインシュタイン*」の
「誘導放出 」=「SE」=「Stimulated Emission 」
こそが。

「自然界には存在しない」「レーザー光ビーム」
なのです。


++++++++++++++++++++++
1921年にはノーベル物理学賞を受賞。
受賞理由は「光電効果の発見」によるものでした。

当時、
アインシュタインが構築した相対性理論#について
「ユダヤ的」であるとする批判があったようです。

ノーベル賞委員会は、
この批判を避けるために。

光電効果を受賞理由に挙げたと言われています。
++++++++++++++++++++++



(1921年「光電効果の発見」でノーベル賞:論文1917年)*
因みに
「アルバート・アインシュタイン*」は
「特殊相対性理論(1905年)」
「一般相対性理論:1905年の特殊相対性理論に続いて1915年〜1916年」
の「大理論」で「ノーベル賞受賞者」を「数個以上」は
貰えるはずです。

けれども
「20世紀最大の頭脳」とニューヨークタイムズ社
「man of the 20 C」評価された
「ノーベル賞受賞者」はレーザーの原理ともいうべき
「光電効果の発見」でした。

(日本講演での来日中の船上で受賞報告を
うけたため。「ノーベル賞受賞者」の授賞式に出席できぬ唯一の
「ノーベル賞受賞者」受賞者でもあります。)


++++++++++++++++++++++






<B>
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
-------------------------------
1・波長と
2・パルス幅

-------------------------------
によって決定されます。

</B>

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。

しばしば「レーザー光照射装置」の
「レーザー光ビーム」の「波長」に関して。

=>

よく「レーザー光ビーム」の
この波長は「黒」に反応するとか。
この波長は「赤」に反応するとかいわれますが。


ある意味ではこれは「勘違い」であり「間違い」です。
判りやすい「表現」ではあるけれども「間違い」です。
なぜかといえば
「レーザー光照射装置」によって「Qスイッチ」が付いていなければ
「レーザー光ビーム自体」=「極めて高いエネルギー:ハイパワー」
ですから。
「Qスイッチ」のついていない「パルスレーザー光照射装置」
は「波長;ラムダ:λ」特性よりも「「熱エネルギー」特性」
が「優位」にでるからです。






自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。




-------------------------------
「レーザー光ビーム」は距離の二乗に反比例するという
「RA]=「radiation」=「自然放出」の「光」の
「エネルギー」の減衰は致しません。

=>

理論的には「一本」の線状として無限のかなたまで
(宇宙空間であれば)「進み続けます」。

=>

このような「レーザー光ビーム」は
「物凄いハイパワー」であり。

=>
通常の「レーザー:LASER」の
「レーザー光ビーム」のみであれば。

=>

「Qスイッチ」がついていなければ
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」になり
「単純」なる「熱源」にならざるにすぎません。
-------------------------------


だから
「1ショット時間」の短いほど
具体的には
「Qスイッチ」がついていれば
「レーザー光ビーム」の「レーザー光照射装置」
の「色特性」がでることになります。

これにより。
=>

「ショット時間」=「パルス幅」が重要ということになります。





自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。




2・
パルス幅

パルス幅という用語は
「現実の臨床」の「レーザー光照射装置」
の場合。

=>

「Qスイッチレーザー」では用いられません。
このことは何卒に御銘記下さいませ。

「レーザー光照射装置」で「レーザー光ビーム」の
レーザー光を照射している「1ショット時間」の
時間のことをパルス幅といいます。


因みに
「パルス幅」のことを。
「写真を撮る場合のシャッタースピードのようなものです。」
と説明されることがあります。


=>

正確には「正しくありません」

=>
「Qスイッチ」は「ジャイアントパルス:giant pulse」
を「極少短時間」の「ショット時間」=「パルス幅」
で「レーザー光照射」する
「Qスイッチ」とはいわば「高速レーザー」の「エネルギースイッチ」のことです

=>

「「レーザー光照射」のパワー」の蓄積
があるか否かが
重要です・。


自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。

自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。



1−1・
「giant pulse;ジャイアント・パルス」の
「レーザー光ビーム」を
「1ショット時間」が「10億分の1秒」とは「光速度」でも
「光が30cmしか進めない時間」で。

=>

「レーザー光照射」の「1ショット」を行えるものは
「Qスイッチレーザー光照射装置」
=>
「「熱い」熱に化けない「レーザー光照射装置」」
です。








自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。


1−2・
「パワー」の「蓄積」なく
「msec:1/1000秒」で
「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は「パルスレーザー光照射装置」。
=>

「「熱い」熱に化けることが容易に理解できる「レーザー光照射装置」」
です。


パルス幅は、0.1秒=「パルスレーザー光照射装置」
とか一億分の1秒=「Qスイッチレーザー光照射装置」
というように、
その用途によって様々です。



パルス幅は、0.1秒=「パルスレーザー光照射装置」
のような「1ショット時間」=「パルス幅」が
「1/1000秒」=msec=ミリ・セコンド
の場合には。
「パルス幅」は「現実的な意味」をもちます。

現実的には
パルス幅とは。
「現実の臨床」の「レーザー光照射装置」
の場合。











自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。



「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
では無縁の「「変数」=「parameter:パラメター」」
です。


とりわけ
このパルス幅を10億分の1秒単位で制御できる
「Qスイッチ」が開発されています。
「Qスイッチレーザー光照射装置」による
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
はきわめて特殊です。
「超高速の「Qスイッチ」」は
「1ショット時間」が
「10億分の1秒」で「光速度」でも「光が30cmしか進めない時間」です。






自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。




確かに「レーザー光ビーム」の
「1ショット時間」=「パルス幅」ではあるけれども。
「超高速のQスイッチレーザー光照射装置」の「Qスイッチ」
がついている場合は
「1ショット時間」=「パルス幅」として
算術的に考えるのには無理があります。

だから
「Qスイッチ」の場合「1ショット時間」=「パルス幅」
は「Qスイッチ」の性能としては「用いても」。
しいて「Qスイッチ」の「1ショット時間」=「パルス幅」
とは論じません。







自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。



「超高速の「Qスイッチ」」は
「1ショット時間」が
「10億分の1秒」で「光速度」でも「光が30cmしか進めない時間」です。

「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」では
「レーザー光照射装置」の「レーザー光ビーム」は
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」という作用を
持ち熱には化けません。*
この「「熱い」熱に化けない「レーザー光照射装置」」
の「メカニズム」は極めて貴重なのです。



「レーザー光照射装置」として
「Qスイッチレーザー」
ではない「nonQレーザー」=
「パルスレーザー光照射装置」の
「レーザー光ビーム」は熱に化けます。

このような「nonQレーザー」として。
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」の
「パワーの出せない。
=>
「「熱い」熱に化けることが容易に理解できる「レーザー光照射装置」」
= 「パルスレーザー」」
の代表に。

「CO2(炭酸ガス)レーザー」があります。


一般に
「Qスイッチ」のついた「Qスイッチレーザー光照射装置」
は「「熱い」熱に化けない「レーザー光照射装置」」
です。
けれども「nonQレーザー:ノンキューレーザー」=
「Qスイッチ」のついていないない「レーザー光照射装置」
「パルスレーザー光照射装置」は
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」です。

「パルスレーザー光照射装置」=
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」でも
最も「有名な」。

「CO2(炭酸ガス)レーザー」などの
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」
は。

俗にいう
「レーザー・メス」「メス・レーザー」としてのみ
用いられます。
「「熱い」熱に化けることが容易に理解できる「レーザー光照射装置」」
であり「熱で切る」わけです。

「超高速の「Qスイッチ」」は
「1ショット時間」が
「10億分の1秒」で「光速度」でも「光が30cmしか進めない時間」です。

「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」では
「レーザー光照射装置」の「レーザー光ビーム」は
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」という作用を
持ち熱には化けません。*

=>

この「「熱い」熱に化けない「レーザー光照射装置」」
の「メカニズム」は極めて貴重なのです。

「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」
と呼称致します。

「photo−ablation:フオト・アブレーション」
(「ablation:フオト・アブレーション」であり
「アブユレージョン:aburasion:剥奪」ではありません)
=「光衝撃波(light shock wave:lsw)」
=「パッチング:patching:修復*」
「パッチウワーク」の「パッチング:patching:修復*」から来ています。
(パチパチ音がするからではありません)



「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」では
従来は治療が困難だった
広範囲の太田母斑などのレーザー治療が毎日*「レーザー光照射」」
でも可能になりました。

=>
但し。

「Qスイッチレーザー」でも
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」
の可能な「Qスイッチレーザー」が必要です。

=>



「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」
の場合は。


=>

-------------------------------
「1ショット時間」が「10億分の1秒」とは「光速度」でも
「光が30cmしか進めない時間」ですが。
=>
「10億分の1秒」単位で高エネルギーの「1ショット」を
毎秒10ショットする「高速レーザー」の「エネルギー・スイッチ」
である「Qスイッチ」の作動可能な「Qスイッチレーザー光照射装置」を。

「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」
と呼称致します。
-------------------------------


=>

赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から
「メイク」が可能です。

=>

因みに
「Qスイッチ」の「q」はレーザー物理学用語の「quality」
の「略語」ですが。
詳細は省略致します。




<B>
けれども
「Qスイッチ」
とりわけ
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の「感触」は「うけてみなければ」わかりにくいとは
考えます。

</B>


極めて判りやすくいえば
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の場合。

=>

「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「レーザー光照射」の「エネルギー」は凄まじいものです*。

=>

けれども「「熱い」熱に化けない「レーザー光照射装置」」
です。

「赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能で御座います」
という
ことになります。




ちょっと考えれば判ることですが
「レーザー光照射装置」から照射される「レーザー光ビーム」の
「エネルギー」は極めて強力です。
「レーザー光ビーム」の「波長;ラムダ:λ」が
いかほどであろうとも「熱「エネルギー」」に
化けやすい。
或は「熱エネルギー」に化けてしまう。
「熱エネルギー」にばけてしまうと。
「何かの一つ覚え」のように。
書かれている
「レーザー光ビーム」の「波長;ラムダ:λ」依存性の作用
は「なくなってしまいます」。


「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」
以外では
「nonQレーザー:ノンキューレーザー」=「Qスイッチ」のついていないない「レーザー光照射装置」
では必ずや「局所麻酔」を必要と致します。
その理由は「熱い」=「痛い」からです。



「nonQレーザー:ノンキューレーザー」
「Qスイッチ」のついていないない「レーザー光照射装置」=
「nonQレーザー:ノンキューレーザー」の「レーザー光照射」
の場合。

「パルスレーザー光照射装置」の「レーザー光照射」
の場合。

「nonQレーザー:ノンキューレーザー」=
 「パルスレーザー」は「熱」に化ける「レーザー光ビーム」
になります。
「レーザー光照射」に際して<B>「冷却」が必要です。</B>*
(「熱レーザー「レーザー光照射装置」」の場合
「・・クールcool」とか「クール・cool−」とか名称がよくつきます。 )

*臨界皮膚温度と呼称し45度cを超えないように
しなければなりません。


また
ガーゼや軟膏やばんそうこうを
「レーザー光照射」のあとの
「「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」」
の処置として必要とします。





「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の場合。

「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「レーザー光照射」の「エネルギー」は凄まじいものです。
けれども「「熱い」熱に化けない「レーザー光照射装置」」

<B>

「Qスイッチ」とは。最高性能の「Qスイッチ」は。
-------------------------------
「10億分の1秒」単位で高エネルギーの「1ショット」を
毎秒10ショットする「高速レーザー」の「エネルギー・スイッチ」
です。
-------------------------------
</B>

=>
「赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能で御座います」
という
ことになります。



但し
「Qスイッチレーザー」といってもぴんからきりまであります。

「Qスイッチ」=「キュースイッチ」が遅い
(例えば「1ショット時間」が「10億分の10秒」でなく
「1ショット時間」が「10億分の200秒」のように
遅い「Qスイッチレーザー」があります。

よく
俗にいう「脱毛レーザー:LASER」の
「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」に.
「Qスイッチ」=「キュースイッチ」の遅い*ものが
多いです。

「Qスイッチ」の「性能の悪い」=「遅い」

「Qスイッチレーザー光照射装置」は
「Qスイッチ」の性能により
「レーザー光照射装置」の価格は変わります。




-------------------------------

1・
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」は早い
「Qスイッチ」を備えています。「高額」です。

2・
「Qスイッチ」」が遅い「Qスイッチレーザー光照射装置」の価格は
は遥かに「安価」になります。

3・
「nonQレーザー:ノンキューレーザー」=
「Qスイッチ」のついていないない「レーザー光照射装置」=
「パルスレーザー光照射装置」はさらに「安価」になります。
-------------------------------



価格のほかに
「Qスイッチ」が早くなるということは
本体の励起媒体ロッド=「レーザー・ロッド」自体
「高出力」「高精度安定」である必要があり
これは「電力消費」の問題になってきます。




<B>
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
-------------------------------
1・波長と
2・パルス幅*によって決定されます。
-------------------------------
</B>

これに「出力」が加味されます。

レーザー治療・レーザー外科の
「レーザー光照射」の「レーザー光ビーム」に
関しては「重要」ではあるけれども。

パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。

*パルス幅とは。
-------------------------------
1・
「パルスレーザー光照射装置」の場合には。
レーザー光を照射している時間のことをパルス幅といいます。
写真を撮る場合のシャッタースピードのようなものです。
(とよくたとえられます)
パルス幅は、0.1秒とか100万分の1秒というように、
その用途によって様々です。


2・
現実的には
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」*の場合は
「シャッタースピード」はあてはまりません。
-------------------------------


<span style="color:#FF0000;">
パルス幅とは。
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
では無縁の「「変数」=「parameter:パラメター」」
です。
無縁の「「変数」=「parameter:パラメター」」
のはずです。
</span>







「パルスレーザー光照射装置」の「1ショット時間」=「パルス幅」
が「「1/1000秒」=msec=ミリ・セコンド」単位です。


「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」の「1ショット時間」=「パルス幅」
は「極少短時間:ナノセック:nsec:10億分の1秒」単位です。

「極少短時間:ナノセック:nsec:10億分の1秒」=
「1ショット時間」が「10億分の1秒」とは。
「光速度」でも「光が30cmしか進めない時間」です。
この「極少短時間」に「物凄いハイパワー」の「1ショット」
をしてしまいます。

「「1ショット」時間の長さ」=「パルス幅」では
「「熱い」熱に化けない「レーザー光照射装置」」になります。
純粋の「レーザー光ビーム」の「エネルギー」。

「パルスレーザー光照射装置」と全くに異なる様相を呈してきます。



<B>

「1ショット時間」が「10億分の1秒」とは「光速度」でも
「光が30cmしか進めない時間」での「1ショット」
になるとレーザー物理学的には
「アルバート・アインシュタイン*」の世界の観点から
「エネルギー」を理解する必要もでてきます。

</B>
だから
現実的には
-------------------------------
1・
「パルスレーザー光照射装置」の「1ショット時間」=「パルス幅」
が「「1/1000秒」=msec=ミリ・セコンド」単位です。
2・
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」の「1ショット時間」=「パルス幅」
は「極少短時間:ナノセック:nsec:10億分の1秒」単位です。
-------------------------------

このように考えると。

パルス幅とは。
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
では無縁の「「変数」=「parameter:パラメター」」
です。


パルス幅に関して。
けれどもあえて
一部のレーザーではレーザー光が途切れない連続波
(モールス*でいう「CWです:continuous wavw」)を用います。

このような
「CWLaser:連続波レーザー」
「Qスイッチレーザー」に比較すれば。

=>

現実的には
「1ショット時間」
「「1/1000秒」=msec=ミリ・セコンド」
 「パルスレーザー」も
「CWLaser:連続波レーザー」と大差はありません。







++++++++++++++++++++++



現実的には
パルス幅とは。
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
では無縁の「「変数」=「parameter:パラメター」」
です。


<span style="background:#ff0">
------------------------------
1・
「パルスレーザー光照射装置」の「1ショット時間」=「パルス幅」
が「「1/1000秒」=msec=ミリ・セコンド」単位です。
2・
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」の「1ショット時間」=「パルス幅」
は「極少短時間:ナノセック:nsec:10億分の1秒」単位です。

「極少短時間:ナノセック:nsec:10億分の1秒」=
「1ショット時間」が「10億分の1秒」とは。
「光速度」でも「光が30cmしか進めない時間」です。
この「極少短時間」に「物凄いハイパワー」の「1ショット」
をしてしまいます。

------------------------------

</span>





パルス幅に関して。
けれどもあえて
一部のレーザーではレーザー光が途切れない連続波
(モールス*でいう「CWです:continuous wavw」)を用います。
「CWLaser:連続波レーザー」
「Qスイッチレーザー」に比較すれば
 「パルスレーザー」も
「CWLaser:連続波レーザー」と大差はありません。





「CWLaser:連続波レーザー光照射装置」の
「レーザー光照射」は今現在
「CWLaser:連続波レーザー光照射装置」自体が
「医療用」では用いられることはありません。


「テクニック」さえあれば・・。


「フット・スイッチ」の押し方次第で
「CWLaser:連続波レーザー」でも
「「1/1000秒」=msec=ミリ・セコンド」くらいの
「レーザー光ビーム」のコントロールは可能だからです。





「パルスレーザー光照射装置」=
「nonQレーザー:ノンキューレーザー」=
「Qスイッチ」のついていないない「レーザー光照射装置」
のことです。








「「熱い」熱に化けることが容易に理解できる「レーザー光照射装置」」
であり
これらの「パルスレーザー光照射装置」は
基本的には
「レーザー・メス」「メス・レーザー」です。
そして
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」です。

赤くなります・腫れます・痛いです。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から
判創膏奏功などの「ドレッシング・テクニック」
が必要です。










勿論 「パルスレーザー」の用い方にもよります。

用い方により=「テクニック」により。
 「パルスレーザー」は大いな「レーザー光照射装置」
となりえます。「テクニック」の問題です。


このような「レーザー光照射装置」は
これはレーザーメスといわれるものです。
また今現在では「パルスレーザー外科あるいはパルスレーザー治療」
は「レーザー・メス」「メス・レーザー」の「範疇(はんちゅう)」
と考えられるようになってきました。




極めて判りやすくいえば
レーザー治療・レーザー外科で行われる
「レーザー光照射」の場合。
-------------------------------
1・
「超高性能Qスイッチレーザー」による
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
と。
2・
 「パルスレーザー」による「レーザー光照射」での
「パルスレーザー外科あるいはパルスレーザー治療」
-------------------------------

この「2つ」は
全く「極めて」
「異なる」「レーザー光照射装置」ということです。


=>

本当に
「レーザー光照射装置」として
「Qスイッチ」それも
「超高性能Qスイッチレーザー」

ただの「パルスレーザー光照射装置」
とは。


=>

「海と山」の相違程」或はそれ以上の相違があります。

むしろ全くの別物と考えられます。





パルス幅に関して。

あえて
一部のレーザーではレーザー光が途切れない連続波
(モールス*でいう「CWです:continuous wavw」)を用います。
「CWLaser:連続波レーザー光照射装置」は
「パルスレーザー光照射装置」ではなく
むしろ工業用の鋼鉄の精密切断などに用いられます。

医療用として
「CWLaser:連続波レーザー光照射装置」が
用いられる場合は
「ソフト・レーザー光照射装置」=
「低出力」の場合のみです。



=>

「CWLaser:連続波レーザー」は
俗にいう美容外科や形成外科では用いない
「ソフト・レーザー光照射装置」=「極めて出力が低い」
「レーザー光照射装置」です。

=>

「温熱療法」等の「物理療法:ぶつりりょうほう」=
「リハビリなどで用いられる「物療:ぶつりょう」
或は「通販で販売されている」ような「家庭用」?
です。

(効果はありえません)







「レーザー光照射装置」による
「レーザー光照射」を受けられるときは。

-------------------------------
1・「ハードレーザー光照射装置」であるのか否かの確認
=>
2・「ハードレーザー光照射装置」であるのであれば
=>

<B>
-------------------------------
21・
「Qスイッチ」=「キュースイッチ」のついている「Qスイッチレーザー」
による「Qスイッチレーザー治療・外科」
=>
22・
「Qスイッチ」=「キュースイッチ」のついていない
「nonQレーザー:ノンキューレーザー」
による
「パルスレーザー外科あるいはパルスレーザー治療」
であるのか。
-------------------------------
</B>

必ず確認されて下さいまうように。








これは
身を守るためにも大変重要なことです。







パルス幅に関して。

あえて
一部のレーザーではレーザー光が途切れない連続波
(モールス*でいう「CWです:continuous wavw」)を用います。
「CWLaser:連続波レーザー」は
俗にいう美容外科や形成外科では用いない
「ソフト・レーザー光照射装置」=「極めて出力が低い」
「レーザー光照射装置」です。
「温熱療法」等の「物理療法:ぶつりりょうほう」=
「リハビリなどで用いられる「物療:ぶつりょう」
或は「通販で販売されている」ような「家庭用」?
(効果はありえません)











もとより
「レーザー光照射装置」が
「ソフト・レーザー光照射装置」であるのであらば
何らの形成外科・美容外科の「効果」は期待できません。

「ソフト・レーザー光照射装置」のことを
「内科的レーザー光照射装置」」*などと
<B>
煙にまかれることがあるから御注意下さい。
</B>






=>

この「内科的レーザー」とは日本のみで通用する
造語です。


どなたが作られたのかはわかりません。
ただ「このような用語」を作られるとは。

=>

「大変な「俗物」な方」であると想います。
どなたが作られたのかはわかりません。

=>
多分に医師のかたであろうと思われます。



=>

今現在
「内科専門医先生」は循環器では[循環器外科」
を上回る「カテーテル」によるコイルの打ち込み或は「血管内手術」
もされ。
また「呼吸器内科専門医先生」は気管支鏡をあやつり
呼吸器外科を上回ります。

=>
「外科が手術をして
内科は「薬」でなおす」は1960年代のことです。



この「内科的レーザー」とは日本のみで通用する
造語です。



++++++++++++++++++++++





「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
代表的には1064nmという波長を出します。
第I高調波(FHG)

波長を半分に変換できる
KTP結晶を組み込んで
、532nmの波長も出すことができる機能を持った
「QスイッチNd・YAG」
「QスイッチNd・YAGレーザー(
Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
もあります。


「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
の。
第I高調波=第I高調波(FHG)である
基本波長の1064nm(ナノメーター)は最も使用頻度の
高い「「波長;ラムダ:λ」で。

<B>
-------------------------------
1・
強い「バウンド力」から「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」には
圧倒的な強みをみせます。
-------------------------------

</B>

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
「傷痕レーザー外科」
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 のレーザー治療・レーザー外科
など
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」系の
「病態」に対応致します。





また「メラニン色素系の「病態」」にも
「メラニン蒸散」により圧倒的な強みをみせます。
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
「Becker母斑:ベッカー母斑」など。

或は
俗にいう「ほくろ」などです。







第2高調波(SHG)



「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
代表的には1064nmという波長を出します。
第I高調波(FHG)



波長を半分に変換できる
KTP結晶を組み込んで
、532nmの波長も出すことができる機能を持った
「QスイッチNd・YAG」
「QスイッチNd・YAGレーザー(
Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
もあります。
第2高調波(SHG)









「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

532nmの波長は、
1・
メラニン色素に反応するとともに、
2・
ヘモグロビンの赤い色素にも
反応しますので、
「赤色」に反応致します。
「赤あざ」「血管腫」の治療に使用されます。




さらに
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

1/3波長x1064nmの357nm波長も励起しうる
「QスイッチNd・YAG」
もあります。
第3高調波THG・。
この場合
「レーザー光照射」の「テクニック」
の難易度は高いですが
ある「病態」に利用されることがあります(「省略」)*。
「吹き出物レーザー」として。
「尋常性痊瘡(ざそう)」=「にきび」
「吹き出物」「ふきでもの」「吹出物」「吹出もの」
に想像を絶する「効果」を発揮致します。


++++++++++++++++++++++


「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」で
「3種類」の波長を使いこなします。

(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
1・代表的には1064nmという
波長を出します。
2・532nmの波長をも出すことが
できる機能を持ったもったものもあります
3・1/3波長x1064nmの波長
の全てを含めて。

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
としては。

「第1高調波(FHG) 」
「第2高調波(SHG)」
「第3高調波(THG)」
のすべてを含めて「3種類」




「総計6つの
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
の「レーザー光照射装置」を
使いこなします。








東京 都 世田谷 区山本クリニックでは
さまざまな「ハードレーザー光照射装置」を用います
(「トータル・レーザー・テクニック:total LASER technique」*。



あるいは
「multi-LASER technique :マルチ・レーザー・テクニック」












「トータル・レーザー・テクニック:total LASER technique」
のさまざまな「ハードレーザー光照射装置」
の中でも。

「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」

その他。

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
だけでも。
「マルチQスイッチレーザーテクニック:multi-Q switched Laser technique:MQST」
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー
:ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
として。





「6機種」の
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
を用います。





「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
((「ミ」を省いて(ネオジウム・ヤグ・レーザー)と
呼称されることもあります。













医療用「レーザー光照射装置」を。

様々な医学的観点
=実用性・強力性・有効性・パワー・精度
などの観点からみるのであれば。

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
は「レーザー光照射装置」の「最高峰」であることは
間違いありません。
ヴアイオリンにたとえれば。
「Antonio Stradivarius:アントニオ・ストラディバリウス」
曰く
「ストラデイバリウス」です。
「レーザー光照射装置」の「ストラデイバリウス」と呼ばれています。
操縦(演奏秘術)には大変な「熟練」を必要と致します。



「多波長QスイッチNd・YAGレーザー
(多波長Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
勿論「レーザー光照射装置」としての
価格も「最高峰」です。
「レーザー光照射装置」の「ストラデイバリウス」と呼ばれています。
操縦は大変な「熟練」を必要と致します。
「レーザー光照射装置」としての価格も
「Antonio Stradivarius:アントニオ・ストラディバリウス」
「Antonio Stradivari:アントニオ・ストラディバリ」
同様に「最高」に高額です。


勿論「レーザー光照射装置」が「最高峰」であっても。
「レーザー光照射装置」が「最高峰」であっても
施術をする「レーザー光照射専門医」
(この名称の専門医はありません)
の医師の技量が伴わないのであれば。



ただの「レーザー光照射装置」のままです。
ただの「レーザー光照射装置」が「ある」だけです。



webサイトを拝見して「ほこりをかぶっている
「レーザー光照射装置」?はすぐわかります。

webサイトを拝見してこの「レーザー光照射装置」は
使われていないな・はすぐわかります。

文字通り「ほこり」がみえるのです。
動いている「レーザー光照射装置」の輝きがないです。


時として
操作技量がないのに
「難易度の高い「レーザー光照射装置」」を
もたれている事例もあります。

お金を払えば医療施設では「購入」できます。
(「レーザー光照射装置の製造メーカー」の業者さんはこのあたりを
よくみぬいて場合によっては販売にいたらない場合もあります)
このような
超高性能の「レーザー光照射装置」の購入は一種の「宣伝効果」です。
購入したあとはそのまま「ほこりをかぶったまま」です。

<B>
「ほこりをかぶる」のが目に見えていたら。
「レーザー光照射装置の製造メーカー」の業者さんは「機器」に愛着を
もっていますから。

はじめから「レーザー光照射装置の製造メーカー」での
欠陥品を「実験用」として「安価」に購入することを
すすめます。
(このような場合「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」
であれば。
ただの
「Qスイッチレーザー」という名称になります。
=>
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。












この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=119
 です。
 
相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00157490 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)