あなたは 00157242 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
1件検索されました。
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
【10】 題名:ホルモン補充について
相談者:その子 年齢:30 性別:女性 地域:神奈川県 2005/03/11 (金)00:40:47
はじめまして。先生はとても親切に答えてくださるので信頼できそうで
書き込みいたします。
平成11年に24歳の若さで卵巣がんを患い、やむなく全摘いたしました。
細胞診の結果「腺癌のステージ2」でした。今のところ再発もなく元気に
過ごしていますが、医者からはHRTのリスクを考えるとホルモン補充療法
は薦められないといわれました。どの医者にかかっても「再発が怖くてつかえない」
といわれるのですが、正直、31歳になる現在、シミがふえ、体型は
10キロ増量、自慢の体型も、中年のようになってきました。
最近は物忘れや鬱もでてきて精神科でこう鬱剤も処方してもらっていますが
あまり効果がありません。以前はデパートで受付をしていたため、
つねに見られることを気にする職業でしたため、体型が変ったことが
ショックと病気のショックで頭がおかしくなり、フィアンセにも
婚約を破棄されました。先生、婦人科でのHRTはむづかしいといわれ
ましたが、先生はどのような見解をおもちでしょうか?
また、体型がおばさんのようになるということは内臓も老化していて
病気でなくても寿命が人より短くなるということでしょうか?
婦人科や精神科でもダメな場合、美容外科で脂肪吸引をするのも
いい方法なのでしょうか? 癒着などのリスクは?
 
ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。
「卵巣癌」「ステージ2」との事です。

まず御相談者「症状・症候」は必ずしも
「卵巣癌」で卵巣全摘による・或は
「ホルモン補充療法:Hormne Replacement Therapy:HRT」
を行わないための「症状・症候」とも考えられません。

「卵巣癌」で
「ホルモン補充療法:Hormne Replacement Therapy:HRT」
を行えない患者さんの全てに
御相談者のような「症状・症候」が出現するわけでは毛頭ないことが
その「理由」です。
下記に順を追って御回答致します。


「医者からはHRTのリスクを考えるとホルモン補充療法
は薦められないといわれました。どの医者にかかっても「再発が怖くてつかえない」
といわれるのですが」
との事です。
「卵巣癌取り扱い規約」からは
「ホルモン補充療法:Hormne Replacement Therapy:HRT」
についての「取り決め」があります。
「ホルモン補充療法:Hormne Replacement Therapy:HRT」により
「卵巣癌」の「再発」或は「悪性化」を増強する可能性が
あるから
「卵巣癌」の患者さんの場合とりわけ「stage:ステージ」=2
でとまっている御相談者の場合
「ホルモン補充療法:Hormne Replacement Therapy:HRT」には
極めて「慎重さ」が必要である。
私も「勧められません」。

けれども御気持ちは大変よく判ります。

「正直、31歳になる現在、シミがふえ、体型は
10キロ増量、自慢の体型も、中年のようになってきました。
最近は物忘れや鬱もでてきて精神科でこう鬱剤も処方してもらっていますが
あまり効果がありません。」との事です。

この「症状・症候」は必ずしも
「ホルモン補充療法:Hormne Replacement Therapy:HRT」
を行わないための「症状・症候」とは考えられません。

「卵巣癌」で
「ホルモン補充療法:Hormne Replacement Therapy:HRT」
を行えない患者さんの全てに
御相談者のような「症状・症候」が出現するわけではないことが
その「理由」です。

「卵巣癌」でも「stage:ステージ」=2
であることは有り難いことです。
何が何でも「stage:ステージ」=2を維持することは
「悪性腫瘍」の「集学的治療:multi-disciplinary therapy」
では御相談者の場合「極めて重要」なことです。

お若くて「卵巣癌」ではあっても
「stage:ステージ」=2なのですから
御相談者はもっと「前向き」に御考えになられた
ほうが宜しいと今の私は考えます。

「婦人科や精神科でもダメな場合、美容外科で脂肪吸引をするのも
いい方法なのでしょうか? 」
との事です。

「美容外科専門医先生」に「治療戦略」を求めるのも
極めて「価値のある」ことと今の私は考えます。
けれども
「美容外科専門医先生」に「美容外科」の「治療戦略」を
求める場合は「極めて慎重に進路」をとられることを
お勧め致します。
これは大変に「重要なこと」。
「美容外科」の「治療戦略」にも様々なものがありますから・

一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。
「冬来たらずば春遠からじ」。


上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

 
相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00157242 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)