あなたは 00154698 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。
<相談掲示板の表示オプション> 表示件数:>1件2件5件10件 (過去のご相談全件一覧

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
前の2件次の2件
【131】 題名:地元の皮膚科でアトピーですが私は酒さ:のようです。
相談者:匿名希望 年齢:38 性別:女性 地域:長崎県 2015/08/02 (日)13:16:52
38歳女です。長崎在住。

赤い顔で痒みが酷く夜中にはどうしても引っ掻いてしまうようです。
地元皮膚科でアトピーと診断されています。
ですが私は酒さ:のようです。

以前までステロイド剤を内服していました。効果が無いためもう中止
されています。

今現在はステロイド軟膏、と、プロトピック軟膏をピリピリするのを我慢しながら
ぬっています。

そのような中で山本クリニック,世田谷,東京都の山本先生が相談掲示板
で酒さ:しゅさのレーザー治療
でしっかりとお書きになられているように、下眼嶮(したまぶた)だけは、
地元皮膚科の先生のいうアトピーの症状はありません。そして、外用薬をぬっても
つっぱってきてはいません。

今、外用薬を塗るたびに吹き出物はふえて、皮膚の乾燥はひどく苦しんでいます。
女子ですから、今現在の治療の効果をみると、
もうこんな、顔で生き続けるのも少しつかれてきたところです。

そんなとき、これって、酒さ?ではないかと思い始めました。
少しでも良くなるのであれば、週一回長崎から通院致します。
いかがでしょうか。

外用薬が悪さをしているようにしか思えないし、それを
とめると多少、顔の皮膚の状態はよくなります。

ただし赤み、や、痒さは常に御座います。

宜しくお願い申し上げます。

 
この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=131
 です。




これは困りましたね


御相談がお考えになられていらっしゃるように、
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」でいらっしゃいます。

酒さ:しゅさ、には、もぞもぞ感、や、ほてり、
さらには、「敏感肌」の症状がでます。
=>
一度引っ掻いて、分泌液が体外に出ますと、今度は
分泌液=リンパ液の中のリンパ球が「御自分」の皮膚を
攻撃するようになります。

皮膚の「症状・症候」がいかにも、「アトピー」のようであり、
御相談者おように、「○○軟膏」が投与されると
大変まずい。
=>
クリーム=水でおとそうとおもったら、おとせる、外用薬
でないと、皮膚の「角化障害」があるのに、老廃物としてすてられる
物質は尽く、「御自分」の皮膚を攻撃するようになります。




さて、「アトピー:atopy」は、元来、古代ギリシャ語で、「ἀτοπία」=
「not type」=「なんふだかわからない」という意味の言葉です。
だから、極めて判りやすく言えば、「診断不能」という意味になります。
ちなみに英語では「atopy」とかいて「エテピ」=「Atopy /ˈætəpiː/」と
発音致します。
日本の「臨床医学の歴史」のどこで、「エテピ」=「Atopy /ˈætəpiː/」が
「日本語:アトピー」になったかわかりません。


「御相談者」の御相談内容要旨からは、
「赤い顔で痒みが酷く夜中にはどうしても引っ掻いてしまうようです。
地元皮膚科でアトピーと診断されています。
ですが私は酒さ:のようです。

以前までステロイド剤を内服していました。効果が無いためもう中止
されています。

今現在はステロイド軟膏、と、プロトピック軟膏をピリピリするのを我慢しながら
ぬっています。」
との事です。

この軟膏類はすぐに止められて、まずは保湿に、
保湿はローションではなく、クリームで、されて
頂き、サンスクリーン(UVカット)を用いられてください。




「御相談者」は酒さ:しゅさ、
それも「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
で、皮膚の軟膏によるシールドで、「毛包炎:もうほうえん」=吹き出物
ができていらっしゃいます。
多分に、「御相談者」もお気づきと存じますがこの吹き出物は、
一度よくなられても、再度、
同一場所にできますでしょう。
酒さ:しゅさ、の患者さん独特の「敏感肌」であるがゆえに、
「知覚障害」があって、引っ掻かれ、「皮膚の「角化障害」」による、
ノン・バリヤーで、お肌を守るものがなくなり、「知覚障害」は
さらに酷くなり、「なにがなんだかわからない」「症状・症候」に
なられるかたは、少なくはありません。
「御相談者」もその、おひとりなのです。



「御相談者」が総合相談掲示板を、お読みになられて、
「山本先生が相談掲示板
で酒さ:しゅさのレーザー治療
でしっかりとお書きになられているように、下眼嶮(したまぶた)だけは、
地元皮膚科の先生のいうアトピーの症状はありません。そして、外用薬をぬっても
つっぱってきてはいません。」
ということに気づかれたのは幸いでした。


「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
レーザー治療以外の「治療戦略」は全く有りません。
=>だから「webサイト」に「弱みにつけこまれてかかれていること」
にはきわめて慎重になられてください。


「御相談者」の痒みには、「かゆみ止め」の内服・外用も一切
効果はありません。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
レーザー治療以外の「治療戦略」は全く有りません。
=>だから「webサイト」に「弱みにつけこまれてかかれていること」
にはきわめて慎重になられてください。




「女子ですから、今現在の治療の効果をみると、
もうこんな、顔で生き続けるのも少しつかれてきたところです。

そんなとき、これって、酒さ?ではないかと思い始めました。
少しでも良くなるのであれば、週一回長崎から通院致します。
いかがでしょうか。」
との事です。

=>

「御遠方」から御通院中の患者さんは多いものです。
非常に多いです。
Qスイッチレーザー外科による、「レーザー光照射」
にて「「毎週1回(日)照射」のペース」での治療戦略
でゆきます。


山本クリニック、 世田谷、東京都の相談掲示板

http://www.clinicayamamoto.com/list_B_all.php

中の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する
記事をおよみください。
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=126
などを御参照頂けますか。
また
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html
などを御参照頂けますか。



「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」でいらっしゃいます。
「御相談者」のように、俗にいうアトピーと間違われる
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんも近年
多くなってまいりました。



綺麗に治したいです。


























この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=131
 です。
【130】 題名:ほくろのレーザー治療について、教えて下さい
相談者:匿名希望 年齢:35 性別:女性 地域:岩手県 2015/04/29 (水)13:43:05


はじめまして。
岩手在住。岩手から週一回通院可能な35歳女です。

ほくろ のレーザー治療のことでどのような
ことでもよいから教えてください。
いままで、10年前から、近くの美容外科皮膚科2箇所や、
県内の美容外科4箇所で
何回もレーザー治療をうけて、再発を繰り返しています。

今現在真っ黒なほくろで、右のまぶたのした2cmくらいのところに
ある、直径5.0x5.5mmで1mmくらいの隆起があります。
さいしょとなにもかわっていません。

使ったレーザーはどこでも炭酸ガスレーザーのみです。


1・炭酸ガスレーザーは黒に反応しないのではないでしょうか。
2. 光はこまかくわければ虹の七色以上の色があるとおもいますが
  それぞれの色に反応するレーザーは何種類も必要になると思いますが。
3・美容外科の先生がたは、ふたえや、脂肪吸引などの間にレーザー治療
  の実績はあげられるのでしょうか。
  ちなみに私の場合はどこへいっても看護師さんの照射です。
  結果をドクターがみるのみでした。

 


この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=130
 です。




#1
##1
ほくろ・はメラニン系の病態です。
ここで、よく御理解していただきたいことがあります。
=>##2

##2
レーザー光ビームは、「黒」に、反応するとか、「赤」
に、反応するとか、波長により異なるといわれますが
これは間違いです。

##3
むかしからいわれていますが、
輸入された「医療用レーザー光照射装置」の製造会社
の販売戦略に悪意もなく、利用されてきたことは有名です。
http://archderm.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=477764








#2
##1
「1・炭酸ガスレーザーは黒に反応しないのではないでしょうか。」

##2
Qスイッチのついていない、
「nonQレーザー」はすべからく熱に化けます。
=>##3

##3
だから俗にいう、
電気メスとどのようなレーザーでもまったくおなじことになります。

##4
炭酸ガスレーザーでの、ほくろの治療とは、色味のあるところを、
熱で、ジュ、と焼くのと同じです。








#3
##1
「2. 光はこまかくわければ虹の七色以上の色があるとおもいますが
  それぞれの色に反応するレーザーは何種類も必要になると思いますが。」
とのことです。


##2
レーザー光照射装置でQスイrッチの有無で「二種類」に分離
されます。

##3
「nonQレーザー」とは「Qスイッチ」のついていない「レーザー光照射装置」
「Qスイッチ」のついているものは、「Qレーザー」の二種類です。

##4
すなわち
「Qレーザー」は、たとえば虹の七色にすべからく反応致します。
http://emedicine.medscape.com/article/1295033-overview

=>
実験動画では
https://www.youtube.com/watch?v=5k0-IRpk5AU
を御参照頂けますか。


##5
「光はこまかくわければ虹の七色以上の色があるとおもいますが」
との事です。
=>##6

##6
また、「色光」の三原色は「赤・青・緑」です。
「色」を塗る絵具の「色」の三原色は「赤・青・黄」です。








#4
##1
「3・美容外科の先生がたは、ふたえや、脂肪吸引などの間にレーザー治療
  の実績はあげられるのでしょうか。
  ちなみに私の場合はどこへいっても看護師さんの照射です。
  結果をドクターがみるのみでした。」
とのことです。


##2
上記のように、
ほくろのレーザー治療には
1・「nonQレーザー」
2・「Qスイッチレーザー」
の二種類による対応がなされています。

##3
今現在では、「2・「Qスイッチレーザー」」による
メラニン蒸散(固体を気体にすることを、蒸散といいます)
が、主流です。


##4
そして、患者さんがかならず驚かれることがあります。
=>##5

##5
それは、
臨床医療の世界では、ほくろのレーザー治療を「10例以上」
初診から施術そして術後と、再発の治療などすべからくを
「お一人」でこなした経験のある医師は[合衆国(USA)」の報告では
52名である(2013年度)というこという報告があるということです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Congenital_melanocytic_nevus

##6
これは[合衆国(USA)」の、美容外科医師数を
かんがえれば信じられないほど、少ない、数字です。










#5結論:

##1
にほん、の、状況は、数字化されていません。

##2
けれども、
たかが、ほくろ、でも、毎日
すべからくの、「医療用レーザー光照射装置」を苦労して
臨床にあたられている先生はきわめて少ないのが現状です。

##3
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。




上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にお大事にされて下さいませ。



何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。










この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=130
 です。
前の2件次の2件 
相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00154698 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)