あなたは 00166895 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)

        

<過去のご相談の検索> キーワード: 
ログ番号 : 
過去のご相談全件一覧
<ご相談の書き込み> 新規に相談の書き込みをなさる時は下のボタンを押して下さい。
<相談掲示板の表示オプション> 表示件数:>1件2件5件10件 (過去のご相談全件一覧

これまでのご相談・回答(新しいご相談から表示されます。)

 
前の10件次の10件
【123】 題名:酒さです。両側の頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感。
相談者:匿名希望 年齢:52 性別:女性 地域:兵庫県 2014/02/09 (日)13:55:16
52歳女、兵庫在住。

こどものころから
両側の頬があかかったです。


4年ほど前に、両側の頬のはり感、はれ感が
ではじめて発症致しました。
もとよりほほやこめかみが赤かったです。

市内の4つの皮膚科で酒さと診断されました。
そして3年ほど前に、その中の皮膚科のひとつで
両側の頬のい上部に、
すすめられてシミのレーザー治療を3種類のレーザー
でいたしました。あまりよくとれません。

これから半年して両側の頬の、熱感で苦しむように
なりました。

あかいのもいやなのですが、よりとても辛いのは、
両側の頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感なのです。
また赤みが強くなったり弱くなったりはじまります。

首をしたにむけているたり、
つかれて横になると、症状はつよくなり
はり感、はれ感とあつい感じの熱感が強くなります。



実際頬にさわると、熱く、そして張ったいるようにも
感じます。

これらの酒さの感覚障害・知覚障害で苦しんでいます。

冷やしてもどうにもなりません。

このような頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感はなぜ
おこるのでしょう。
同時に目が痛くなることもあります。目が赤くなります。
まぶたはさがるようになります。
喉の痛みのような違和感があります。

酒さによる頬のはり感、はれ感、熱感、もぞもぞ感のレーザー治療
で名医で口コミの、
世田谷区 山本クリニック美容外科・世田谷にレーザー治療御願いしたいのです。



兵庫より毎週1回可能で御座います。
相談掲示板にかかれた山本クリニック世田谷の山本先生の御回答
はすべからく読ませていただいております。

何卒に、よろしく御願い致します。
 
この相談への個別リンクは
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=123
 です。



同じく兵庫からの「御婦人」の相談で
【120】 題名:悩みは、顔が赤くなること。 酒さの第2度と診断
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=120
という御相談が御座います。
ぜひ御参考になと存じますのでおよみいただけますか。






これは大変難しい「御説明」を必要である「御相談」です。
ですから今回は、極めて簡単に「御回答」をいたします。

なぜならば
「海綿静脈洞:cavernous sinus」という「解剖学的構造物」の御説明を
しなければいけなくなるからです。

(まず海綿静脈洞とは、頭蓋に入ってすぐ
、眼の真後ろのあたりの頭蓋骨内に内頸動脈を囲むように存在する
、海綿状の静脈機能を持った部位です。
ちなみにここに腫瘍が発生するとこれらの神経が障害され,
物が二重に見える、目の奥の痛みなどの症状が現れます。
この部位は特に手術が非常に難しく、眼球運動障害等の合併症を生じやすいのが特徴です。)

この「海綿静脈洞:cavernous sinus」に隣接して、「三叉神経の塊=節」
ガッセル神経節 - Gasserian ganglion, Gasser's ganglion (半月神経節 Semi lunar ganglion)
という神経節があり、この「解剖学的構造物」の御説明を
しなければいけなくなるからです。


=>


「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」の
「このような頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感はなぜ
おこるのでしょう。
同時に目が痛くなることもあります。目が赤くなります。
まぶたはさがるようになります。
喉の痛みのような違和感があります。」
という「御相談」は、「レーザー光照射」が始まってから
施術中におはなししていきたいと存じます。




さて
御相談者が典型的な「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
であることは間違いありません。

「市内の4つの皮膚科で酒さと診断されました。」との事です。

10年前は、「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という診断すら本邦
ではできなかったのです。

たいていは、脂漏性皮膚炎、接触皮膚炎・などといわれていました。

今現在は、「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という診断はたっても。
「頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感はなぜ
おこるのでしょう。
同時に目が痛くなることもあります。目が赤くなります。
まぶたはさがるようになります。
喉の痛みのような違和感があります。」というような

とりわけ「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
に特有な「感覚障害・知覚障害」のような
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に付随する事象に関しては。

=>

「副症状」に関しては、
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を専門とされない
「レーザーの先生」では、まだ御理解できておらず、説明はまったく不可能です。








------------------------------

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の方は
皮膚が極めて俗にいう「敏感肌」です。

また「肩こり・頸こり・背中こり」をお持ちになられています。
酒さ性角膜炎、酒さ性結膜炎をおもちです。


そして「あまり水分をおとりになりません」。

さらに
また「「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」の反復を
されていますが「御自覚症状」としては築かれていません。

過去歴に、「Qスイッチ」のついていない 「パルスレーザー」=「熱レーザー「レーザー光照射装置」」
の照射既往のあるかたが多いものです。

また、「皮膚」を密閉するような、「・・軟膏」という
外用薬を、「なぜ必要なのか」という「御説明」なく
もちいられている「御既往」があります。


吹き出物=「毛包炎:もうほうえん」を、[座瘡:「にきび」と
まちがわれていることが大部分です。


-------------------------------



「市内の4つの皮膚科で酒さと診断されました。
そして3年ほど前に、その中の皮膚科のひとつで
両側の頬のい上部に、
すすめられてシミのレーザー治療を3種類のレーザー
でいたしました。あまりよくとれません。」
との事です。
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」としんだんされているのに
なぜにシミ=「メラニン色素系の「病態」」の治療がされるのでしょう。



すべからくを「省略」させていただきます。
何卒に「御理解」ください。






「これから半年して両側の頬の、熱感で苦しむように
なりました。

あかいのもいやなのですが、よりとても辛いのは、
両側の頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感なのです。
また赤みが強くなったり弱くなったりはじまります。

首をしたにむけているたり、
つかれて横になると、症状はつよくなり
はり感、はれ感とあつい感じの熱感が強くなります。



実際頬にさわると、熱く、そして張ったいるようにも
感じます。

これらの酒さの感覚障害・知覚障害で苦しんでいます。」という
「症状・症候」を、治す為には

「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による、1回数(日)に20000「ショット数」での
「照射回(日)は週一回(日)のペース」=「golden pace:ゴールデン・ペース」=「4分の1「皮膚のターンオーバー」
でおこなわれるのがベストです。

赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人のお顔であれば「レーザー光照射」直後から「化粧」が可能です。



QスイッチNd・YAGレーザーにより、
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に固有の
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」の照射
ほ基本として。

さらに、
下記の通りである三叉神経の枝の
一部あるいは全部に近くを

「レーザー光照射」しなくてはなりません。

-------------------------------
三叉神経の枝

眼神経 鼻毛様体神経 毛様体神経節との交通枝
後篩骨神経
長毛様体神経
滑車下神経
前篩骨神経

涙腺神経
前頭神経 滑車上神経
眼窩上神経


上顎神経 頬骨神経 頬骨側頭枝
頬骨顔面枝

眼窩下神経
上歯槽神経
翼口蓋神経節 鼻口蓋神経
大口蓋神経
小口蓋神経
翼突管神経


下顎神経 深側頭神経
外側翼突筋神経
内側翼突筋神経
咬筋神経
口蓋帆張筋神経
鼓膜張筋神経
耳介側頭神経
頬神経
舌神経
下歯槽神経 顎舌骨筋神経
下歯槽神経
オトガイ神経
-------------------------------

領域のすべからくの神経を
QスイッチNd−YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置で
「レーザー光照射」をしていく必要があるのです。
そしてこの「レーザー光照射」は極めて難易度のたかい
「テクニック」を必要と致します。




なおちなみに
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「治療戦略」
ができていないうちに
上記神経の、ペインクリニックなどされると
リバウンドで大変なことになります。

もとより
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「治療戦略」」での
段階での「まちがい」があると、

御相談者御自身のような「症状・症候」は「なにがなんだかわからなく」
なってしまいます。










結論:
「症状・症候」を、治す為には

「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による、1回数(日)に20000「ショット数」での
「照射回(日)は週一回(日)のペース」=「golden pace:ゴールデン・ペース」=「4分の1「皮膚のターンオーバー」
でおこなわればなりません。




なお同じく兵庫からの「御婦人」の相談で
【120】 題名:悩みは、顔が赤くなること。 酒さの第2度と診断
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=120
という御相談が御座います。
ぜひ御参考になと存じますのでおよみいただけますか。


とりあえずに第一報としての御回答を致します。









この相談への個別リンクは
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=123
 です。
【122】 題名:顔の肝斑(かんぽん)と治療
相談者:匿名希望 年齢:30 性別:女性 地域:兵庫県 2014/02/02 (日)14:29:04
兵庫 30歳女

顔の肝斑(かんぱん)と治療

「肝斑:かんぱん]でなやんでいます。

「肝斑:かんぱa」とはどのようなものでしょうか。
なぜQスイッチNd・YAGレーザー以外のレーザー光照射
ではとれないのですか?

なぜなぜQスイッチNd・YAGレーザーではとれるのですか。

メラニン色素系の病態のレーザー治療で名医で口コミの
.

世田谷区 山本クリニック美容外科・世田谷・東京都
の山本先生に治していただきたいと思っています。

兵庫から週一回通院可能です。

よろしくお願いいたします。
 
この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=122
 です。








「兵庫 30歳女

顔の肝斑(かんぱん)と治療

「肝斑:かんぱん:chloasma」でなやんでいます。

「肝斑:かんぱん:chloasma」とはどのようなものでしょうか。
なぜQスイッチNd・YAGレーザー以外のレーザー光照射
ではとれないのですか?
なぜなぜQスイッチNd・YAGレーザーではとれるのですか。

メラニン色素系の病態のレーザー治療で名医で口コミの
世田谷区 山本クリニック美容外科・世田谷・東京都
の山本先生に治していただきたいと思っています。

兵庫から週一回通院可能です。

よろしくお願いいたします。」
との事です。




++++++++++++++++++++++

御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

[肝斑:かんぱん]の定義
顔に左右対称性に発生する「褐色斑」で、
40-50台の「御婦人」におおいもの。

というぐらいの定義しかありませんでした。

最近
1・上記のような俗にいう[肝斑:かんぱん]
2・男子にも発生する、美容治療のあとの「1・」とどうような
「褐色斑」
にわけてかんがえられるようになりつつあります。





「肝斑:かんぱん:chloasma」は、
境界はやや明瞭な色素斑です。眼の下側に逆三角形で、できやすい。
下顎、上口唇(鼻の下)にもできることがある。左右対称である。
すなわち両側にできます。


基本的には30歳代〜50歳代の女性に多いです。黄色人種に多いといわれます。

但し女性に多いとはいうものの、
男子の場合、「熱レーザー「レーザー光照射装置」」による
「治療戦略」に際して発生することが相当数あります。
だから、「お顔」のフオトのあとなどに、男子にも女子にも
出現していることが多くみられるようになりました。


とりわけ、フラクショナルeCO2(フラクショナルエコツー)の
「レーザー光照射」
のあとに、高頻度で出現致します。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。


フオトフエイシルや、「Qスイッチ」のついていない
「レーザー光照射装置」による、
レーザー治療を受けられる場合は、「レーザー光照射痕」=「肝斑:かんぱん:chloasma」
の出現の可能性につき、「お受けもちの先生」からしっかりと
話をきいてくださいますように。


レーザー治療でも
QスイッチNd−YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
による「レーザー光照射」しか「効果」がないのです。


無用な「治療戦略」はかえって、色素沈着を助長致します。
どんどん「色」がこくなります。だからやめられてください。


このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

下記に順を追って御回答致します。

++++++++++++++++++++++










「肝斑 (かんぱん、Chloasma)」は、皮膚にできる色素斑(しみ)の一つ。
通常、医師が「しみ」というとこの「肝斑:かんぱん:chloasma」のことを
さします。
色調が肝臓に似ていることからこの名がつきました。

よく「形状」が肝臓ににているからというのはうそです。
結構、とある週刊誌でまちがえられてから、「「形状」が肝臓ににているから」
といわれます。けれども間違いです。
「「色調」が肝臓ににている」のです。
だから「肝斑:かんぱん:chloasma」。








定義
顔に左右対称性に発生する「褐色斑」で、
40-50台の「御婦人」におおいもの。

というぐらいの定義しかありませんでした。

最近
1・上記のような俗にいう[肝斑:かんぱん]
2・男子にも発生する、美容治療のあとの「1・」とどうような
「褐色斑」
にわけてかんがえられるようになりつつあります。








症状

境界はやや明瞭な色素斑です。眼の下側に逆三角形で、できやすい。
下顎、上口唇(鼻の下)にもできることがある。左右対称である。
すなわち両側にできます。


基本的には30歳代〜50歳代の女性に多いです。黄色人種に多いといわれます。

但し女性に多いとはいうものの、
男子の場合、「熱レーザー「レーザー光照射装置」」による
「治療戦略」に際して発生することが相当数あります。
だから、「お顔」のフオトのあとなどに、男子にも女子にも
出現していることが多くみられるようになりました。





原因

正直なところは、原因はまだはっきりとわかっていないというのが正しいです。
「肝斑:かんぱん:chloasma」は、
妊娠・経口避妊薬が誘引になったり致します。

更年期にピルを内服中にあらわれることもあります。閉経すると自然に治ることも多いものです。

(プロゲステロンなどの女性ホルモンが影響するといわれているのはそのためである。)


ほかに、顔をさわるクセのある人にも出やすい傾向があります。

洗顔やスキンケア、マッサージなどで顔をゴシゴシするようなかたに出やすいです。

なお、名前は前述のとおり色調が肝臓に似ているためについたのであり
、もちろん肝臓の機能とは無関係です。

最近では、「Qスイッチ」のついていない
安易な「熱レーザー「レーザー光照射装置」」による「レーザー光照射」
のあとに、出現してくることが多数事例みとめられるようになりました。

よって、女子=男子の発生頻度です。







病態
「メラニン色素系の「病態」」です。
かつ、炎症の存在があります。
よって

炎症性の色素沈着=「肝斑:かんぱん:chloasma」ということになります。

また、最近では、「Qスイッチ」のついていない
安易な「熱レーザー「レーザー光照射装置」」による「レーザー光照射」
のあとに、出現してくることが多数事例みとめられるようになりました。


俗にいう、「レーザー治療痕」といわれるものです。


とりわけ、フラクショナルeCO2(フラクショナルエコツー)「レーザー光照射」
のあとに、高頻度で出現致します。

施術のあとにしばらくしてから、「熱感」を伴った、
「肝斑:かんぱん:chloasma」が出現致します。

男子の場合には、お若いかたほど、なりやすいように思えます。







「病態」と治療
「メラニン色素系の「病態」」でありながら、ありとあらゆる
「治療戦略」に抵抗性といわれています。

すべからくの、単純な、皮膚形成外科的「治療戦略」には抵抗性でした。

「レーザー光照射」による、「熱レーザー「レーザー光照射装置」」
なども、用いられました。


けれども、「熱レーザー「レーザー光照射装置」」が原因で
「肝斑:かんぱん:chloasma」を作ります。

よって色調はかえって、増悪致します。





「治療戦略」
上記のような、なかで、「レーザー光照射機器」のなかで、
1064「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
のみが、「肝斑:かんぱん:chloasma」を治療しうることが、
ほぼ海外、本邦同時にしられることとなりました。

そして、QスイッチNd・YAGレーザーで治療「可能」な「病態」
として、位置づけられています。




一方では、「Qスイッチ」のついていない、
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」を用いる場合、
外傷性色素沈着の「一種」として、「肝斑:かんぱん:chloasma」
が、女子のみならず男子にも発生してきています。

そして
この治療には、QスイッチNd−YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
しか「有効」なレーザー治療はおこなえません。





結論:
1・
境界はやや明瞭な色素斑です。眼の下側に逆三角形で、できやすい。
下顎、上口唇(鼻の下)にもできることがある。左右対称である。
すなわち両側にできます。


基本的には30歳代〜50歳代の女性に多いです。黄色人種に多いといわれます。

但し女性に多いとはいうものの、
男子の場合、「熱レーザー「レーザー光照射装置」」による
「治療戦略」に際して発生することが相当数あります。
だから、「お顔」のフオトのあとなどに、男子にも女子にも
出現していることが多くみられるようになりました。


2・
フオトフエイシルや、「Qスイッチ」のついていない
「レーザー光照射装置」による、
レーザー治療を受けられる場合は、「レーザー光照射痕」=「肝斑:かんぱん:chloasma」
の出現の可能性につき、「お受けもちの先生」からしっかりと
話をきいてくださいますように。

3・
レーザー治療でも
QスイッチNd−YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるm「レーザー光照射」しか「効果」がないのです。

4・
無用な「治療戦略」はかえって、色素沈着を助長致します。
どんどん「色」がこくなります。

このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

















この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=122
 です。
【121】 題名:逆さ睫毛の手術の失敗?で痛くてたまりません
相談者:匿名希望 年齢:0 性別:女性 地域:熊本県 2014/01/12 (日)16:44:02
42歳女。熊本在住。
さかさまつげの手術を右側ですが
手術をうわmなぶたの、うらがわから「あかんべー」
をするように、瞼板に縫い付ける方法で過去歴
2回施術到りました。


3か月前から、両方のめが赤く
痛みでくるしんでいます。

ぜひともに通院させていただきます。

山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生
よろしくお願いいたします。


要領の悪いご質問ですみません。
 
この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=121
 です。




これは困りましたね


御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。



++++++++++++++++++++++


1・
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

2・
御相談者の御相談内容からは「逆さ睫毛:さかさまつげ」は
「「眼瞼内反」+「睫毛乱生」」の両方の「要素」をもたれているように思われます

3・
根治手術が必要と判断致します。


4・
「逆さ睫毛:さかさまつげ」には大変な疼痛を伴います。
だから、診断の段階から、形成外科とペインクリニックの双方
からのアプローチが必要です。
この場合ペインクリニックでは
(「神経ブロック」といっても「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)
これらのことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

5・
「逆さ睫毛:さかさまつげ」の手術の場合には成人は
局所麻酔で行えます。
けれども、少なくとも連日「3日間」の外来通院が必要です。

「小児」の場合には全身麻酔が必要ですから入院が必要です。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

成人で日帰り手術の一回というのは大変「危険=リスク」があります。


ちなみに「逆さ睫毛:さかさまつげ」には
「「眼瞼内反」と「睫毛乱生」」の分類から
外科的手術が行われます。

また、
「逆さ睫毛:さかさまつげ」には大変な疼痛を伴います。
だから、診断の段階から、形成外科とペインクリニックの双方
からのアプローチが必要です。

この場合ペインクリニックでは
(「神経ブロック」といっても「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)
これらのことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。


下記に順を追って御回答致します。


++++++++++++++++++++++













逆さまつげの治療法

逆さまつげは非常に痛いです。、何度も繰り返すため憂鬱な気持ちになるものです。
逆さまつげの対策や改善法で、スッキリしたほうが宜しいです。



逆さま つげは、まつげが通常は外側(そとがわに向かって生えているものです。

さかさまつげですが、「5種類」に分類致します。

------------------------------

1・
ところが毛根が内側(うちがわ)に生える場合があります。
2・
はえかたの毛根はは正常位置でも先端が内側にむかってことがあります。
3・
まぶたが内側に入り込んでしまうために起こるものもあります。
4・
内科的要因
5・
その他

------------------------------



「逆さ睫毛:さかさまつげ」とはこのようにして。
目の中にまつげが入ったり刺さったりしてしまうことを呼称いたします。




逆さまつげをそのままにしておくと、角膜など眼球を傷付けてしまいます。
さらに、炎症を起こすなど、眼病の原因ともなりかねません。

逆さまつげは眼科でまつげを抜いてもらうことで一時的に解消されます。
けれども、毛根が残っているため、また同じように生えてきてしまい再発致します。


逆さまつげには、上記のように、
「まぶたが内側に入り込んでしまうために起こるもの」
もあります。

このタイプは小さな子供に起こりやすいです。
この場合は、成長することで自然と治ることがあります。


ちなみに、「肥満や加齢など」が逆さまつげの原因のことがあります。

------------------------------

「逆さ睫毛:さかさまつげ」の「治療戦略」には

1・内科的なあるいはその他の「対症療法」があります。
2・外科的な「根治療法」があります。
------------------------------




1・
1・内科的なあるいはその他の「対症療法」


外科的な治療の他に、「対症療法」
としてまつげパーマをかける方法があります。

これはしばらくの間はまつげが内側に向かないように
強制的にまつげに睫毛パーマをかけるものです。
ある程度の時間が経つと元に戻ってしまいますので、
定期的にまつげパーマをかける必要があります。



パーマをかけずにビューラーで上向きにさせることで対処することも可能です。
けれども、数時間で元に戻りますので、こまめにカールさせる必要があります。

自分でまつげを抜くかたがいます。けれどもよくはありません。
抜いた後の毛穴から炎症を起こしてしまうことがあります。
だから眼科で相談しながら行うことが一番よろしいでしょう。





2・外科的な「根治療法」
逆さまつげの手術

手術と聞くと大掛かりで怖い感じがするかもしれません。
けれども逆さまつげを根本的に治療するには一番効果的な治療なのです。

逆さまつげは薬やクリームなどで治療できるものではなく、
毛根の位置やまつ毛の生え方やまぶたの「病態」が根本的な原因です。

いくつかの治療法、対処法はあります。

定期的に継続して行わなければ再発してしまうものです。
逆さまつげをそのままにしておくと、視力低下を招く恐れもあります。
また、眼球や角膜を傷つけ、炎症を繰り返すと、角膜炎や角膜潰瘍にいたることもあります。




逆さまつげは手術することで根本的な治療が可能です。
生え方が内側に生えてしまっている場合は毛根をレーザーで焼く
などの治療があります。
逆さまつ げには肥満や加齢が原因でまぶたが下がって来るために起こるものもあります。
これは正常な位置にもどすように手術することが可能です。

プチ整形で二重にすることで改善されることもあります。
いずれも部分麻酔で安全に効果的に行われますので、
有効な治療法と言えるでしょう。


子供とりわけ乳幼児の場合は全身麻酔で行われます。
その分、リスクは大きくなってしまいます。


継続的な改善策で十分対処できるか、「眼科専門医先生」の「病態」
への懸念など総合的に判断した上で手術を決定致します。

逆さまつげといっても本人は非常に辛く煩わしいものです。
しかし、十分にケアすることで緩和させることが出来ます。
だから、悲観しないようにしましょう。


まずは信頼のおける眼科医あるいは形成外科医師
を見つけておくことが大切です。

逆さまつげの手術ですが費用は一般的に埋没法で5万程度、
二重の方法で15万程度となっていますが「御施設」によりさまざまですから
しっかり問い合わせされておいたほうが宜しいでしょう。

ちなみに
「逆さ睫毛:さかさまつげ」の手術の場合には成人は
局所麻酔で行えます。
けれども、少なくとも連日「3日間」の外来通院が必要です。

「小児」の場合には全身麻酔が必要ですから入院が必要です。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

成人で日帰り手術の一回というのは大変「危険=リスク」があります。



「逆さ睫毛:さかさまつげ」とは、
本来、外向きに生えて角膜(かくまく)(黒眼)に
は触れない睫毛(しょうもう)(まつ毛)が、
内向きに生えて角膜に当たり、角膜に傷をつくる場合を言います。



「逆さ睫毛:さかさまつげ」の原因について。
------------------------------

まつ毛が角膜方向を向く原因には、
1・
「まぶた自体が内向きにまくれ込んでいる
「眼瞼内反」と、
2・
「まぶたには問題なく、
毛根からのまつ毛の生え方がいびつで角膜側を向く「睫毛乱生」」とがあります。
3・
その他

------------------------------
1・
眼瞼内反には、先天性のものと加齢性(老人性)のものが多く、
いずれもまぶたの皮膚の過剰やたるみ、皮下の筋肉の筋力低下などによるものです。

さらにまた、先天性のもので、まぶたの内反の程度が軽く、
皮膚や皮下脂肪が過剰なため、まつ毛の生える方向が内向きである場合、
とくに睫毛内反と呼ぶことがあります。


また、これらのほかに、炎症などの結果、
まぶたが変形して起こる瘢痕性(はんこんせい)のものや、
まぶたがけいれんして起こるものなどを含めることがあります。


いずれも、ひと並びのまつ毛全体が角膜方向を向くので、
多くのまつ毛が角膜に当たることになります。

2・
一方、睫毛乱生は「眼瞼縁炎(がんけんえんえん)」など、
まつ毛の毛根部の炎症によって引き起こされることが多いです。

角膜に当たるまつ毛の数は1本のみの場合から多数の場合までいろいろです。


------------------------------



「逆さ睫毛:さかさまつげ」の「症状・症候」

乳幼児では
1・
瞬目過剰(しゅんもくかじょう)(まばたきが異常に多い)、
2・
羞明(しゅうめい)(光を異常にまぶしがる)、
3・
結膜充血(眼が赤い)、眼脂(がんし)(目やに)、
4・
流涙(りゅうるい)などを起こします。


2・
小児、成人では以上に加え、異物感、痛みなどを訴えます。








「逆さ睫毛:さかさまつげ」の検査と診断

診察で、
1・
まぶたの形状、まつ毛が角膜に接触していること、
2・
角膜の傷の程度などを診断致します。

常時まつ毛が角膜に接触している場合のほかに
、眼球運動やまばたきの強さ次第で、まつ毛が角膜に接触する場合
とがあります。




「逆さ睫毛:さかさまつげ」の治療の方法

1・
先天性の眼瞼内反・睫毛内反の場合、成長とともに1歳前後で自然に治ることが多いので、
それまでは抗生剤の点眼などで様子をみるのが普通です。

2・
2歳以上で治らない場合、
さらなる成長に伴い自然治癒することも期待できますが、
症状の強さ次第では手術を考えます。

3・
加齢性の眼瞼内反では、まつ毛を抜くと一時的に症状は改善しますが、
またまつ毛が生えると同じことの繰り返しになります。
また、抜くにしても、ひと並びのまつ毛全体を抜く苦痛も決して楽な「治療戦略」ではありません。
手術して治すほうが効果的です。

4・
睫毛乱生の場合
まつ毛を抜くと一時的に症状は改善しますが、
まつ毛が生えるとやはり同じことの繰り返しです。
抜く本数が少なくても、繰り返せば炎症を引き起こしたり、
さらに太いまつ毛が生えてくる場合もあります
(といわれますが実際これはあくまでも教科書的です)。

「根治療法」には手術が必要です。
睫毛電気分解(まつ毛の毛根を電気の針で焼く)や冷凍凝固を行います。
また内反症手術に準じた手術などが行われますが、
簡単には治らない場合もあります。






結論:
1・
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

2・
御相談者の御相談内容からは「逆さ睫毛:さかさまつげ」は
「「眼瞼内反」+「睫毛乱生」」」の両方の「要素」をもたれているように思われます

3・
根治手術が必要と判断致します。


4・
「逆さ睫毛:さかさまつげ」には大変な疼痛を伴います。
だから、診断の段階から、形成外科とペインクリニックの双方
からのアプローチが必要です。
この場合ペインクリニックでは
(「神経ブロック」といっても「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)
これらのことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

5・
「逆さ睫毛:さかさまつげ」の手術の場合には成人は
局所麻酔で行えます。
けれども、少なくとも連日「3日間」の外来通院が必要です。

「小児」の場合には全身麻酔が必要ですから入院が必要です。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

成人で日帰り手術の一回というのは大変「危険=リスク」があります。












この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=121
 です。

【120】 題名:悩みは、顔が赤くなること。 酒さの第2度と診断
相談者:匿名希望 年齢:49 性別:女性 地域:兵庫県 2014/01/05 (日)14:34:34
はじめまして、 
私は、兵庫県に住む42歳女で専業主婦です。


1. なやんでいることは、顔の赤いことです。 もともと、酒さのだい2ど。
昔から、頬と鼻がとくにあかく、長い間、にきびに悩み、毛穴がひらき
きった状態でした。

5年前 頬に できた赤黒いしみのようなもの?(本当は、化粧品かぶれ
かも知れません)の治療に皮膚科でもらった、
2種類。ハイドロキノンとビタミンC・をつけたところ。

余計に、顔が痛くなり かなりの激痛で、それ以来、
お化粧しても、顔がいたくなってしまうのです。
特に。痛かった部位は、余計に赤くなってしまったと思います。

しかし、もともと肌が汚いので、なかなか、すっぴんで外出するわけにはいかず
お化粧するのですが、また。顔が痛く赤くなるわけで、悪循環なのです。

おまけに、もともと顔が赤いですのに、何か。熱中していると、異常に赤くなり、
灼熱感があります。 暖房の部屋、お風呂あがりもそうです。

5年前のことがあってから、まえより赤くなるのです。
・おまけに、お化粧も、
毎日ではありませんが、しますので、、これも赤くなる原因だと思います。


2 私は。痛みに敏感なたちかもしれません。今でも、5年前の後遺症で、
顔が痛いときがあります。こんな私でも レーザーをうけられますか?
どんな人が。無理でしょうか?

また、複数の原因で、赤い場合は、レーザーは。どんな種類になりますか?

レーザーを受けて、何か支障があった人。体質とかあるのでしょうか?

おたずねします。 

お忙しいですのに。

お世話になります。ありがとうございました。
 
この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=120
 です。






これはさぞかし御心配であろうと存じます。

御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。



++++++++++++++++++++++

御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

典型的な「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
をおもちでいらっしゃるが。
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」を
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

「レーザー光照射」されるべきです。

「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」とりわけ
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」で。
=>
「脂腺疾患:しせんしっかん」である「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は「黒い」を
不活化していきます。

赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人のお顔であれば「レーザー光照射」直後から化粧が可能です。

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」には「副症状・副症候」があります。
=>
その最たるものがもぞもぞ感・ほてり感などの「感覚障害・知覚障害」
です。とりわけ「冬」の温度差でポッと赤くなります
(「illumination light syndrome:イルミネーション・ライト症候群」)


また。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」にて「レーザー光照射」の患者さん
の「初診のしおり」のようなものを付記致します。

「御遠方」からこられる患者さんは多いものです。
たまさか今現在は6名のかたが兵庫より。
御通院されています。

山本クリニック世田谷の美容外科は。
アットホームなクリニックです。
どうぞ「肩の荷」をおろされてお越しください。

綺麗に直したいものです。
私も頑張ります。

下記に順を追って御回答致します。

++++++++++++++++++++++






#1
##1
「はじめまして、
 私は、兵庫県に住む50さいの主婦です。


1. なやんでいることは、顔の赤いことです。 もともと、酒さのだい2ど。
昔から、頬と鼻がとくにあかく、長い間、にきびに悩み、毛穴がひらき
きった状態でした。

5年前 頬に できた赤黒いしみのようなもの?(本当は、化粧品かぶれ
かも知れません)の治療に皮膚科でもらった、
2種類。ハイドロキノンとビタミンC・をつけたところ。

余計に、顔が痛くなり かなりの激痛で、それ以来、
お化粧しても、顔がいたくなってしまうのです。
特に。痛かった部位は、余計に赤くなってしまったと思います。

しかし、もともと肌が汚いので、なかなか、すっぴんで外出するわけにはいかず
お化粧するのですが、また。顔が痛く赤くなるわけで、悪循環なのです。

おまけに、もともと顔が赤いですのに、何か。熱中していると、異常に赤くなり、
灼熱感があります。 暖房の部屋、お風呂あがりもそうです。

5年前のことがあってから、まえより赤くなるのです。
・おまけに、お化粧も、
毎日ではありませんが、しますので、、これも赤くなる原因だと思います。


2 私は。痛みに敏感なたちかもしれません。今でも、5年前の後遺症で、
顔が痛いときがあります。こんな私でも レーザーをうけられますか?
どんな人が。無理でしょうか?

また、複数の原因で、赤い場合は、レーザーは。どんな種類になりますか?

レーザーを受けて、何か支障があった人。体質とかあるのでしょうか?

おたずねします。 

お忙しいですのに。

お世話になります。ありがとうございました。」
との事です。









#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載の。
「症状・症候」からは「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
です。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の分類にはさまざまなものがありますが。

「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma)

の順序で「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の症候が強く
なるわけでは毛頭ありません。
何卒に何卒に御注意下さい。

##3
「もともと、酒さのだい2ど。
昔から、頬と鼻がとくにあかく、長い間、にきびに悩み、毛穴がひらき
きった状態でした。」
との事です。
=>##4

##4
「症状・症候」からは
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「病理学的分類」からは。
1・
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
2・
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
でいらっしゃるようです。









#3
##1
5年前 頬に できた赤黒いしみのようなもの?(本当は、化粧品かぶれ
かも知れません)の治療に皮膚科でもらった、2種類。ハイドロキノンと
ビタミンC・をつけたところ。余計に、顔が痛くなり かなりの激痛で、それ以来、
お化粧しても、顔がいたくなってしまうのです。」
との事です。

##2
これはとても大事なことですが。
=>##3

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害
を伴うことが特徴です。
場合により「冬場」には。
「疼痛」(多くは激痛ではありません)をともなうこともあります。




#4
##1

酒さには「感覚障害・知覚障害」が合併致します。

例外なくです。

##2
御高齢のかたほど、「感覚障害・知覚障害」は多くなり
症状も強くなる傾向があります。


##3
この酒さの「感覚障害・知覚障害」は顔面の正中にくる。
そして「レーザー光照射」を、すると「いてもたってもいられないくらい」
この、もぞもぞ、は患者さんにとって酷いものです。

##4
そして非常に症状の強い場合は「御婦人」に多いのである。
たとえば、

##5
「膀胱炎」だとおもって、「婦人科専門医先生」や「泌尿器科専門医先生」
を「御受診」されるかたすらあります。


##6
あるいは
また眼の「奥」がいたうなって「眼科専門医先生」を「御受診」
されるかたもいる。
そこまで「お顔」いがいにも症状はおよぶのである。






#5
##!
酒さの患者さんは「顔が1)赤い」といっても、
「より赤くなる」ことがあるのです。
この赤くなりかたに、「病態」として大きな特徴があるのです。
=>##2


##2
「illumination light syndrome:イルミネーション・ライト症候群」
といって、環境、とりわけ温度差のある場所への往復で、かおが赤くなったり、
白くなったりするのである。

##3
これは「酒さの「オン・アンド・オフ症候群」」とも呼称される。

##4
ちなみに、酒さになられるかたは例外なく
「御肌の地色」:バック・スキン・カラー・[BSC(back skinn color)」
が「白い。

##5
すなわち、色白なのである。
だから、酒さで「illumination light syndrome:イルミネーション・ライト症候群」
が出ている場合、患者さんの苦悩も大きいのです。


##6
具体的には。
1・暖房の風にあたると、赤くなる。
2・気分が高揚したり、びっくりしたりすると赤くなる。
3・お酒をのむと赤くなる。
4・風呂にはいると赤くなる。
5・会議ではなそうとすると赤くなる。
6・病院にきて診療室にはいると赤くなる。
7・その他
です。
このようなときに酒さの患者さんは赤くなります。

##7
酒さをお持ちでない方は
なんだそれは「誰でも同じことだろう」と考えられる
かもしれない。

##8
けれども、大違いです。
すでに赤い患者さんが、一瞬のうちに、ポッと赤くなるのです。
そして2-3分でゆっくりと、あるいはぽっと消えることもあります。

「誰でも同じことだろう」ではありません。

##9
みなさんは、酒さをもっていないと仮定致します。
お酒のグラスをもっただけで「赤くなりますか?」。
ならないと思います。






#6
##1
この酒さの「illumination light syndrome:イルミネーション・ライト症候群」
あるいは「オン・アンド・オフ症候群」は、
酒さのレーザー治療が相当すすんでも、なかなか改善しないことがあります。

##2
酒さそのものが多いに改善していても、
「illumination light syndrome:イルミネーション・ライト症候群」
あるいは「オン・アンド・オフ症候群」は、まだのこります。

##3
この「病態」を、深く御理解されていないとどのくらい
赤みがとれたかの、「評価」に影響を与えます。

##4
また、この「症状・症候」を酒さの患者さんによく「御説明」して、
「御理解」いただいておかないと「治っていない」と患者さんが
スランプになります。










#7
##1
「5年前・略・」の「症状・症候」の増悪の際には
「ハイドロキノン:hydroquinone」が用いられたとのことです。
=>##2

##2
「ハイドロキノン:hydroquinone」の剤形は
クリームでしょうか。軟膏でしょうか。%は?

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんに
「ハイドロキノンクリーム:hydroquinone cream」を用いることも
用いないこともあります。
=>##4

##4
多くの場合は「血管腫」と「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」なのに
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:teleangiectasia」=
「血管腫」と間違われて。
=>##5

##5
「血管腫」ではないのに。
「「血管腫」の「レーザー光照射装置」」である
「色素レーザー;ダイレーザー」或は
「Vビームレーザー」((「Vビームレーザー」を
「レーザー光照射」されて。


##6
酷い「色素増加症:(色素沈着症):hyper-pigmentation」
をおこすことがあります。


##7
酒さの患者さんは、「敏感肌」ですから、「お顔」にぬる
外用薬は、極めて厳選されたものでなくてはなりません。












#8
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」以外の「治療戦略」は
ありません。

##2
そして「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんの
「お顔」の皮膚に「外用薬」は
「非常に慎重にされたほうが良い」。

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「レーザー光照射」以外の「治療戦略」はありません。

##4
「外用薬」でよくなることは期待しえません。
あるいは「一切ありません」。











#9
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「脂腺疾患:しせんしっかん」です。

##2
よく「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:teleangiectasia」=
「血管腫」とまちがわれて。
「Vビームレーザー」の「レーザー光照射」をされると大変なことになります。
=>「皮下内出血」

##3
「私は。痛みに敏感なたちかもしれません。今でも、5年前の後遺症で、
顔が痛いときがあります。こんな私でも レーザーをうけられますか?
どんな人が。無理でしょうか?」

=>
もちろん「レーザー光照射」は可能です。
皆様・「皆御相談者と同じ「症状・症候」」から
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の「治療戦略」に入られます。

=>##4

##4
ここで
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「病態」
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」の方法。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」の
「レーザー光照射装置」の選択。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」による
「症状・症候」の改善の経過をお話ししなければなりません。

##5
とても長くなってしまいますから。
=>##5

##6
公式ホームページ
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html

よりはいられる
-------------------------------
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から。

1・
酒さは何故診断もレーザーも間違えられるのでしょう
[2] [2008年11月15日 22時25分42秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/200715558444248.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/200715558444248.html

2・
酒さの原因と。顔で酒さのできないところ教えて頂きたいのです。
[2] [2008年 9月 7日 17時45分 7秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/168472606063919.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/168472606063919.html

3・
私は酒さのようです。
[2] [2008年 9月 4日 16時49分11秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/502201349780993.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/502201349780993.html

4・
酒さで赤ら顔です山本クリニック山本先生のレーザーでの治り方
[2] [2008年 7月20日 16時53分31秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html

5・
57歳女性。赤ら顔・酒さです。レーザーというものの分類について。
[2] [2008年 3月23日 13時42分55秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/690195268326537.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/690195268326537.html
6・
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答」14
[2] [2008年 5月17日 21時 7分18
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html

-------------------------------

を御参照頂けますか。

##6
不躾お許し下さい。









#10
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」で
「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」であり。

##3
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」

「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
がおありのようです。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「部位と範囲」としては「実際はもっとひろい」と
考えます。










#11
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。

##2
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」を
まず「レーザー光照射」されるのが宜しいです。

##3
「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」をされると宜しいでしょう。

##4
QスイッチNd・YAGレーザーは操縦が非常に難しい
「Qスイッチレーザー光照射装置」です。

##5
だから、大変な経験が必要です。










#12
##1
「照射回(日)は週一回(日)のペース」で
(週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」)
で「レーザー光照射」を重ねていきます。

##2
1回数(日)の「御費用」は「5万円」です。
1回数(日)に。
「両側の「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」」
で。
10000「ショット」は必要です(「レーザー光照射」時間14分)

##3
「回数(日)」は32−36回数(日)は必要でしょう。
「照射回(日)は週一回(日)のペース」とすると
32−36週以上の「治療期間」は必要ですが。
みなさま「あっというまにたってしまいます」。

##4
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##5
莫大な「物凄いハイパワー」の「レーザー光照射」
にもかかわらず。
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
の場合。
=>##6

##6
赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人のお顔であれば「レーザー光照射」直後から化粧が可能です。











#13結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
典型的な「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」です。
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
をおもちでいらっしゃるが。
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」を
「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

「レーザー光照射」されるべきです。

##3
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」とりわけ
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」で。
=>##4

##4
「脂腺疾患:しせんしっかん」である「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は「黒い」を
不活化していきます。

##5
赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人のお顔であれば「レーザー光照射」直後から化粧が可能です。

##6
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」には「副症状・副症候」があります。
=>ps1

また。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」にて「レーザー光照射」の患者さん
の「初診のしおり」のようなものを付記致します。

##7
「御遠方」からこられる患者さんは多いものです。
たまさか今現在は6名のかたが兵庫より。
御通院されています。

##8
山本クリニック世田谷の美容外科は。
アットホームなクリニックです。
どうぞ「肩の荷」をおろされてお越しください。

##9
綺麗に直したいものです。
私も頑張ります。





上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

ps1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「副症状・副症候」
-------------------------------

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。



-------------------------------





ps2
-------------------------------


ps1
*「御費用(消費税込み)」について
の内訳です。
++++++++++++++++++++

###1
「レーザー外科」の
術前の臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査

###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)をはじめ
5種類のポストレーザーの医療用お化粧品

###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用

###4
ポストレーザー後の内服薬
スカベンジャーといいますが
1)ユベラニコチネート(ユベラは売薬)
2)ビタミンc
です。
「ビタンミンE+ニコチン酸:ユベラニコチネート」
「ビタミンC+パントテン酸:シナール」

「スカベンジャー」として用います。


###5
「レーザー治療」後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)

###6
照射回(日)修了後のアフターチエック(ご希望あれば何回でも
何年先までも無料です)
の全てを含めての「御費用」です。


###7
「難易度の高い形成外科」或は「美容外科」全般
ということになります。
当然のことながら100%実費に
なります。

###8
形成外科・美容外科の場合はそのつど
施術終了後お帰りになるときに当日の「御費用」を
お払いいただくこととしています。

###9
クレジット・カード或はローンは取り扱っておりません。
申し訳ございません。

###10
なお「御初診」の最初の日には
「御身元」の確認できえうもの
「運転免許証」「身分証明書」「パスポート」
「保険証」(用いません)をお持ちいただき
「診療録:カルテ」の「御身元」に間違いのないように
させて頂きます。


++++++++++++++++++++





ps2
御来院の方法について。
*1
++++
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線(けいおうせん)(新宿-八王子を結ぶ私鉄)
芦花公園(ろかこうえん)駅(各駅停車しかとまりません)の
北口(北口しか出口はありません。駅の出口は1つです)
に降りられましたらば。

北口駅前に「ありま」というカフエと「お蕎麦屋さん」のある
商店街を北に「30m」お進み下さい。

セブンイレブンと本屋さんのある交差点にでます。


ここが甲州街道旧道交差点です
(行き過ぎて甲州街道新道にいかれませんにょうに)。
ここから西をみると道路の北側に面して茶色の「6階建ての山本クリニックビル」
がもう見えます。

この交差点を「左に曲がり」「西に30m」いかれると「到着です」。
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)
の1−2階(300?)が病院です。

病院前の道路をはさんで正面=「反対側」に
専用駐車場があります。
道路の対側にはブルーのトタン屋根の物置と専用駐車場があります。
(道路の「はすかい」に「犬猫病院」が御座います。)

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車徒歩1分・旧甲州街道沿い
で道路の北側に面しています。


地図
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html


http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


*2
新宿駅から京王線で当院までお越しの患者さんの場合
は下記を御参照下さい。

東京駅から新宿駅までおこしください。
新宿駅では私鉄の京王線
http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.html
http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.html
で京王線芦花公園(ろかこうえん)駅の
「北口」で降りられて下さい。

各駅停車しかとまりません。

北口をおりられてから「北西」の方向直線距離100mの
ところに山本クリニックが御座います。
けれども他のかたのおうちをよこぎるわけにはいきませんから。

北口をおりられて北口商店街を30m北に進んでください。

そこでセブンイレクンと本屋さんのある交差点が「旧甲州街道」です。
ここを「西に」(左折する)と東西にはしる「旧甲州街道」の北側に面している
茶色の「6階建て」ビルが目に入ると思います。

これが山本クリニックビルです。

左折されて(「旧甲州街道」を西に向かわれて)30m西にいくと
山本クリニックです(勿論看板はでています)。
道路の反対側には専用駐車場があります。

山本クリニックの手前には小さなマーケットアーケード
があり自動販売機が
並んでいます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html
の真ん中の写真を御参考にされて下さい。







ps3
御予約について
++++++
完全予約制です。
朝9:00−正午(正確には10:50AM)
までが「脳神経外科専門医」としての患者さん
を拝見いたします。
他の御施設より1時間早く11:00(正確には10:50AM)
ー正午(正確には11:50AM)までが昼休みです。

勿論昼休みでも医療事務・受付嬢は常に電話に対応しています。

通常「レーザー外科・レーザー治療」の患者さんは
再診以後は11:20AMに到着していただき11:50AMから
「レーザー光照射」の履歴の古い
順番に「レーザー光照射」を行なっていきます。

但し初診のレーザーの患者さんの場合は
「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」の「症状・症候」
の拝見しまた「レーザー光照射装置」のオリエンテーションを
させて頂きますから9:50Mにお越し頂くようにご案内を
させて頂いております。
11:50ー13:00(14:00)pm弱までがレーザー治療・レーザー外科手術時間帯。
13:00時pmから再び「脳神経外科専門医」の時間に戻ります。

11:50amからレーザー外科の時間帯になり
概ね「御初診」の場合「レーザー光照射」は
12:30pmくらいから始まります。
「レーザー光照射」の時間は14分ですが
12:30pmから「御初診」のかたは「レーザー光照射」
が始まってからお帰りいただくまで1時間ほど
お時間を頂きます
(「1時間ほどお時間を頂きます」は再診の方も同様です。)


日曜・木様が休診日で御座います。
祝日は木曜日と重ならないときのみ診療を「休日体制」
としてご予約すみの患者さんのみ診療・「レーザー光照射」を
いたしていることが多いです。

++++++






------------------------------------------------------------
ps4

「レーザー光照射」の方法と実際。

##1
「レーザー光照射」の方法ですが
基本的には
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低36-40回(日)
は必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
或いは「病態」により40-46回数(日)は
必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##2
例えば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の場合など
「部位と範囲」が「面積的「病態」」の場合
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

###1
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」
以内であれば。
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

1回(日)の照射の「御費用」は5万円です。
この「部位と範囲」で「ショット数」は
1回(日)で5000ー10000「ショット」
です。

###2
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」を
こして「御顔の半分」までは
1回(日)の照射の「御費用」は8万円です。
(「部位と範囲」がひろい場合は「手のひら1枚分」(「5万円分」)の
最も「「御自分」で目立つと思われる「部位」」
に「絞られたほう」が宜しいです。)

###3
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「御顔全体」であれば
1回(日)の照射の「御費用」は16万円です。
(「部位と範囲」がひろい場合は「手のひら1枚分」(「5万円分」)の
最も「「御自分」で目立つと思われる「部位」」に
「絞られたほう」が宜しいです。)

##3
毎回「レーザー光照射」のたびに「御費用」を
戴くことになります。

##4
問題は今現在レーザー治療・レーザー外科は
「土曜日」は御予約が一杯の状態
であることが多いことなのです。
(今現在この状況は解決されてきつつあります。)
##5
また土曜日が「通常照射日」に設定される場合であっても。

##6
申し訳ないのですが原則として
第1日(初診レーザーぼ日)
は平日の9:50AMに到着していただきます。

「初診」の日から「レーザー光照射」をおこないます。

すなわち
第1日は平日の午前9:50AMに到着していただき
「症状・症候」を「サイリス=「レーザー外科」独特の顕微鏡(スイス製)」
で拝見して「レーザー光照射」のオリエンテーションを
させて頂きます。

この時間で「50分」位は必要です。
これが終了したら

11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。
順番をお待ちいただきます。

「レーザー光照射」時間は15分です。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。


##7
また再診以後は11:20AMに到着していただき
11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。

##8
「レーザー光照射」時間は15分ですが
「レーザー光照射」のあとに
「ヘルペス抗体価」の採血+
細胞外液の「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」
を行います。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##9
「初診」の「レーザー光照射」に関しては
ps1に御記載したとおりに準じます。
「臨床血液検査」にて肝炎抗原抗体検査その他「感染症臨床血液検査」
に加えて
「甲状腺機能異常」の有無その他を含めた
「内科的な背景要因」の有無と程度を完璧に行える
「臨床血液検査」を行い内科的・外科的に「臨床診断学」から
「検査」させて頂きます。
=>「御費用」の内訳にはいります。


##10
御予約の時間よりいくら早くおこし戴いてもかまいません。
遠方の方など待合室で「お弁当をたべられていらっしゃいます」
アットホームな環境です。
けれども逆に御予約の時間からは絶対に遅れないで下さい。


------------------------------------------------------------

ps5
##1
当院に通院されるレーザー治療・レーザー外科の
患者さんは「美容外科」に相応致します。

##2
このレーザー治療・レーザー外科の通院中の
「美容外科」
の患者さんが当院通院中に。
ちょっとした病気かなと思われたとき
「無料で外科・内科・耳鼻咽喉科」
の診療を致します。

##3
たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

##4
レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

##5
だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps6
「ps5は
お仕事の合間にあるいはお休みの日に
「レーザー光照射」をされるかたが
「御遠方」でも「お近く」でも
「御体調をきにされずに」安心して御通院いただきたいと
思う私の考えかたです。

たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps7

「御初診」「再診」に際してお持ちいただくもの。
1・ヘアバンド(「御婦人」・男性も!)
ヘアバンドをしていただき施術のときは「手術用ヘアキャップ」
をしていただきます。

2・
「さむいな」とおもわれたら
ながそでの「カーディガン」その他
(レーザールームは23度cです)

3・
クレンジングは山本クリニックで用意してあります。

4・
「御化粧室」(トイレです)はとても広く大きな化粧用ミラー
も「御化粧室」(トイレです)には何枚もあります。
(お一人用です)

5・
「御婦人」の「御化粧室」(トイレです)が「ふさがっている」
ときは「殿方用」をお使いいただいても構いません。
「殿方用」のほうがミラーは大きく多いです。
(お一人用です)

-------------------------------


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1(せたがやく みなみからすやま)

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp










この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=120
 です。
【119】 題名:QスイッチNd-YAGレーザーの名医の山本クリニック 世田谷
相談者:匿名希望 年齢:28 性別:女性 地域:兵庫県 2013/12/12 (木)14:52:25
QスイッチNd-YAGレーザーについて教えてください。
 
この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=119
 です。






「QスイッチNd-YAGレーザーについて教えてください。」
との事です。

Nd:YAGレーザー(ねおじむやぐれーざー)、
はYAGの結晶を製造する過程でイットリウムを数%のネオジム(元素記号Nd)で
ドープ(添加)した結晶を用いるYAGレーザーのことです。
研究開発、産業用、医療用レーザーとして最も多く用いられています。

最初のNd:YAGレーザーの運用は、Geusicらによって1964年にベル研究所で行われ
ました。

中心周波数はλ=1064nm、

波長に関しては
その他第一高調波=1064nm(ナノメーター)第二高調波=532nm(ナノメーター)、
第三高調波1064/3=354.7nm(ナノメーター)の波長で発振致します。

この「3つ」の波長のいずれもが重要な、レーザー治療の波長
であるという価値の高い「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」
です。



ここで「レーザー光照射」の一般論につき
お話致します。

++++++++++++++++++++++


「レーザー:LASER」とは
英語の
「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」
(光放射の強制誘導放出(放出とは一点に絞り込んだ放射の意味)
による光の増幅)
の頭文字をとったものです。
・・・などと 
本当に「何かの一つ覚え」のように「記載」
されています。



「レーザー:LASER」という語彙は「3つに」分解されます。
「LA」=「Light Amplification」=「光の増幅」+
「SE」=「by Stimulated Emission 」=「誘導放出による」+
「R」 =「of Radiation」」=「自然放出の」
です。


「レーザー:LASER」という語彙は
「3つに」分解されるのです。
この語源は「アルバート・アインシュタイン*」の
1917年の「光量子仮説」の論文では。

=>


-------------------------------
極めて判りやすくいえば
「「光」」には
「R」 =「of Radiation」」=「自然放出の」
の自然光がある。
けれども「光」の粒=「光子:photon:フオトン」を
すべからく「「波長;ラムダ:λ」をそろえれば」=
「コヒーレント(co-herent」=「一貫性を持つ」
その「光」は
「SE」=「by Stimulated Emission 」=「誘導放出による」
という人工的な「光」になるはずである。
これにより
「強い光」への
「LA」=「Light Amplification」=「光の増幅」
が可能である。
-------------------------------
です。






1・「LA」=「Light Amplification」+
2・「SE」=「by Stimulated Emission 」+
3・「R」 =「of Radiation」」



です。

1・「光の増幅」=「LA]
2・「誘導放出」=「SE]
3・「自然放出」=「R」
となります(後述)。



これらの
「レーザー:LASER」の語彙。
1・「LA」=「Light Amplification」
2・「SE」=「by Stimulated Emission 」
3・「R」 =「of Radiation」」
とはなんだろう?。
うがったことをお話しするようだが。

=>

現実の「レーザー光照射」の際に。
「お受けもちの先生」に質問或は聞かれてみれば。

「レーザー:LASER」というものを。
「お受けもちの先生」が
しっかりと教育されていらっしゃるかは。

=>

「伺えば」すぐに「判断」が
できるものです。




因みに
1973年ごろに
私の大学の同門のレーザーの先生が医局で講演を致しました。
その時の「質問」に。


「レーザー:LASER」とは
「英語の
「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」
(光放射の強制誘導放出(放出とは一点に絞り込んだ放射の意味)
による光の増幅)
の頭文字をとったものです」
に対して。


=>

「 Emission と Radiationは「どう違うのか」」という
質問がありました。
そのとき「不思議です」が

その先生は「解答できなかった」ことを記憶しています。

「SE」=「Stimulated Emission 」=誘導放出=自然界には存在しない光の動き」
「R」 =「oRadiation」」=放射=極く当たり前に自然界に存在する光の動き」
であり
「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」の

「 Stimulated Emission of Radiation」は

「Stimulated 」+「Emission 」of 「Radiation」
ではありません。






「レーザー:LASER」という語彙は
「3つに」分解されます。

1・「LA」=「Light Amplification」+
2・「SE」=「by Stimulated Emission 」+
3・「R」 =「of Radiation」」

「LA」は「光の増幅」であるからこれが可能であることを
予言したのは「アルバート・アインシュタイン*」(1917)
です。
-------------------------------
1・
「SE」は「誘導放出」ということ。この「光の「メカニズム」」を
発見したのは「アルバート・アインシュタイン*」(1917・1921ノーベル賞)
2・
「R」 は「*光の放出にも自然放出と誘導放出の二つの過程のなかの
     「自然放出」のこと。(1917・1921ノーベル賞)
-------------------------------


=>


こうすると「レーザー:LASER」の何から何までも
いずれも「アルバート・アインシュタイン*」が「存在を予言」
していたことがよくわかります







結局
「レーザー:LASER」の「歴史」は
1・
1917・1921に「アルバート・アインシュタイン*」
によりその「理論の尽く(ことごとく)」が存在が予言されていた。

2・
1954にタウンズ(Towns)が「光の変わりに」
「電磁波」で「メーザー(maser)」を完成させた。
「micro-wave-Amplification by Stimulated Emission of Radiation」=
「メーザー」という「ことば」は凄い事だが「タウンズ」が作った。


3・
1957年末に「Gould」とういう「大学院学生」が
「メ」を「レ」に置換えて(M=>L)
「レーザー:LASER」という「機器の名称特許」をとっていた。

4・
1960にメイマンによりルビーで(「ルビーレーザー:Ruby Laser」)が
「作成された」。
ということになるのです。

これが
「何かの一つ覚えのように言われる」
=>
「レーザー:LASER」とは
英語の
「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」
(光放射の強制誘導放出(放出とは一点に絞り込んだ放射の意味)
による光の増幅)
の頭文字をとったものです。 =>



「歴史」です。




「アルバート・アインシュタイン*」

アインシュタイン(Einstein)の光量子仮説が発表されました(1917)。
光量子仮説からは「光」の性質と共に。
光の放出にも自然放出と誘導放出の二つの過程があることが
明らかにされました*。

=>

この
<B>
「アルバート・アインシュタイン*」の
「誘導放出 」=「SE」=「Stimulated Emission 」
こそが。

「自然界には存在しない」「レーザー光ビーム」
なのです。


++++++++++++++++++++++
1921年にはノーベル物理学賞を受賞。
受賞理由は「光電効果の発見」によるものでした。

当時、
アインシュタインが構築した相対性理論#について
「ユダヤ的」であるとする批判があったようです。

ノーベル賞委員会は、
この批判を避けるために。

光電効果を受賞理由に挙げたと言われています。
++++++++++++++++++++++



(1921年「光電効果の発見」でノーベル賞:論文1917年)*
因みに
「アルバート・アインシュタイン*」は
「特殊相対性理論(1905年)」
「一般相対性理論:1905年の特殊相対性理論に続いて1915年〜1916年」
の「大理論」で「ノーベル賞受賞者」を「数個以上」は
貰えるはずです。

けれども
「20世紀最大の頭脳」とニューヨークタイムズ社
「man of the 20 C」評価された
「ノーベル賞受賞者」はレーザーの原理ともいうべき
「光電効果の発見」でした。

(日本講演での来日中の船上で受賞報告を
うけたため。「ノーベル賞受賞者」の授賞式に出席できぬ唯一の
「ノーベル賞受賞者」受賞者でもあります。)


++++++++++++++++++++++






<B>
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
-------------------------------
1・波長と
2・パルス幅

-------------------------------
によって決定されます。

</B>

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。

しばしば「レーザー光照射装置」の
「レーザー光ビーム」の「波長」に関して。

=>

よく「レーザー光ビーム」の
この波長は「黒」に反応するとか。
この波長は「赤」に反応するとかいわれますが。


ある意味ではこれは「勘違い」であり「間違い」です。
判りやすい「表現」ではあるけれども「間違い」です。
なぜかといえば
「レーザー光照射装置」によって「Qスイッチ」が付いていなければ
「レーザー光ビーム自体」=「極めて高いエネルギー:ハイパワー」
ですから。
「Qスイッチ」のついていない「パルスレーザー光照射装置」
は「波長;ラムダ:λ」特性よりも「「熱エネルギー」特性」
が「優位」にでるからです。






自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。




-------------------------------
「レーザー光ビーム」は距離の二乗に反比例するという
「RA]=「radiation」=「自然放出」の「光」の
「エネルギー」の減衰は致しません。

=>

理論的には「一本」の線状として無限のかなたまで
(宇宙空間であれば)「進み続けます」。

=>

このような「レーザー光ビーム」は
「物凄いハイパワー」であり。

=>
通常の「レーザー:LASER」の
「レーザー光ビーム」のみであれば。

=>

「Qスイッチ」がついていなければ
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」になり
「単純」なる「熱源」にならざるにすぎません。
-------------------------------


だから
「1ショット時間」の短いほど
具体的には
「Qスイッチ」がついていれば
「レーザー光ビーム」の「レーザー光照射装置」
の「色特性」がでることになります。

これにより。
=>

「ショット時間」=「パルス幅」が重要ということになります。





自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。




2・
パルス幅

パルス幅という用語は
「現実の臨床」の「レーザー光照射装置」
の場合。

=>

「Qスイッチレーザー」では用いられません。
このことは何卒に御銘記下さいませ。

「レーザー光照射装置」で「レーザー光ビーム」の
レーザー光を照射している「1ショット時間」の
時間のことをパルス幅といいます。


因みに
「パルス幅」のことを。
「写真を撮る場合のシャッタースピードのようなものです。」
と説明されることがあります。


=>

正確には「正しくありません」

=>
「Qスイッチ」は「ジャイアントパルス:giant pulse」
を「極少短時間」の「ショット時間」=「パルス幅」
で「レーザー光照射」する
「Qスイッチ」とはいわば「高速レーザー」の「エネルギースイッチ」のことです

=>

「「レーザー光照射」のパワー」の蓄積
があるか否かが
重要です・。


自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。

自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。



1−1・
「giant pulse;ジャイアント・パルス」の
「レーザー光ビーム」を
「1ショット時間」が「10億分の1秒」とは「光速度」でも
「光が30cmしか進めない時間」で。

=>

「レーザー光照射」の「1ショット」を行えるものは
「Qスイッチレーザー光照射装置」
=>
「「熱い」熱に化けない「レーザー光照射装置」」
です。








自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。


1−2・
「パワー」の「蓄積」なく
「msec:1/1000秒」で
「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は「パルスレーザー光照射装置」。
=>

「「熱い」熱に化けることが容易に理解できる「レーザー光照射装置」」
です。


パルス幅は、0.1秒=「パルスレーザー光照射装置」
とか一億分の1秒=「Qスイッチレーザー光照射装置」
というように、
その用途によって様々です。



パルス幅は、0.1秒=「パルスレーザー光照射装置」
のような「1ショット時間」=「パルス幅」が
「1/1000秒」=msec=ミリ・セコンド
の場合には。
「パルス幅」は「現実的な意味」をもちます。

現実的には
パルス幅とは。
「現実の臨床」の「レーザー光照射装置」
の場合。











自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。



「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
では無縁の「「変数」=「parameter:パラメター」」
です。


とりわけ
このパルス幅を10億分の1秒単位で制御できる
「Qスイッチ」が開発されています。
「Qスイッチレーザー光照射装置」による
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
はきわめて特殊です。
「超高速の「Qスイッチ」」は
「1ショット時間」が
「10億分の1秒」で「光速度」でも「光が30cmしか進めない時間」です。






自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。




確かに「レーザー光ビーム」の
「1ショット時間」=「パルス幅」ではあるけれども。
「超高速のQスイッチレーザー光照射装置」の「Qスイッチ」
がついている場合は
「1ショット時間」=「パルス幅」として
算術的に考えるのには無理があります。

だから
「Qスイッチ」の場合「1ショット時間」=「パルス幅」
は「Qスイッチ」の性能としては「用いても」。
しいて「Qスイッチ」の「1ショット時間」=「パルス幅」
とは論じません。







自然界には絶対存在し得ない人間の作った唯一の
「ひかり・光」である「LASER:レーザー」。


「ひかり・光」である「LASER:レーザー」
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
1・波長と
2・パルス幅によって決定されます。

これに「出力」が加味されます。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。



「超高速の「Qスイッチ」」は
「1ショット時間」が
「10億分の1秒」で「光速度」でも「光が30cmしか進めない時間」です。

「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」では
「レーザー光照射装置」の「レーザー光ビーム」は
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」という作用を
持ち熱には化けません。*
この「「熱い」熱に化けない「レーザー光照射装置」」
の「メカニズム」は極めて貴重なのです。



「レーザー光照射装置」として
「Qスイッチレーザー」
ではない「nonQレーザー」=
「パルスレーザー光照射装置」の
「レーザー光ビーム」は熱に化けます。

このような「nonQレーザー」として。
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」の
「パワーの出せない。
=>
「「熱い」熱に化けることが容易に理解できる「レーザー光照射装置」」
= 「パルスレーザー」」
の代表に。

「CO2(炭酸ガス)レーザー」があります。


一般に
「Qスイッチ」のついた「Qスイッチレーザー光照射装置」
は「「熱い」熱に化けない「レーザー光照射装置」」
です。
けれども「nonQレーザー:ノンキューレーザー」=
「Qスイッチ」のついていないない「レーザー光照射装置」
「パルスレーザー光照射装置」は
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」です。

「パルスレーザー光照射装置」=
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」でも
最も「有名な」。

「CO2(炭酸ガス)レーザー」などの
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」
は。

俗にいう
「レーザー・メス」「メス・レーザー」としてのみ
用いられます。
「「熱い」熱に化けることが容易に理解できる「レーザー光照射装置」」
であり「熱で切る」わけです。

「超高速の「Qスイッチ」」は
「1ショット時間」が
「10億分の1秒」で「光速度」でも「光が30cmしか進めない時間」です。

「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」では
「レーザー光照射装置」の「レーザー光ビーム」は
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」という作用を
持ち熱には化けません。*

=>

この「「熱い」熱に化けない「レーザー光照射装置」」
の「メカニズム」は極めて貴重なのです。

「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」
と呼称致します。

「photo−ablation:フオト・アブレーション」
(「ablation:フオト・アブレーション」であり
「アブユレージョン:aburasion:剥奪」ではありません)
=「光衝撃波(light shock wave:lsw)」
=「パッチング:patching:修復*」
「パッチウワーク」の「パッチング:patching:修復*」から来ています。
(パチパチ音がするからではありません)



「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」では
従来は治療が困難だった
広範囲の太田母斑などのレーザー治療が毎日*「レーザー光照射」」
でも可能になりました。

=>
但し。

「Qスイッチレーザー」でも
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」
の可能な「Qスイッチレーザー」が必要です。

=>



「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」
の場合は。


=>

-------------------------------
「1ショット時間」が「10億分の1秒」とは「光速度」でも
「光が30cmしか進めない時間」ですが。
=>
「10億分の1秒」単位で高エネルギーの「1ショット」を
毎秒10ショットする「高速レーザー」の「エネルギー・スイッチ」
である「Qスイッチ」の作動可能な「Qスイッチレーザー光照射装置」を。

「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」
と呼称致します。
-------------------------------


=>

赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から
「メイク」が可能です。

=>

因みに
「Qスイッチ」の「q」はレーザー物理学用語の「quality」
の「略語」ですが。
詳細は省略致します。




<B>
けれども
「Qスイッチ」
とりわけ
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の「感触」は「うけてみなければ」わかりにくいとは
考えます。

</B>


極めて判りやすくいえば
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の場合。

=>

「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「レーザー光照射」の「エネルギー」は凄まじいものです*。

=>

けれども「「熱い」熱に化けない「レーザー光照射装置」」
です。

「赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能で御座います」
という
ことになります。




ちょっと考えれば判ることですが
「レーザー光照射装置」から照射される「レーザー光ビーム」の
「エネルギー」は極めて強力です。
「レーザー光ビーム」の「波長;ラムダ:λ」が
いかほどであろうとも「熱「エネルギー」」に
化けやすい。
或は「熱エネルギー」に化けてしまう。
「熱エネルギー」にばけてしまうと。
「何かの一つ覚え」のように。
書かれている
「レーザー光ビーム」の「波長;ラムダ:λ」依存性の作用
は「なくなってしまいます」。


「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」
以外では
「nonQレーザー:ノンキューレーザー」=「Qスイッチ」のついていないない「レーザー光照射装置」
では必ずや「局所麻酔」を必要と致します。
その理由は「熱い」=「痛い」からです。



「nonQレーザー:ノンキューレーザー」
「Qスイッチ」のついていないない「レーザー光照射装置」=
「nonQレーザー:ノンキューレーザー」の「レーザー光照射」
の場合。

「パルスレーザー光照射装置」の「レーザー光照射」
の場合。

「nonQレーザー:ノンキューレーザー」=
 「パルスレーザー」は「熱」に化ける「レーザー光ビーム」
になります。
「レーザー光照射」に際して<B>「冷却」が必要です。</B>*
(「熱レーザー「レーザー光照射装置」」の場合
「・・クールcool」とか「クール・cool−」とか名称がよくつきます。 )

*臨界皮膚温度と呼称し45度cを超えないように
しなければなりません。


また
ガーゼや軟膏やばんそうこうを
「レーザー光照射」のあとの
「「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」」
の処置として必要とします。





「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の場合。

「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「レーザー光照射」の「エネルギー」は凄まじいものです。
けれども「「熱い」熱に化けない「レーザー光照射装置」」

<B>

「Qスイッチ」とは。最高性能の「Qスイッチ」は。
-------------------------------
「10億分の1秒」単位で高エネルギーの「1ショット」を
毎秒10ショットする「高速レーザー」の「エネルギー・スイッチ」
です。
-------------------------------
</B>

=>
「赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能で御座います」
という
ことになります。



但し
「Qスイッチレーザー」といってもぴんからきりまであります。

「Qスイッチ」=「キュースイッチ」が遅い
(例えば「1ショット時間」が「10億分の10秒」でなく
「1ショット時間」が「10億分の200秒」のように
遅い「Qスイッチレーザー」があります。

よく
俗にいう「脱毛レーザー:LASER」の
「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」に.
「Qスイッチ」=「キュースイッチ」の遅い*ものが
多いです。

「Qスイッチ」の「性能の悪い」=「遅い」

「Qスイッチレーザー光照射装置」は
「Qスイッチ」の性能により
「レーザー光照射装置」の価格は変わります。




-------------------------------

1・
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」は早い
「Qスイッチ」を備えています。「高額」です。

2・
「Qスイッチ」」が遅い「Qスイッチレーザー光照射装置」の価格は
は遥かに「安価」になります。

3・
「nonQレーザー:ノンキューレーザー」=
「Qスイッチ」のついていないない「レーザー光照射装置」=
「パルスレーザー光照射装置」はさらに「安価」になります。
-------------------------------



価格のほかに
「Qスイッチ」が早くなるということは
本体の励起媒体ロッド=「レーザー・ロッド」自体
「高出力」「高精度安定」である必要があり
これは「電力消費」の問題になってきます。




<B>
レーザーの性質は概ね次の2つの要素、
-------------------------------
1・波長と
2・パルス幅*によって決定されます。
-------------------------------
</B>

これに「出力」が加味されます。

レーザー治療・レーザー外科の
「レーザー光照射」の「レーザー光ビーム」に
関しては「重要」ではあるけれども。

パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。
パワー=「エネルギー」はあくまで「加味」です。

*パルス幅とは。
-------------------------------
1・
「パルスレーザー光照射装置」の場合には。
レーザー光を照射している時間のことをパルス幅といいます。
写真を撮る場合のシャッタースピードのようなものです。
(とよくたとえられます)
パルス幅は、0.1秒とか100万分の1秒というように、
その用途によって様々です。


2・
現実的には
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」*の場合は
「シャッタースピード」はあてはまりません。
-------------------------------


<span style="color:#FF0000;">
パルス幅とは。
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
では無縁の「「変数」=「parameter:パラメター」」
です。
無縁の「「変数」=「parameter:パラメター」」
のはずです。
</span>







「パルスレーザー光照射装置」の「1ショット時間」=「パルス幅」
が「「1/1000秒」=msec=ミリ・セコンド」単位です。


「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」の「1ショット時間」=「パルス幅」
は「極少短時間:ナノセック:nsec:10億分の1秒」単位です。

「極少短時間:ナノセック:nsec:10億分の1秒」=
「1ショット時間」が「10億分の1秒」とは。
「光速度」でも「光が30cmしか進めない時間」です。
この「極少短時間」に「物凄いハイパワー」の「1ショット」
をしてしまいます。

「「1ショット」時間の長さ」=「パルス幅」では
「「熱い」熱に化けない「レーザー光照射装置」」になります。
純粋の「レーザー光ビーム」の「エネルギー」。

「パルスレーザー光照射装置」と全くに異なる様相を呈してきます。



<B>

「1ショット時間」が「10億分の1秒」とは「光速度」でも
「光が30cmしか進めない時間」での「1ショット」
になるとレーザー物理学的には
「アルバート・アインシュタイン*」の世界の観点から
「エネルギー」を理解する必要もでてきます。

</B>
だから
現実的には
-------------------------------
1・
「パルスレーザー光照射装置」の「1ショット時間」=「パルス幅」
が「「1/1000秒」=msec=ミリ・セコンド」単位です。
2・
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」の「1ショット時間」=「パルス幅」
は「極少短時間:ナノセック:nsec:10億分の1秒」単位です。
-------------------------------

このように考えると。

パルス幅とは。
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
では無縁の「「変数」=「parameter:パラメター」」
です。


パルス幅に関して。
けれどもあえて
一部のレーザーではレーザー光が途切れない連続波
(モールス*でいう「CWです:continuous wavw」)を用います。

このような
「CWLaser:連続波レーザー」
「Qスイッチレーザー」に比較すれば。

=>

現実的には
「1ショット時間」
「「1/1000秒」=msec=ミリ・セコンド」
 「パルスレーザー」も
「CWLaser:連続波レーザー」と大差はありません。







++++++++++++++++++++++



現実的には
パルス幅とは。
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
では無縁の「「変数」=「parameter:パラメター」」
です。


<span style="background:#ff0">
------------------------------
1・
「パルスレーザー光照射装置」の「1ショット時間」=「パルス幅」
が「「1/1000秒」=msec=ミリ・セコンド」単位です。
2・
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」の「1ショット時間」=「パルス幅」
は「極少短時間:ナノセック:nsec:10億分の1秒」単位です。

「極少短時間:ナノセック:nsec:10億分の1秒」=
「1ショット時間」が「10億分の1秒」とは。
「光速度」でも「光が30cmしか進めない時間」です。
この「極少短時間」に「物凄いハイパワー」の「1ショット」
をしてしまいます。

------------------------------

</span>





パルス幅に関して。
けれどもあえて
一部のレーザーではレーザー光が途切れない連続波
(モールス*でいう「CWです:continuous wavw」)を用います。
「CWLaser:連続波レーザー」
「Qスイッチレーザー」に比較すれば
 「パルスレーザー」も
「CWLaser:連続波レーザー」と大差はありません。





「CWLaser:連続波レーザー光照射装置」の
「レーザー光照射」は今現在
「CWLaser:連続波レーザー光照射装置」自体が
「医療用」では用いられることはありません。


「テクニック」さえあれば・・。


「フット・スイッチ」の押し方次第で
「CWLaser:連続波レーザー」でも
「「1/1000秒」=msec=ミリ・セコンド」くらいの
「レーザー光ビーム」のコントロールは可能だからです。





「パルスレーザー光照射装置」=
「nonQレーザー:ノンキューレーザー」=
「Qスイッチ」のついていないない「レーザー光照射装置」
のことです。








「「熱い」熱に化けることが容易に理解できる「レーザー光照射装置」」
であり
これらの「パルスレーザー光照射装置」は
基本的には
「レーザー・メス」「メス・レーザー」です。
そして
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」です。

赤くなります・腫れます・痛いです。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から
判創膏奏功などの「ドレッシング・テクニック」
が必要です。










勿論 「パルスレーザー」の用い方にもよります。

用い方により=「テクニック」により。
 「パルスレーザー」は大いな「レーザー光照射装置」
となりえます。「テクニック」の問題です。


このような「レーザー光照射装置」は
これはレーザーメスといわれるものです。
また今現在では「パルスレーザー外科あるいはパルスレーザー治療」
は「レーザー・メス」「メス・レーザー」の「範疇(はんちゅう)」
と考えられるようになってきました。




極めて判りやすくいえば
レーザー治療・レーザー外科で行われる
「レーザー光照射」の場合。
-------------------------------
1・
「超高性能Qスイッチレーザー」による
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
と。
2・
 「パルスレーザー」による「レーザー光照射」での
「パルスレーザー外科あるいはパルスレーザー治療」
-------------------------------

この「2つ」は
全く「極めて」
「異なる」「レーザー光照射装置」ということです。


=>

本当に
「レーザー光照射装置」として
「Qスイッチ」それも
「超高性能Qスイッチレーザー」

ただの「パルスレーザー光照射装置」
とは。


=>

「海と山」の相違程」或はそれ以上の相違があります。

むしろ全くの別物と考えられます。





パルス幅に関して。

あえて
一部のレーザーではレーザー光が途切れない連続波
(モールス*でいう「CWです:continuous wavw」)を用います。
「CWLaser:連続波レーザー光照射装置」は
「パルスレーザー光照射装置」ではなく
むしろ工業用の鋼鉄の精密切断などに用いられます。

医療用として
「CWLaser:連続波レーザー光照射装置」が
用いられる場合は
「ソフト・レーザー光照射装置」=
「低出力」の場合のみです。



=>

「CWLaser:連続波レーザー」は
俗にいう美容外科や形成外科では用いない
「ソフト・レーザー光照射装置」=「極めて出力が低い」
「レーザー光照射装置」です。

=>

「温熱療法」等の「物理療法:ぶつりりょうほう」=
「リハビリなどで用いられる「物療:ぶつりょう」
或は「通販で販売されている」ような「家庭用」?
です。

(効果はありえません)







「レーザー光照射装置」による
「レーザー光照射」を受けられるときは。

-------------------------------
1・「ハードレーザー光照射装置」であるのか否かの確認
=>
2・「ハードレーザー光照射装置」であるのであれば
=>

<B>
-------------------------------
21・
「Qスイッチ」=「キュースイッチ」のついている「Qスイッチレーザー」
による「Qスイッチレーザー治療・外科」
=>
22・
「Qスイッチ」=「キュースイッチ」のついていない
「nonQレーザー:ノンキューレーザー」
による
「パルスレーザー外科あるいはパルスレーザー治療」
であるのか。
-------------------------------
</B>

必ず確認されて下さいまうように。








これは
身を守るためにも大変重要なことです。







パルス幅に関して。

あえて
一部のレーザーではレーザー光が途切れない連続波
(モールス*でいう「CWです:continuous wavw」)を用います。
「CWLaser:連続波レーザー」は
俗にいう美容外科や形成外科では用いない
「ソフト・レーザー光照射装置」=「極めて出力が低い」
「レーザー光照射装置」です。
「温熱療法」等の「物理療法:ぶつりりょうほう」=
「リハビリなどで用いられる「物療:ぶつりょう」
或は「通販で販売されている」ような「家庭用」?
(効果はありえません)











もとより
「レーザー光照射装置」が
「ソフト・レーザー光照射装置」であるのであらば
何らの形成外科・美容外科の「効果」は期待できません。

「ソフト・レーザー光照射装置」のことを
「内科的レーザー光照射装置」」*などと
<B>
煙にまかれることがあるから御注意下さい。
</B>






=>

この「内科的レーザー」とは日本のみで通用する
造語です。


どなたが作られたのかはわかりません。
ただ「このような用語」を作られるとは。

=>

「大変な「俗物」な方」であると想います。
どなたが作られたのかはわかりません。

=>
多分に医師のかたであろうと思われます。



=>

今現在
「内科専門医先生」は循環器では[循環器外科」
を上回る「カテーテル」によるコイルの打ち込み或は「血管内手術」
もされ。
また「呼吸器内科専門医先生」は気管支鏡をあやつり
呼吸器外科を上回ります。

=>
「外科が手術をして
内科は「薬」でなおす」は1960年代のことです。



この「内科的レーザー」とは日本のみで通用する
造語です。



++++++++++++++++++++++





「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
代表的には1064nmという波長を出します。
第I高調波(FHG)

波長を半分に変換できる
KTP結晶を組み込んで
、532nmの波長も出すことができる機能を持った
「QスイッチNd・YAG」
「QスイッチNd・YAGレーザー(
Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
もあります。


「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
の。
第I高調波=第I高調波(FHG)である
基本波長の1064nm(ナノメーター)は最も使用頻度の
高い「「波長;ラムダ:λ」で。

<B>
-------------------------------
1・
強い「バウンド力」から「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」には
圧倒的な強みをみせます。
-------------------------------

</B>

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
「傷痕レーザー外科」
「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 のレーザー治療・レーザー外科
など
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」系の
「病態」に対応致します。





また「メラニン色素系の「病態」」にも
「メラニン蒸散」により圧倒的な強みをみせます。
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
「Becker母斑:ベッカー母斑」など。

或は
俗にいう「ほくろ」などです。







第2高調波(SHG)



「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
代表的には1064nmという波長を出します。
第I高調波(FHG)



波長を半分に変換できる
KTP結晶を組み込んで
、532nmの波長も出すことができる機能を持った
「QスイッチNd・YAG」
「QスイッチNd・YAGレーザー(
Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
もあります。
第2高調波(SHG)









「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

532nmの波長は、
1・
メラニン色素に反応するとともに、
2・
ヘモグロビンの赤い色素にも
反応しますので、
「赤色」に反応致します。
「赤あざ」「血管腫」の治療に使用されます。




さらに
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

1/3波長x1064nmの357nm波長も励起しうる
「QスイッチNd・YAG」
もあります。
第3高調波THG・。
この場合
「レーザー光照射」の「テクニック」
の難易度は高いですが
ある「病態」に利用されることがあります(「省略」)*。
「吹き出物レーザー」として。
「尋常性痊瘡(ざそう)」=「にきび」
「吹き出物」「ふきでもの」「吹出物」「吹出もの」
に想像を絶する「効果」を発揮致します。


++++++++++++++++++++++


「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」で
「3種類」の波長を使いこなします。

(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
1・代表的には1064nmという
波長を出します。
2・532nmの波長をも出すことが
できる機能を持ったもったものもあります
3・1/3波長x1064nmの波長
の全てを含めて。

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
としては。

「第1高調波(FHG) 」
「第2高調波(SHG)」
「第3高調波(THG)」
のすべてを含めて「3種類」




「総計6つの
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
の「レーザー光照射装置」を
使いこなします。








東京 都 世田谷 区山本クリニックでは
さまざまな「ハードレーザー光照射装置」を用います
(「トータル・レーザー・テクニック:total LASER technique」*。



あるいは
「multi-LASER technique :マルチ・レーザー・テクニック」












「トータル・レーザー・テクニック:total LASER technique」
のさまざまな「ハードレーザー光照射装置」
の中でも。

「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」

その他。

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
だけでも。
「マルチQスイッチレーザーテクニック:multi-Q switched Laser technique:MQST」
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー
:ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
として。





「6機種」の
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
を用います。





「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
((「ミ」を省いて(ネオジウム・ヤグ・レーザー)と
呼称されることもあります。













医療用「レーザー光照射装置」を。

様々な医学的観点
=実用性・強力性・有効性・パワー・精度
などの観点からみるのであれば。

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
は「レーザー光照射装置」の「最高峰」であることは
間違いありません。
ヴアイオリンにたとえれば。
「Antonio Stradivarius:アントニオ・ストラディバリウス」
曰く
「ストラデイバリウス」です。
「レーザー光照射装置」の「ストラデイバリウス」と呼ばれています。
操縦(演奏秘術)には大変な「熟練」を必要と致します。



「多波長QスイッチNd・YAGレーザー
(多波長Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
勿論「レーザー光照射装置」としての
価格も「最高峰」です。
「レーザー光照射装置」の「ストラデイバリウス」と呼ばれています。
操縦は大変な「熟練」を必要と致します。
「レーザー光照射装置」としての価格も
「Antonio Stradivarius:アントニオ・ストラディバリウス」
「Antonio Stradivari:アントニオ・ストラディバリ」
同様に「最高」に高額です。


勿論「レーザー光照射装置」が「最高峰」であっても。
「レーザー光照射装置」が「最高峰」であっても
施術をする「レーザー光照射専門医」
(この名称の専門医はありません)
の医師の技量が伴わないのであれば。



ただの「レーザー光照射装置」のままです。
ただの「レーザー光照射装置」が「ある」だけです。



webサイトを拝見して「ほこりをかぶっている
「レーザー光照射装置」?はすぐわかります。

webサイトを拝見してこの「レーザー光照射装置」は
使われていないな・はすぐわかります。

文字通り「ほこり」がみえるのです。
動いている「レーザー光照射装置」の輝きがないです。


時として
操作技量がないのに
「難易度の高い「レーザー光照射装置」」を
もたれている事例もあります。

お金を払えば医療施設では「購入」できます。
(「レーザー光照射装置の製造メーカー」の業者さんはこのあたりを
よくみぬいて場合によっては販売にいたらない場合もあります)
このような
超高性能の「レーザー光照射装置」の購入は一種の「宣伝効果」です。
購入したあとはそのまま「ほこりをかぶったまま」です。

<B>
「ほこりをかぶる」のが目に見えていたら。
「レーザー光照射装置の製造メーカー」の業者さんは「機器」に愛着を
もっていますから。

はじめから「レーザー光照射装置の製造メーカー」での
欠陥品を「実験用」として「安価」に購入することを
すすめます。
(このような場合「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」
であれば。
ただの
「Qスイッチレーザー」という名称になります。
=>
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。












この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=119
 です。
 
【118】 題名:右頬に4cmの丸い扁平母斑を山本クリニック 世田谷に御願い
相談者:匿名希望 年齢:35 性別:女性 地域:愛知県 2013/11/21 (木)14:56:06
35歳女性、愛知県在住です。

右頬に4cmの丸い扁平母斑があり
東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生
にレーザーを御願いしようと思っております。

そして
レーザーの専門性の高い山本先生の相談掲示板の解答を
拝見させていただいております。
山本先生にレーザーを御願いしようと決断しております。
時間を調整中です。

そこでひとつ教えて頂きたいのですが。

レーザーでたとえば茶あざの治療をしようとすると
クリニックにより費用が安い先生から高い先生と
実にさまざまです。

この費用の差はどこからくるものでしょうか。

お忙しいところをぶしつけな御相談ですみません。
お手すきのときで構いません。
御返事をいただければ嬉しいです。
 

この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=118
 です。





とても興味深い御相談であり御回答にあたり
なかなか表現に困難ないわく言いがたい難しさ
のある御相談です。




++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。


とても興味深い御相談であり御回答にあたり
なかなか表現に困難ないわく言いがたい難しさ
のある御相談です。

御回答として書き表せないものもありでしょう。

下記のような御回答しか出来ません。申し訳ございません。
この御回答が何がしかのお役に立てば何よりで御座います。

「レーザーの専門性の高い山本先生の相談掲示板の解答を
拝見させていただいております。
山本先生にレーザーを御願いしようと決断しております。
時間を調整中です。」
との事です。
=>
有難うございます。
綺麗に治したいですね。
そのためには
私も「まな板の上の鯉」にならなければなりません。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++








#1
##1
35歳女性、愛知県在住です。

右頬に4cmの丸い扁平母斑があり
東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生
にレーザーを御願いしようと思っております。

そして
レーザーの専門性の高い山本先生の相談掲示板の解答を
拝見させていただいております。
山本先生にレーザーを御願いしようと決断しております。
時間を調整中です。

そこでひとつ教えて頂きたいのですが。

レーザーでたとえば茶あざの治療をしようとすると
クリニックにより費用が安い先生から高い先生と
実にさまざまです。

この費用の差はどこからくるものでしょうか。
お忙しいところをぶしつけな御相談ですみません。
お手すきのときで構いません。
御返事をいただければ嬉しいです。」
との事です。












#2
##1
施設によるある特定の「病態」に対する「レーザー光照射」
を行う歳に「発生する費用」の「内訳」というよりは。

##2
「施設により「レーザー光照射」の費用の差」は
何故発生するかという御相談と仮定させて頂きます。

##3
「レーザー光照射装置」を用いて美容外科・形成外科の先生が
「レーザー光照射」を行う場合
------------------------------
1・難しい「レーザー光照射」の方法をとる。
仮に「レーザー光照射」による
副作用=「色素沈着」の「危険=リスク」が「0」でなくても
「治せるだけ治そう」とすれば「難しい「レーザー光照射」の方法」
になります。

2・安易な「レーザー光照射」の方法をとる。
あたらずさわらずで「治すというよりは「レーザー光照射」を強調」
して「面倒な「テクニック」は避ける」とすれば

「あたらずさわらずで」となり「簡単な「レーザー光照射」の方法」
になります。
------------------------------

##4
##3の「要素」は「レーザー光照射装置」を用いての「レーザー光照射」
にあたり「最も根源的な「Dr’s mind」=「ドクターズ・マインド」」
の問題です。

##5
「レーザー光照射」によるレーザー治療・レーザー外科は
明らかに外科ですから外科的観点から
「お受けもちの先生」が「Dr’s mind」=「ドクターズ・マインド」
が「あたらずさわらず」であれば
費用は当然安くなると考えられます。

##6
「レーザー光照射」によるレーザー治療・レーザー外科は
明らかに外科ですから外科的観点から
「お受けもちの先生」が「Dr’s mind」=「ドクターズ・マインド」
が「積極的に治してさしあげよう」であれば
費用は当然高額になるでしょう。











#3
##1
すべからくは#2につきると思います。

##2
「Dr’s mind」=「ドクターズ・マインド」が
「ポジティブ」で
「お受けもちの先生」が「Dr’s mind」=
「ドクターズ・マインド」が
「積極的に治してさしあげよう」
であれば
元来
「レーザー光照射装置」を用いての「レーザー光照射」は
「つらくハードなもの」ですから
「御費用」は高くなります。

##3
「Dr’s mind」=「ドクターズ・マインド」が
「ネガティブ」で
「お受けもちの先生」が「Dr’s mind」=
「ドクターズ・マインド」が「あたらずさわらず」
であれば
「レーザー光照射」は
「つらくハードなもの」にはなりえませんから
「御費用」は安くなるはずです。










#4
##1
「お受けもちの先生」が「Dr’s mind」=
「ドクターズ・マインド」が「積極的に治してさしあげよう」
と考えたらば。
適切な表現が思い浮かばないのですが
患者さんに対して「とことん」責任をもった「レーザー光照射」
を行うでしょう。

##2
「お受けもちの先生」が「Dr’s mind」=
「ドクターズ・マインド」が「あたらずさわらず」
と考えたらば。
これも適切な表現が思い浮かばないのですが
患者さんに対して「レーザー光照射」を行った結果
おもいどおりにいかない場合
「安価」な費用」=「やすいなあ!」であるから
と「言い逃れる」ことができます。

誠に適切な表現が思い浮かばないのですが。

##3
いきおい患者さんのほうも
「安価」な費用」=「やすいなあ!」とのことであれば
「まあしかたないか」と考えるのではないでしょうか。

##4
「奇麗にする」の「奇麗」は感覚量であり。
しかも
「各人によって「奇麗」の感覚量」は「質」「量」ともに
異なるでしょう。









#4
##1
患者さんのサイドからみて「間違いやすい」ことは
「レーザー光照射」は「手術」と同じです。

##2
ただ「レーザー光ビーム」を「照射」しているわけでは
ありません。

##3
一見簡単そうに見えるかもしれませんが
「レーザー光照射装置」を用いての「レーザー光照射」は
「術者」=「第1執刀医」として
「大変な労力」をまた「術中の高度な判断」を必要と
致します。

##4
実際に「レーザー光照射」でのレーザー・レーザー治療・レーザー外科
を開始して「新たな「病態」」が問題となり
「レーザー光照射」の施術回数を
「増やさざるをえない」こともあります。









#5
##1
レーザー・レーザー治療・レーザー外科といっても
「レーザー外科専門医(この名前の専門医はいません)」の
駆使する「レーザー光照射装置」は
「マルチレーザーテクニック」としての「組み合わせ」まで
考えれば
「非常に多くの機種」或は「機種の組み合わせ」があります。

##2
「ハードレーザー光照射装置」の場合
「レーザー光ビーム」が「焦点」を結べば
「太陽の表面の数十億倍の「エネルギー」」になります。
(タウンズらの計算)

##3
このような「ハイパワー」の「レーザー光ビーム」を生み出し
「レーザー光照射」部位まで誘導する「レーザー光照射装置」の
「部品」は極めて「劣化が早い」のです。

##4
四六時中「レーザー外科専門医(この名前の専門医はいません)」は
「レーザー光照射装置」の「メインテナンス」を
御願いして。
「レーザー光照射装置」が。
極めて精密かつ正確な「レーザー光ビーム」を出力するように
維持しなくてはなりません。
けれどもこの「メインテナンス」料金は「極めて高額」
なのです。
(「メインテナンス」といっても「精密メインテナンス」
の意味です)

##5
「メインテナンス」をしなければ
「レーザー光照射装置」の「パワー」と「質」はあっというまに半分以下
に落ちてしまうでしょう。

##6
けれども本邦では超精密光学機器である「レーザー光照射装置」の
四六時中のオンラインかつ精密な「メインテナンス」をされている先生は
極めて少ないと思います。

##7
名前は変わらないが「レーザー光照射装置」の質は低下すれば
「正しい「レーザー光ビーム」」はでないにきまっています。










#6
##1
結局
1・
「レーザー外科専門医(この名前の専門医はいません)」の
「Dr’s mind」=「ドクターズ・マインド」
2・
「レーザー光照射装置」の「メインテナンス」の「有無」
3・
その他
により「必要経費」はかわってきますから
「御費用」の「差」の最も大きいところとなります。

##2
「レーザー光照射」を行う施設の「経営的な考え方」も
あるかもしれません。

##3
「レーザーの専門性の高い山本先生の相談掲示板の解答を
拝見させていただいております。
山本先生にレーザーを御願いしようと決断しております。
時間を調整中です。

そこでひとつ教えて頂きたいのですが。

レーザーでたとえば茶あざの治療をしようとすると
クリニックにより費用が安い先生から高い先生と
実にさまざまです。

この費用の差はどこからくるものでしょうか。」
との事です。

##4
結局このような御回答しかできそうにありません。












#7結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
とても興味深い御相談であり御回答にあたり
なかなか表現に困難ないわく言いがたい難しさ
のある御相談です。


##3
上記御回答致しました。

##4
御回答として書き表せないものもあります。

##5
このような御回答しか出来ません。申し訳ございません。

##6
この御回答が何がしかのお役に立てば何よりで御座います。

##7
「レーザーの専門性の高い山本先生の相談掲示板の解答を
拝見させていただいております。
山本先生にレーザーを御願いしようと決断しております。
時間を調整中です。」
との事です。
=>
有難うございます。

##8
綺麗に治したいですね。
私も頑張ります。














ps1
*「御費用(消費税込み)」について
の内訳です。
++++++++++++++++++++

###1
「レーザー外科」の
術前の臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査

###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)をはじめ
5種類のポストレーザーの医療用お化粧品

###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用

###4
ポストレーザー後の内服薬
スカベンジャーといいますが
1)ユベラニコチネート(ユベラは売薬)
2)ビタミンc
です。
「ビタンミンE+ニコチン酸:ユベラニコチネート」
「ビタミンC+パントテン酸:シナール」

「スカベンジャー」として用います。


###5
「レーザー治療」後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)

###6
照射回(日)修了後のアフターチエック(ご希望あれば何回でも
何年先までも無料です)
の全てを含めての「御費用」です。


###7
「難易度の高い形成外科」或は「美容外科」全般
ということになります。
当然のことながら100%実費に
なります。

###8
形成外科・美容外科の場合はそのつど
施術終了後お帰りになるときに当日の「御費用」を
お払いいただくこととしています。

###9
クレジット・カード或はローンは取り扱っておりません。
申し訳ございません。

###10
なお「御初診」の最初の日には
「御身元」の確認できえうもの
「運転免許証」「身分証明書」「パスポート」
「保険証」(用いません)をお持ちいただき
「診療録:カルテ」の「御身元」に間違いのないように
させて頂きます。


++++++++++++++++++++





ps2
御来院の方法について。
*1
++++
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線(けいおうせん)(新宿-八王子を結ぶ私鉄)
芦花公園(ろかこうえん)駅(各駅停車しかとまりません)の
北口(北口しか出口はありません。駅の出口は1つです)
に降りられましたらば。

北口駅前に「ありま」というカフエと「お蕎麦屋さん」のある
商店街を北に「30m」お進み下さい。

セブンイレブンと本屋さんのある交差点にでます。


ここが甲州街道旧道交差点です
(行き過ぎて甲州街道新道にいかれませんにょうに)。
ここから西をみると道路の北側に面して茶色の「6階建ての山本クリニックビル」
がもう見えます。

この交差点を「左に曲がり」「西に30m」いかれると「到着です」。
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)
の1−2階(300?)が病院です。

病院前の道路をはさんで正面=「反対側」に
専用駐車場があります。
道路の対側にはブルーのトタン屋根の物置と専用駐車場があります。
(道路の「はすかい」に「犬猫病院」が御座います。)

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車徒歩1分・旧甲州街道沿い
で道路の北側に面しています。


地図
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html



http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


*2
新宿駅から京王線で当院までお越しの患者さんの場合
は下記を御参照下さい。

東京駅から新宿駅までおこしください。
新宿駅では私鉄の京王線
http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.html
で京王線芦花公園(ろかこうえん)駅の
「北口」で降りられて下さい。

各駅停車しかとまりません。

北口をおりられてから「北西」の方向直線距離100mの
ところに山本クリニックが御座います。
けれども他のかたのおうちをよこぎるわけにはいきませんから。

北口をおりられて北口商店街を30m北に進んでください。

そこでセブンイレクンと本屋さんのある交差点が「旧甲州街道」です。
ここを「西に」(左折する)と東西にはしる「旧甲州街道」の北側に面している
茶色の「6階建て」ビルが目に入ると思います。

これが山本クリニックビルです。

左折されて(「旧甲州街道」を西に向かわれて)30m西にいくと
山本クリニックです(勿論看板はでています)。
道路の反対側には専用駐車場があります。

山本クリニックの手前には小さなマーケットアーケード
があり自動販売機が
並んでいます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html
の真ん中の写真を御参考にされて下さい。







ps3
御予約について
++++++
完全予約制です。
朝9:00−正午(正確には10:50AM)
までが「脳神経外科専門医」としての患者さん
を拝見いたします。
他の御施設より1時間早く11:00(正確には10:50AM)
ー正午(正確には11:50AM)までが昼休みです。

勿論昼休みでも医療事務・受付嬢は常に電話に対応しています。

通常「レーザー外科・レーザー治療」の患者さんは
再診以後は11:20AMに到着していただき11:50AMから
「レーザー光照射」の履歴の古い
順番に「レーザー光照射」を行なっていきます。

但し初診のレーザーの患者さんの場合は
「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」の「症状・症候」
の拝見しまた「レーザー光照射装置」のオリエンテーションを
させて頂きますから9:50Mにお越し頂くようにご案内を
させて頂いております。
11:50ー13:00(14:00)pm弱までがレーザー治療・レーザー外科手術時間帯。
13:00時pmから再び「脳神経外科専門医」の時間に戻ります。

11:50amからレーザー外科の時間帯になり
概ね「御初診」の場合「レーザー光照射」は
12:30pmくらいから始まります。
「レーザー光照射」の時間は14分ですが
12:30pmから「御初診」のかたは「レーザー光照射」
が始まってからお帰りいただくまで1時間ほど
お時間を頂きます
(「1時間ほどお時間を頂きます」は再診の方も同様です。)


日曜・木様が休診日で御座います。
祝日は木曜日と重ならないときのみ診療を「休日体制」
としてご予約すみの患者さんのみ診療・「レーザー光照射」を
いたしていることが多いです。

++++++






------------------------------------------------------------
ps4

「レーザー光照射」の方法と実際。

##1
「レーザー光照射」の方法ですが
基本的には
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低36-40回(日)
は必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
或いは「病態」により40-46回数(日)は
必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##2
例えば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の場合など
「部位と範囲」が「面積的「病態」」の場合
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

###1
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」
以内であれば。
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

1回(日)の照射の「御費用」は5万円です。
この「部位と範囲」で「ショット数」は
1回(日)で5000ー10000「ショット」
です。

###2
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」を
こして「御顔の半分」までは
1回(日)の照射の「御費用」は8万円です。
(「部位と範囲」がひろい場合は「手のひら1枚分」(「5万円分」)の
最も「「御自分」で目立つと思われる「部位」」
に「絞られたほう」が宜しいです。)

###3
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「御顔全体」であれば
1回(日)の照射の「御費用」は16万円です。
(「部位と範囲」がひろい場合は「手のひら1枚分」(「5万円分」)の
最も「「御自分」で目立つと思われる「部位」」に
「絞られたほう」が宜しいです。)

##3
毎回「レーザー光照射」のたびに「御費用」を
戴くことになります。

##4
問題は今現在レーザー治療・レーザー外科は
「土曜日」は御予約が一杯の状態
であることが多いことなのです。
(今現在この状況は解決されてきつつあります。)
##5
また土曜日が「通常照射日」に設定される場合であっても。

##6
申し訳ないのですが原則として
第1日(初診レーザーぼ日)
は平日の9:50AMに到着していただきます。

「初診」の日から「レーザー光照射」をおこないます。

すなわち
第1日は平日の午前9:50AMに到着していただき
「症状・症候」を「サイリス=「レーザー外科」独特の顕微鏡(スイス製)」
で拝見して「レーザー光照射」のオリエンテーションを
させて頂きます。

この時間で「50分」位は必要です。
これが終了したら

11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。
順番をお待ちいただきます。

「レーザー光照射」時間は15分です。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。


##7
また再診以後は11:20AMに到着していただき
11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。

##8
「レーザー光照射」時間は15分ですが
「レーザー光照射」のあとに
「ヘルペス抗体価」の採血+
細胞外液の「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」
を行います。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。

##9
「初診」の「レーザー光照射」に関しては
ps1に御記載したとおりに準じます。
「臨床血液検査」にて肝炎抗原抗体検査その他「感染症臨床血液検査」
に加えて
「甲状腺機能異常」の有無その他を含めた
「内科的な背景要因」の有無と程度を完璧に行える
「臨床血液検査」を行い内科的・外科的に「臨床診断学」から
「検査」させて頂きます。
=>「御費用」の内訳にはいります。


##10
御予約の時間よりいくら早くおこし戴いてもかまいません。
遠方の方など待合室で「お弁当をたべられていらっしゃいます」
アットホームな環境です。
けれども逆に御予約の時間からは絶対に遅れないで下さい。


------------------------------------------------------------

ps5
##1
当院に通院されるレーザー治療・レーザー外科の
患者さんは「美容外科」に相応致します。

##2
このレーザー治療・レーザー外科の通院中の
「美容外科」
の患者さんが当院通院中に。
ちょっとした病気かなと思われたとき
「無料で外科・内科・耳鼻咽喉科」
の診療を致します。

##3
たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

##4
レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

##5
だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps6
「ps5は
お仕事の合間にあるいはお休みの日に
「レーザー光照射」をされるかたが
「御遠方」でも「お近く」でも
「御体調をきにされずに」安心して御通院いただきたいと
思う私の考えかたです。

たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps7

「御初診」「再診」に際してお持ちいただくもの。
1・ヘアバンド(「御婦人」・男性も!)
ヘアバンドをしていただき施術のときは「手術用ヘアキャップ」
をしていただきます。

2・
「さむいな」とおもわれたら
ながそでの「カーディガン」その他
(レーザールームは23度cです)

3・
クレンジングは山本クリニックで用意してあります。

4・
「御化粧室」(トイレです)はとても広く大きな化粧用ミラー
も「御化粧室」(トイレです)には何枚もあります。
(お一人用です)

5・
「御婦人」の「御化粧室」(トイレです)が「ふさがっている」
ときは「殿方用」をお使いいただいても構いません。
「殿方用」のほうがミラーは大きく多いです。
(お一人用です)

-------------------------------









上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。







この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=118
 です。
【117】 題名:幼少より、500円玉大の青あの蒙古斑が消えずに残っています
相談者:匿名希望 年齢:36 性別:女性 地域:岡山県 2013/11/17 (日)14:54:21
山本博昭 先生

HPを拝見させて頂いた者です。

私は36歳(女)です。岡山在住。

幼少より、500円玉大の青あざ(蒙古斑)が
消えずに残っています。

仕事やレジャーで地方に行き、仲間達とお風呂に入らねばならないのが
とても憂鬱で、す。

なるべく避けるようにしたり、例え、1人で入っても、
見ず知らずの人の視線が気になってくつろげません。

治療できる事を知らずに今まできたのですが、
治療可能の可能性を知り、詳しくお聞きしたいと思いました。

年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。
今でも治療が可能なのかどうか、

是非とも、山本クリニック 世田谷 美容外科 の
山本先生にレーザー治療を御願い致します。

岡山在住。岡山から週一回通院可能です。
 
この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=117
 です。






これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。



++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

成人の「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」
には
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
の「2種類」があります。

御相談者の御相談内容要旨御記載の
「青あざ」=
「青色母斑:おおたぼはん:blue naevus:あおあざ」=
「太田母斑:
naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:おおたぼはん」
とは異なる「病態」です。

「生理的」な「真皮メラノサイトーシス:dermal melanocytosis」
の「範疇(カテゴリー)」の「病態」です。


「病態」が
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」に間違いなく
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
であり
臀部に(隠れるところ)に
「病態」があると仮定して御回答致しました。


「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」や
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
など
成人の
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」は。

「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」などの
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」=
「パルスルビーレーザー光照射装置」で間違った「レーザー光照射」
をされて「皮膚の陥凹」をおこすことがあります。
=>
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」の
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により
「治療戦略」をとります。

「「年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。
今でも治療が可能なのかどうか、・略・」
=>
可能で御座います。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++







#1
##1
「山本博昭 先生

HPを拝見させて頂いた者です。

私は36歳(女)です。岡山在住。

幼少より、500円玉大の青あざ(蒙古斑)が
消えずに残っています。

仕事やレジャーで地方に行き、仲間達とお風呂に入らねばならないのが
とても憂鬱で、す。

なるべく避けるようにしたり、例え、1人で入っても、
見ず知らずの人の視線が気になってくつろげません。

治療できる事を知らずに今まできたのですが、
治療可能の可能性を知り、詳しくお聞きしたいと思いました。

年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。
今でも治療が可能なのかどうか、

是非とも、山本クリニック 世田谷 美容外科 の
山本先生にレーザー治療を御願い致します。

岡山在住。岡山から週一回通院可能です。」
との事です。







#2
##1
成人になられても「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」
が消えずに残っている「病態」は
「2種類」あります。
=>##2

##2
1・「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
2・「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
の「2つ」です。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載から

「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
で「正しいと仮定」させて頂きます。











#3
##1
成人しても残っている「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」
が正しく。
かつ
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」は
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」であると
仮定させて頂きます。

##2
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」の
「大きさ」=「500円玉大」ということで「大きさ」は判ります。
「部位と範囲」はどのあたりでしょうか。

##3
「幼少より・略・消えずに残っています。」との事ですから。
=>
臀部であると推察致します。

##4
「臀部」といっても大変ひろいのですが。
臀部の正中部でしょうか。背中に近い・或は背中なのでしょうか。
それとも「おしり」にあるのでしょうか。

##5

「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
と仮定して。
=>##6

##6
成人しても残存する「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」
で「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」の場合
「治療戦略」が
「変わってきます」










#4
##1
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」

「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
ともに「青あざ」=「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」
たとえば「青色母斑:おおたぼはん:blue naevus:あおあざ」のような
「母斑:ぼはん」系=「あざ」とは異なります。

##2
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」は。
「胎生期真皮メラノサイト」が一部残存しているもので。
「生理的」な「真皮メラノサイトーシス:dermal melanocytosis」
の「範疇(カテゴリー)」の「病態」です。

##3
「青色母斑:おおたぼはん:blue naevus:あおあざ」=
「伊藤母斑:いとうぼはん:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus:あおあざ」
のように。
「褐色」や凹凸の凸もありません。

##4
但し当たり前のことですが
「広範囲のもの」「異所性」「青色の濃いもの」は
若干消え難いことがあります。









#5
##1
臀部の「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」

「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
であれば。
=>
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」での
「メラニン蒸散」=「「メラニン色素」という固体」を「気体」に換える」=
「「メラニン色素」だけ飛ばしてしまう。」
で「治療戦略」をとります。

##2
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
の場合は「隠せる」ところであれば
やはり
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」
で「治療戦略」をとります。

##3
お鼻の穴に
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」のできた
かたがいて。
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
で「レーザー光照射」をされたかたがいます。

##4
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」が必要です。

##5
ちなみに、
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」
で今現在
「青色母斑:おおたぼはん:blue naevus:あおあざ」=
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」
の「レーザー光照射」をされているかtがいます。

##6
##5の患者さんは
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」で
「レーザー光照射」を行っていきます。
「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
との
「マルチQスイッチレーザーテクニック:
multi-Q switched Laser technique:
MQST」
で「レーザー光照射」を
行っています。









#6
##1
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」
の場合の「レーザー光照射」ですが。
#5の
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」では。

##2
赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人のお顔であれば「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能です。






#7
##1
「仕事やレジャーで地方に行き、仲間達とお風呂に入らねばならないのが
とても憂鬱で、なるべく避けるようにしたり、例え、1人で入っても、
見ず知らずの人の視線が気になってくつろげません。」
との事です。
=>
御気持ちは大変よく判ります。

##2
「治療できる事を知らずに今まできたのですが、
治療可能の可能性を知り、詳しくお聞きしたいと思いました。」
との事です。
=>
宜しかったです。

##3
「年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。
今でも治療が可能なのかどうか、」
=>
もちろん可能です。

##4
「年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。」
=>
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」は
正確には「青あざ」ではありません。

=>
けれども、
御相談者の御相談内容要旨御記載の意味は判ります。
=>##5

##5
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」
の「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」が「御年齢」により
難易度が高いなどということは全く。
全くありません。


##6
「年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。
今でも治療が可能なのかどうか、」
=>
もちろん可能です。









#8
##1
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」が
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
として「500円玉」くらいの場合に。
=>##2

##2
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
に間違った「レーザー光照射」をおこなわれることがあります。
=>##3

##3
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」

「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」など
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」=
「パルスルビーレーザー光照射装置」で行われることもあるのですが。

=>

「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」でとりますから
「レーザー光照射」に陥凹になります。
何卒に御注意ください。








#9
##1
「年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。
今でも治療が可能なのかどうか、

また、可能な場合、治療にかかる期間と費用をお尋ねしたく、
宜しくお願い致します。」
との事です。

##2
「レーザー光照射装置」には。
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」で「治療戦略」をとります。
=>##2

##2
高精度の
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」
=>
「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」

「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
の「マルチQスイッチレーザーテクニック:
multi-Q switched Laser technique:MQST」
で「治療戦略」をとります。

##3
1回(日)の「レーザー光照射」の「御費用」は「5万円」
です。
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」

「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」が「500円玉」
であれば。
「20回(日)」は必要な気が致します。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##4
だから「御費用」は
「5万円」x「20回(日)」=「100万円」=「総御費用(消費税込み)」
ということになります。

「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##5
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の
「レーザー光照射装置」により
「500円の「大きさ」」の。

「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」を
けす期間は「20週間」ということになります。

##6
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。









#10結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「病態」が
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」に間違いなく
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
であり
臀部に(隠れるところ)に
「病態」があると仮定して
上記御回答致しました。

##3
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」や
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
など
成人の
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」は
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」などの
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」=
「パルスルビーレーザー光照射装置」で間違った「レーザー光照射」
をされて「皮膚の陥凹」をおこすことがあります。
=>##4

##4
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##5
「「年齢的には既に、青あざの治療が難しいとも聞きます。
今でも治療が可能なのかどうか、・略・」
=>
可能で御座います。

##6
御相談者と同じ「症状・症候」で「御遠方」から御通院中の患者さんは
多いものです。

##7
綺麗に治したいですね。





上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





ps
「蒙古斑:mongolian spot」は。
ドイツ人の東京大學教授である
「エルヴィン・フォン・ベルツ:Erwin von Baelz」*
( 1849年1月13日 - 1913年8月31日)
により在日中1885年に世界に向けて報告された「病態概念」です。

「エルヴィン・フォン・ベルツ:Erwin von Balz」
の「蒙古斑:mongolian spot」の「論文」から
当時の欧米人医師達は「蒙古斑:mongolian spot」のことを
知り「非常に驚いたそうです」。

(*
但し「エルヴィン・フォン・ベルツ:Erwin von Balz」
自身は「蒙古斑:mongolian spot」の論文のなかで
「アジア人種」=「モンゴロイド」に
「蒙古斑:mongolian spot」があるのは

「原始的な(さるにちかいとほうとうにかいてしまった)」
ため京都大学の病理学教授が激怒して急遽ドイツに
わたりドイツ人にも「蒙古斑:mongolian spot」
がある「報復論文」という「エピソード」があります)


=>


この論文をみて。
アメリカインデイアンや
イヌイット(旧 エス・キモー(エス:食べるキモ:肉)
の乳児にも
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」のあることが
判り。
人類学に「新たなる道」が開けました。



因みに
「蒙古斑:mongolian spot」という「症状・症候」を
「欧州・米国」圏内では。

「今現在」でも医師でなければ知らないかたが
大部分です。

「欧米諸国」では「domestic violence:DV」
とりわけ「小児虐待」に関しては極めて「敏感」です。

よく「欧米」で日本人の幼児のお尻をみられて
「幼児虐待」と申告されることも稀ならずあります。



私が「合衆国USA」にいたときも
同じ病院の日本人の先生のお宅の
ベビーシッターからお子様の
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」
を「小児虐待」として警察に通報されて。
「大騒ぎ」になったことがありました。



御注意下さい。


-------------------------------
「蒙古斑:mongolian spot」を発見した
「エルヴィン・フォン・ベルツ:Erwin von Balz」は
ドイツの医師。
「日本に来たのは大正解」でした。

1・「ベルツ水」で「元祖化粧水の生みの親」
2・「草津温泉」の「再発見」
3・「皇室」の「侍従医師」
4・「東京帝国大学」=「今現在の東大医学部」の
「建立」と
「全科目の初代教授」
5・ドイツという欧州の一国を日本人に認識させた
=>今現在も
「ドイツに関する日本人の好印象ははぐくまれています」

6・
その他数知れぬ恩恵を日本の医学会にもたらしました。
-------------------------------













この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=117
 です。
【116】 題名:Qスイッチのついているレーザーがすぐれている傷痕レーザ
相談者:匿名希望 年齢:32 性別:女性 地域:広島県 2013/11/10 (日)15:50:31

広島県在住。32歳女です。


たとえばYAG LASER:ヤグ・レーザーで
Qスイッチがついているものの方がサイトで
みていると上位機種のように思えます。

レーザー治療でQスイッチのついているレーザー
とQスイッチのついていないレーザーの
違いとはどのようなものでしょうか。

要領の悪いご質問ですみません。

なお、私は、傷痕レーザー治療で
山本クリニック世田谷の山本先生に「レーザー光照射」
を、御御願い致します。
広島から週一回通院可能です。


お忙しいところ大変申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。
 
この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=116
 です。





はじめまして「御相談者」さま。


「なお、私は、傷痕レーザー治療で
山本クリニック世田谷の山本先生に「レーザー光照射」
を、御御願い致します。
広島から週一回通院可能です。」との事です。
「御遠方」から御通院中の患者さんは多いものです。
どうぞ「肩の荷」をおろされて、御通院くださいませ。



++++++++++++++++++++++

御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「たとえばYAG LASER:ヤグ・レーザーで
Qスイッチがついているものの方がサイトで
みていると上位機種のように思えます。」
=>
同一量のエネルギーを使用した場合には、
単位時間あたりに使用されるエネルギー量は、
然YQスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
が一番強くなります。
=>
「パルス幅」もみじかいから熱に化けない。
赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人のお顔であれば「レーザー光照射」直後から「化粧」が可能です。



「レーザー治療でQスイッチのついているレーザー
とQスイッチのついていないレーザーの
違いとはどのようなものでしょうか。」

=>
3準位系のレーザーであるQスイッチルビーレーザー と 
4準位系のQスイッチYAGレーザーでは、
ポンピング入力に対する 
出力では、4準位の方がはるかに高くなります。
効率も良いです。


以上から、出力の取り出しやすさ、
より高出力のレーザーを取りだせるのは、
当然QスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
です。


レーザーとしては、
当然YAGの方が 効率が良く高出力エネルギーで「レーザー光照射」ができます。
「YAG LASER:ヤグ・レーザー」が、「ルビーレーザー光照射装置」より
高性能です。間違い無い事実です。




御相談者の御相談内容からは
「レーザー光照射装置」の「波長」についてふれられておりんませんので
捕捉致します。


波長1064nm(ナノメーター)の
1064「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による、レーザー治療はターゲットはコラーゲンで
皮膚の内部10mmまで到達「可能」です。



概ね、「Qスイッチヤグレーザー」以外の「レーザー光照射装置」
では、皮膚の角質層でとまってしまい。
深いところまで、「レーザー光照射」
は不可能です。


傷痕レーザー治療の独壇場である、
「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」
という「テクニック」としておおきな
展開をみせています。


下記に順を追って御回答致します。


++++++++++++++++++++++


#1
##1

広島県在住。32歳女です。


たとえばYAG LASER:ヤグ・レーザーで
Qスイッチがついているものの方がサイトで
みていると上位機種のように思えます。

レーザー治療でQスイッチのついているレーザー
とQスイッチのついていないレーザーの
違いとはどのようなものでしょうか。

要領の悪いご質問ですみません。

なお、私は、傷痕レーザー治療で
山本クリニック世田谷の山本先生に「レーザー光照射」
を、御御願い致します。
広島から週一回通院可能です。


お忙しいところ大変申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。」
との事です。





#2
##1
QスイッチルビーレーザーとQスイッチNdYAGレーザーの違いについての御相談
と「御相談」をかえて「御回答」を致します。
「Qスイッチヤグレーザー」の「nonQレーザー」の違い。

##2
これは両方を、一度でも経験されたことがわかれば
御相談者御自身も、すぐにおわかりになるはずなのですが。




#3
##1
さて
以下「QスイッチNd-YAG」=「YAG」と致します。

「レーザー光照射機器」は物理学者が作り出します。
レーザーまず工業用、そしてそれから
医療機器に転用されてきたものであるということを 
ご理解ください。


##2
「レーザー光ビーム」の発振について簡単にご説明致します。


##3
「「レーザー光ビーム」の発振」とは。

例えれば、
「レーザー光照射装置」のレーザーは。
極めて判りやすくいえば

------------------------------

###1
バケツに水をいれます。これをポンピングといいます。

###2
それを
一気にひっくり返したときのエネルギーが、レーザーのエネルギー
となります。
ここでいう、「水」とは電子のことですが。ひっくり返すことを「反転分布」
といいます。

###3
バケツの深さは大きければ大きいほどよいのです。
「この深さ」のことを、「準位:じゅんい」といいます。

###4
そしてこれが重要なのですが、
バケツを反転する速度は、速ければ速いほどよいのです。
=>

###5
たとえば、のろのろ反転すれば、水=電子はのろのろと
こぼれるように漏れるだけです。
反転分布した「水」=「電子」がすべてバケツから漏れ出る時間を
「パルス幅」といいます。

これが実は波長とともに「レーザー光照射」ではもっとも重要な数値
になります。

##4
けれどもこれを光速度ででひっくりかえせば、
QスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
ということになります。
「パルス幅」が光速度にちかいからです。

##5
光速度よりも遅い速度であればQスイッチルビーレーザーであり
のろのろ致しますが、「パルス幅」がおそければ「レーザー光ビーム」
散らばる幅はおおきな点になります。







#4
##1
単純に言えば、
3準位系のレーザーであるQスイッチルビーレーザー と 
4準位系のQスイッチYAGレーザーでは、
ポンピング入力に対する 出力では、4準位の方がはるかに高くなります。
効率も良いです。

##2
以上から、出力の取り出しやすさ、
より高出力のレーザーを取りだせるのは、「パルス幅」の短く波長も深部にとうたつする(後述)
当然QスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
です。

##3
レーザーとしては、
当然YAGの方が 効率が良く高出力エネルギーで「レーザー光照射」ができます。
「YAG LASER:ヤグ・レーザー」が、「ルビーレーザー光照射装置」より
高性能です。間違い無い事実です。






#5
##1
上述致しましたが。
「レーザー光照射機器」は物理学者が作り出します。
レーザーまず工学用、そしてそれから
医療機器に転用されてきているものであるということを 
再度ご理解ください。

##2
事実 今現在では、
工業,研究機関では、YAGレーザーが多く使用されています。


##3
ルビーレーザーは、もはや「医療系」のみでしか用いられません。
それもシミ(ほくろ)の治療のみでしか 使用されていないものとなっています。

##4
けれども「パルス幅」が長いほうがちょっと便利なこともあります。
=>#6





#6
##1
では、何故 Qスイッチルビーレーザーが、現在でも使用されているのでしょう。


##2
別に 技術が進んでいるのにも関わらず 
古い先生方が固執しているから、と言うことだけではありません。

##3
御相談者の御相談内容からはレーザー治療は傷痕レーザー治療であり
ターゲットはコラーゲンですから触れる必要はすくないのですが
必要です。

##4
「病態」が「肌のシミ」のような「メラニン色素系の「病態」」となった場合に、
話が変わってきます。


##5
現実問題として、使用感からすると、
通常の、「メラニン色素系の「病態」」の治療では、
1064「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
よりも ルビーレーザーの方が広範囲「病態」のときには
面積も広く、用いられる印象です。

##6
偶然ではあるけれどもQスイッチルビーレーザーでも
調度良いといったほうが良いのでしょうか。




#7
##1
3準位系のレーザーであるQスイッチルビーレーザーは、「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=
「レーザー・リサーフエシング」などとちがい、ターゲットはコラーゲンではない。
皮膚の「メラニン色素系の「病態」」を相手にしています。

##2
だから、
かなりの高出力を要求されることはありませんので、出力として、
QスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
の方が高出力を出すことは可能でしょう。
けれどもシミの場合には、一般的な医療用Qスイッチルビーレーザーでも 
遜色なく出せる程度の出力で治療が行われます。

##3
問題となるとすれば、1064「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
では、1秒間に10発程照射*(10Hz) することができたりします。
けれども、
ルビーレーザーでは、速く打てる機種でも 1秒間に2発程(2Hz)しか出ませんので、
時間はかかるように感じると思います。


##4
「メラニン色素系の「病態」」を照射するわけですから、
マシンガンのように照射することもありません。
Qスイッチルビーレーザーですが工業用では100Hz等もありますが、医療用では手に余ります。







#8
##1
ルビーレーザーが、YAGレーザーよりも 都合が良いと考えられる点は、
パルス幅です(性能が高いという意味では必ずしもありません)。
レーザーが照射されている時間です。
Qスイッチという機能で非常に短い時間(光が数メートル進むほどの時間)で、
大きなエネルギー量を照射し、
治療効果を得るのですが、このレーザーが照射されている時間「非常に短い時間」がパルス幅です。
パチパチと、パチンパチンの相違です。

##2
YQスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
は、性能も高いので、
照射の際に 6〜8ns(ナノ秒) という非常に短い時間で照射されます。

##3
それに対して、ルビーレーザーは、 
20〜40ns という時間で照射されます。

##4
ちなみに 同様のQスイッチレーザーでは、アレキサンドライトレーザーも有りますがQスイッチをつけても
50〜100ns です。
=>「熱レーザー「レーザー光照射装置」」に近くなります。








#9
##1
上記3種類のレーザーで、
同一量のエネルギーを使用した場合には、
単位時間あたりに使用されるエネルギー量は、当然YQスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
が一番強くなります。


##2
ましてや「御相談者」は傷痕レーザー治療であり、
色素沈着もあるでしょうが、
コラーゲンの不整合をおこしており、この不整合を
「パルス幅」短く、皮膚深部まで到達する
1064「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
は。

##3
傷痕レーザー治療の独壇場である、
「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」
という「テクニック」としておおきな
展開をみせています。







#10結論:
##1
「たとえばYAG LASER:ヤグ・レーザーで
Qスイッチがついているものの方がサイトで
みていると上位機種のように思えます。」
=>
同一量のエネルギーを使用した場合には、
単位時間あたりに使用されるエネルギー量は、当然YQスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
が一番強くなります。
=>
「パルス幅」もみじかいから熱に化けない。
赤くなりません・腫れません・痛くありません。御婦人のお顔であれば「レーザー光照射」直後から「化粧」が可能です。



##2
「レーザー治療でQスイッチのついているレーザー
とQスイッチのついていないレーザーの
違いとはどのようなものでしょうか。」

=>
3準位系のレーザーであるQスイッチルビーレーザー と 
4準位系のQスイッチYAGレーザーでは、
ポンピング入力に対する 
出力では、4準位の方がはるかに高くなります。
効率も良いです。

##4
以上から、出力の取り出しやすさ、
より高出力のレーザーを取りだせるのは、
当然QスイッチNd-YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
です。

##5
レーザーとしては、
当然YAGの方が 効率が良く高出力エネルギーで「レーザー光照射」ができます。
「YAG LASER:ヤグ・レーザー」が、「ルビーレーザー光照射装置」より
高性能です。間違い無い事実です。



##6
御相談者の御相談内容からは
「レーザー光照射装置」の「波長」についてふれられておりんませんので
捕捉致します。

##7
波長1064nm(ナノメーター)の
1064「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による、レーザー治療はターゲットはコラーゲンで
皮膚の内部10mmまで到達「可能」です。

##8
概ね、「Qスイッチヤグレーザー」以外の「レーザー光照射装置」
では、皮膚の角質層でとまってしまい。
深いところまで、「レーザー光照射」
は不可能です。

##9
傷痕レーザー治療の独壇場である、
「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」
という「テクニック」としておおきな
展開をみせています。












「なお、私は、傷痕レーザー治療で
山本クリニック世田谷の山本先生に「レーザー光照射」
を、御御願い致します。
広島から週一回通院可能です。」との事です。
「御遠方」から御通院中の患者さんは多いものです。
どうぞ「肩の荷」をおろされて、御通院くださいませ。














この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=116
 です

【115】 題名:最新の汗管腫のレーザー治療で口コミの山本クリニック 世田谷
相談者:匿名希望 年齢:35 性別:女性 地域:兵庫県 2013/11/03 (日)14:29:37
35歳女です。兵庫在住。

二十歳代から両目の下眼嶮(したまぶた)か
ら鼻のわきにかけてプツプツができています。
ふえたりはしていません。

直径1mmくらいで、光ったかんじです。
はだと同じ色でツブツブがたくさんあります。

3件の近くの皮膚科では、3件とも汗管腫?と診断されました。
1件では治療が不能、1件では液体窒素・
のこる一件ではレーザー治療しかない。
使うのはCO2(炭酸ガス)レーザーで
ひとつずつとっていくのもできる。
けれども、顔に赤い点々がのこることがある・との事でした。

私には疑問があります。
1・そもそも汗管腫ってどういう病気。
2・ネットではCO2(炭酸ガス)レーザーでとるのが多いが、
痛いらしい。赤くなるのもこまる。

汗管腫 とレーザー治療しかないことはわかりました。


以上ですが、
レーザー治療では、口コミからも名医でいらっしゃる
山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生
に 汗管腫について、またレーザー治療について、
おおしえいただけないでしょうか。

ちなみに相談掲示板の過去の記事kからは
私には酒さがあるお確信しております。

兵庫から週一回通院可能です。
できるようならば、名医で口コミの山本クリニック 世田谷 美容外科にて
レーザー治療を御願い致します。

よろしくお願いいたします。
 
この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=115
 です。





「汗管腫(かんかんしゅ)」につきましては・・
確かにレーザー治療しかありません。

けれども [汗管腫]の正診断率は非常低く、
「御婦人」の「下眼嶮(したまぶた)」あるいは「上眼嶮(うわまぶた)」
になにかブツブツがあると、
無条件い、 [汗管腫(かんかんしゅ)]と診断されてしまいます。




++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

1・
まず  「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」という
病名ですが、元の「欧米」の病名である「sylingoma:シリンゴーマ」
には、なにも、「汗の管」の意味はありません。」
と、いうことを覚えてください
=>
「「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」は、
「汗」とはなんの関係もない
「ちとせあめ腫瘍」や「棒状腫」とよばれるべきものであったのです。
「汗管腫(かんかんしゅ)」は、元来誤訳です。」


「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、20代前に完成されてしまって、
増えもせず、あとは「化石」として残ります。

この化石はコラーゲンの塊でできています。そしてうずまきのような
形をしています。顕微鏡でみても「汗腺や汗管」の成分はみあたりません。


上記はなにを意味しているかというと、
「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、生理の始まる前後にできるのだけれども
20歳を、すぎると、プツプツの中身は、「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」
或いは「コラーゲンの「うず」」になっています。


だから、10台の方より、お年をめした30-40-50台の「御婦人」
の「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、もはや「生もの」ではなく、
「コラーゲンでできた化石でうずまきになっている」のです。
アンモナイトのとうに化石です。


この「うずまきの状態」は
、いわば一種の「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」
とも考えられます。


本物の「汗管腫(かんかんしゅ)」のレーザー治療は、
「このうずまきをほぐしてあげる」レーザー治療をすることが
必要です。


すなわちコラーゲンのうずまきをターゲット
にして、
QスイッチNd−YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)で。

「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」
という方法を、行います。
「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」を平らにする」
ということなのです。

赤くなりません・腫れません・痛くありません。御婦人のお顔であれば
「レーザー光照射」直後から「化粧」が可能です。

「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」
には1回数(日)の
「ショット数」」は2両眼で、10000ショット
が必要です・

「照射回(日)は週一回(日)のペース」=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の1「皮膚のターンオーバー」
で「Qスイッチヤグレーザー」の「レーザー光照射」を
くりかえす必要があること。

「熱レーザー「レーザー光照射装置」」の「CO2(炭酸ガス)レーザー」
「エコツー eCO2レーザー」のでは「治療戦略」は不可能です。

下記に順を追って御回答致します。

++++++++++++++++++++++









#1
##!1
「35歳女です。兵庫在住。

二十歳代から両目の下眼嶮(したまぶた)か
ら鼻のわきにかけてプツプツができています。
ふえたりはしていません。

直径1mmくらいで、光ったかんじです。
はだと同じ色でツブツブがたくさんあります。

3件の近くの皮膚科では、3件とも汗管腫?と診断されました。
1件では治療が不能、1件では液体窒素・
のこる一件ではレーザー治療しかない。
使うのはCO2(炭酸ガス)レーザーで
ひとつずつとっていくのもできる。
けれども、顔に赤い点々がのこることがある・との事でした。

私には疑問があります。
1・そもそも汗管腫ってどういう病気。
2・ネットではCO2(炭酸ガス)レーザーでとるのが多いが、
痛いらしい。赤くなるのもこまる。

汗管腫 とレーザー治療しかないことはわかりました。


以上ですが、
レーザー治療では、口コミからも名医でいらっしゃる
山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生
に 汗管腫について、またレーザー治療について、
おおしえいただけないでしょうか。

ちなみに相談掲示板の過去の記事kからは
私には酒さがあるお確信しております。

兵庫から週一回通院可能です。
できるようならば、名医で口コミの山本クリニック 世田谷 美容外科にて
レーザー治療を御願い致します。

よろしくお願いいたします。」
との事です。







#2
##1
まず  「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」という
病名ですが、元の「欧米」の病名である「sylingoma:シリンゴーマ」
には、なにも、「汗の管」の意味はありません。

##2
「汗腺腫瘍」とか「汗管腫(かんかんしゅ)」と、誤訳したのは
昔の日本の皮膚科の先生です。

##3
御相談者御自身は「シリンダー」という言葉をご存じだと
存じます。
「シリンダー」は「空洞の円柱」のことです。

##4
だから
「元の「欧米」の病名である「sylingoma:シリンゴーマ」」も、
古代ギリシャ語で「syrinxは=円柱」という意味なのです。
=>
にかしの日本の医師は、古代ギリシャ語は習いません。
だから、外国語の病名を日本語病名に翻訳すのにはとてもこまったはずです。


##5
上述のごとく 「sylingoma:シリンゴーマ」の「sylingは円柱」「omaは=腫瘍」
ということなのですから。「円柱腫」と訳せればよかったのですが、
「汗管腫(かんかんしゅ)」になってしまったのです。

##6
だから、おおよそ、 [汗管腫(かんかんしゅ)]と診断される先生の
大部分は、このような歴史をしらないで、ずっと、使ってこられたということになります。

##7
事実、脳神経外科にも「脳腫瘍」に、「sylingoma:シリンゴーマ」性格には
「cyridroma:シリンドオーマ」という「脳腫瘍」があります。
これは文字通り、「円柱腫」と翻訳されています。


##8
医療の世界では注射器を、「シリンジ」といいます。
同じ意味です。

##9
#2で、以上から申し上げたかったことは、
「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」は、「汗」とはなんの関係もない
「ちとせあめ腫瘍」や「棒状腫」とよばれるべきもので、
「汗管腫(かんかんしゅ)」は、元来誤訳であったということです・。

##10
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##11
ただし、以下、 [汗管腫(かんかんしゅ)]ですませます。
御了解ください。







#3
##1
「汗管腫(かんかんしゅ)」というのは、「御婦人」の「下眼嶮(したまぶた)」に
おおくはっせいする「できもの」です。

##2
ところが
「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、20代前に完成されてしまって、
増えもせず、あとは「化石」として残ります。

##3
この化石はコラーゲンの塊でできています。そしてうずまきのような
形をしています。顕微鏡でみても「汗腺や汗管」の成分はみあたりません。

##4
上記はなにを意味しているかというと、
「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、生理の始まる前後にできるのだけれども
20歳を、すぎると、プツプツの中身は、「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」
或いは「コラーゲンの「うず」」になっています。

##5
だから、10台の方より、お年をめした30-40-50台の「御婦人」
の「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、もはや「生もの」ではなく、
「コラーゲンでできた化石でうずまきになっている」のです。
アンモナイトのとうに・です。

##5
この「うずまきの状態」は、いわば一種の「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」
とも考えられます。

##6
教科書などに、顕微鏡で「おたまじゃくし」とか「コッマ状」をしているのは
これらの渦巻きを、断面としてみれば、そのようにみえるのですね。

##7
だから、本物の「汗管腫(かんかんしゅ)」のレーザー治療では、
「このうずまきをほぐしてあげる」レーザー治療をすることが
必要になってきます。


##8
この「テクニック」はコラーゲンのうずまきをターゲット
にして、
QスイッチNd−YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
により、
「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」
という方法を、行います。
「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」を平らにする」
ということなのです。

赤くなりません・腫れません・痛くありません。御婦人のお顔であれば
「レーザー光照射」直後から「化粧」が可能です。

「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」
には1回数(日)の
「ショット数」」は2両眼で、10000ショット
が必要です・

「照射回(日)は週一回(日)のペース」=「golden pace:ゴールデン・ペース」=「4分の1「皮膚のターンオーバー」
で「Qスイッチヤグレーザー」の「レーザー光照射」を
くりかえす必要があります。

=>#4







#4
##1
上述のように「汗管腫(かんかんしゅ)」の「病態」は「誤診」を
されやすいこと。
「汗」とはなんお関係もないこと・・を、御回答致しました。

##2
「汗管腫(かんかんしゅ)」の「病態」は「誤診」を
されやすいこと」であれば、
いかなる「病態」と間違われるのでしょうか。
=>##3

##3

「ちなみに相談掲示板の過去の記事kからは
私には酒さがあるお確信しております。」との事です。

=>

一番多いのは「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
2「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
=「「皮膚」と同色のmmくらいのぷつぷつ」
とまちがえあれやすいのです。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##4
この場合「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「下眼嶮(したまぶた)」にはできないのですが、
なぜか、「下眼嶮(したまぶた)」に「内側」が一部はいりこみ、
はなすじから「左側頬」に、広がります。

##5
「メラニン色素系の「病態」」は付属しませんが、
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」=
「毛孔性角化症」:keratosis pilaris:ケラトーシス・ピラーリス」
を、合併していると、茶色のいろあいになります。





##7
その他は[稗粒腫:はいりゅうしゅ] =「稗粒腫(ひりゅうしゅ)」(milium:ミリウム)
とまちがわれることがあります。
これはしょうめんからみて、光沢つよく、中身は脂肪の塊なので、
「白くみえます」。










#5
##1
「山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都の山本先生
に 汗管腫について、またレーザー治療について、
おおしえいただけないでしょうか。

ちなみに相談掲示板の過去の記事kからは
私には酒さがあるお確信しております。」
との事です。


##2
#1-#4まで上述のごとく、「汗管腫(かんかんしゅ)」とは。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1・「汗管腫(かんかんしゅ)」という病名の起源について。

まず  「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」という
病名ですが、元の「欧米」の病名である「sylingoma:シリンゴーマ」
には、なにも、「汗の管」の意味はありません。」
と、いうこと。=>
「「汗管腫(かんかんしゅ);sylingoma:シリンゴーマ」は、「汗」とはなんの関係もない
「ちとせあめ腫瘍」や「棒状腫」とよばれるべきもので、
「汗管腫(かんかんしゅ)」は、元来誤訳であったということです・。」



2・「汗管腫(かんかんしゅ)」の病理学的「病態」と特徴について。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、20代前に完成されてしまって、
増えもせず、あとは「化石」として残ります。


この化石はコラーゲンの塊でできています。そしてうずまきのような
形をしています。顕微鏡でみても「汗腺や汗管」の成分はみあたりません。


上記はなにを意味しているかというと、
「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、生理の始まる前後にできるのだけれども
20歳を、すぎると、プツプツの中身は、「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」
或いは「コラーゲンの「うず」」になっています。


だから、10台の方より、お年をめした30-40-50台の「御婦人」
の「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、もはや「生もの」ではなく、
「コラーゲンでできた化石でうずまきになっている」のです。
アンモナイトのとうに・です。


この「うずまきの状態」は、いわば一種の「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」
とも考えられます。




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3・「汗管腫(かんかんしゅ)」の病理学的「病態」と特徴からそのレーザー治療
は。
本物の「汗管腫(かんかんしゅ)」のレーザー治療では、
「このうずまきをほぐしてあげる」レーザー治療をすることが
必要になってきます。


この「テクニック」はコラーゲンのうずまきをターゲット
にして、
QスイッチNd−YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
により、
「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」
という方法を、行います。
「内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」を平らにする」
ということなのです。

赤くなりません・腫れません・痛くありません。御婦人のお顔であれば
「レーザー光照射」直後から「化粧」が可能です。

「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」
には1回数(日)の
「ショット数」」は2両眼で、10000ショット
が必要です・

「照射回(日)は週一回(日)のペース」=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の1「皮膚のターンオーバー」
で「Qスイッチヤグレーザー」の「レーザー光照射」を
くりかえす必要があること。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

4・「汗管腫(かんかんしゅ)」は、「汗管腫(かんかんしゅ)」といわれたときから。
「誤診」が多いものです。



一番多いのは「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
2「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
=「「皮膚」と同色のmmくらいのぷつぷつ」
とまちがえあれやすいのです。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。


この場合「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「下眼嶮(したまぶた)」にはできないのですが、
なぜか、「下眼嶮(したまぶた)」に「内側」が一部はいりこみ、
はなすじから「左側頬」に、広がります。

「メラニン色素系の「病態」」は付属しませんが、
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・ピラーリス」=
「毛孔性角化症」:keratosis pilaris:ケラトーシス・ピラーリス」
を、合併していると、茶色のいろあいになります。



その他は[稗粒腫:はいりゅうしゅ] =「稗粒腫(ひりゅうしゅ)」(milium:ミリウム)
とまちがわれることがあります。
これはしょうめんからみて、光沢つよく、中身は脂肪の塊なので、
「白くみえます」。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−







#6
##1
声をおおきくしていいたいことは
「汗管腫(かんかんしゅ)」の「病態」は
Qスイッチのついていない、「熱レーザー「レーザー光照射装置」」
=「CO2(炭酸ガス)レーザー」や「エコツー eCO2レーザー」
で2-3回数(日)やっても・・

御金をドブにすてるようなもので
全く「効果」がないこと!

このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##2
##1はとても重要です。









#7結論:

##1
上記御解答致しました。

##2
病名の錯誤から・
「汗管腫(かんかんしゅ)」なるものは、20代前に完成されてしまって、
増えもせず、あとは「化石」として残る「病態」であること。

##3
「治療戦略」は結局、
QスイッチNd−YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
により、
「「コラーゲンのうず」をまきほどして平らにする」、あるいは
これを
内部でコラーゲンレイヤーの「不整合」」を平らにする」
という「テクニック」である。

##3
ターゲットはコラーゲンになります。
この「テクニック」を
「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」
ということp。

##4
QスイッチNd−YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
の独壇場だることを上記御解答致しました。

##5
さらに、ひとつひとつ、「CO2(炭酸ガス)レーザー」などの
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」で「治療戦略」を
たてるべきではないことを、
御回答致しました。


##6
同じ「症状・症候」の「御遠方」から御通院中の患者さんは多いものです。

##7
綺麗に治したいですね。






















この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=115
 です。
【114】 題名:先生のレーザーでなければ私の酒さは治せないことを確信致しました。
相談者:匿名希望 年齢:39 性別:女性 地域:大阪府 2013/10/24 (木)14:59:38
本博昭 先生 


はじめまして。


38歳女性です。大阪から週一回通院可能です。

高校生くらいからずっと
赤ら顔と脂性の症状で悩んでいます。
2年前大学病院の皮膚科の先生の診断は酒さで紅斑性の酒さとのことでした。
皮膚科の先生はニキビのいとこであるとのことでした。
部位は頬と鼻と顎ですが目立つ頬を治したいです。
かゆみはありませんが赤ら顔に加えてひふのくずのようなものがとても目立ち
悩んでいます。

ホームページの相談掲示板を拝見して。
先生のレーザーでなければ私の酒さは治せないことを確信致しました。
他の方の御回答から通院のし方やレーザーの方法や費用も分りました。


そこで御相談なのですが。
(1)
一週一回の通院は可能であろうと考えますが
時々曜日がかわる(時間帯は大丈夫です)のは大丈夫なのでしょうか。
(2)
酒さ症状なのかどうか分りませんが吹出物が決まって同じところによくでます。
これは酒さ性のにきびなのでしょうか。
学病院の皮膚科の先生の診断は酒さで紅斑性の酒さで酒さにきび
ではないとのことでしたが。
(3)
レーザーでこのような吹出物がある場合酷くなることはないでしょうか。
(4)
レーザー直後から化粧が可能とのことですが
レーザーまえに化粧はすべからく落とすのでしょうか。
それとも頬だけでしょうか。

沢山質問して申し訳ございません。
ぜひとも山本博昭 先生にレーザーを御願い致します。
(ほかの先生ではなく)

大阪から週一回通院可能です。
よろしく御願い致します。
 
この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=114
 です。





これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。






++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。


「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
1・「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
2・「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
3・「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma)
の「病理学的分類」があります。

また
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の発生「局在部位」
により
「major Four:大4部位」+「specific Three:特異3部位」
の「7「局在部位」」に分類されます。

また「色」により
1.「赤酒さ:しゅさ:red rosacea:レッド・ロザケア」」
2・「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」
また
皮膚性上から
1・「脆弱酒さ:ぜいじゃくしゅさ:thin rosacea:シンロザケア」=
「皮膚の薄い「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」
2・「通常酒さ:つうじょうしゅさ:hard rosacea:ロザケア」=
「皮膚の薄くない「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」」
に分類されます。

これらの
すべからくの分類により
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」である
「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
の「レーザー光照射」
の「治療戦略」は変わってきます。

一番重要なことは。
「赤ら顔」の
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」なのに
「赤あざ」=「血管腫」と間違われて
「もうさいけっかんかくちょうしょう」などといわれない
ことです。


下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++






#1
##1
「山本博昭 先生 


はじめまして。


38歳女性です。大阪から週一回通院可能です。

高校生くらいからずっと
赤ら顔と脂性の症状で悩んでいます。
2年前大学病院の皮膚科の先生の診断は酒さで紅斑性の酒さとのことでした。
皮膚科の先生はニキビのいとこであるとのことでした。
部位は頬と鼻と顎ですが目立つ頬を治したいです。
かゆみはありませんが赤ら顔に加えてひふのくずのようなものがとても目立ち
悩んでいます。

ホームページの相談掲示板を拝見して。
先生のレーザーでなければ私の酒さは治せないことを確信致しました。
他の方の御回答から通院のし方やレーザーの方法や費用も分りました。


そこで御相談なのですが。
(1)
一週一回の通院は可能であろうと考えますが
時々曜日がかわる(時間帯は大丈夫です)のは大丈夫なのでしょうか。
(2)
酒さ症状なのかどうか分りませんが吹出物が決まって同じところによくでます。
これは酒さ性のにきびなのでしょうか。
学病院の皮膚科の先生の診断は酒さで紅斑性の酒さで酒さにきび
ではないとのことでしたが。
(3)
レーザーでこのような吹出物がある場合酷くなることはないでしょうか。
(4)
レーザー直後から化粧が可能とのことですが
レーザーまえに化粧はすべからく落とすのでしょうか。
それとも頬だけでしょうか。

沢山質問して申し訳ございません。
ぜひとも山本博昭 先生にレーザーを御願い致します。
(ほかの先生ではなく)

大阪から週一回通院可能です。
よろしく御願い致します。」
との事です。

##2
「先生のレーザーでなければ私の酒さは治せないことを確信致しました。
他の方の御回答から通院のし方やレーザーの方法や費用も分りました。」
=>
有難うございます。









#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板の
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」
に関する「治療戦略」の「過去の御相談と御回答」を
御読み頂いているようです。

##2
御相談者は
「35歳女性です。
高校生くらいからずっと
赤ら顔と脂性の症状で悩んでいます。
2年前大学病院の皮膚科の先生の診断は酒さで紅斑性の酒さとのことでした。
皮膚科の先生はニキビのいとこであるとのことでした。
部位は頬と鼻と顎ですが目立つ頬を治したいです。
かゆみはありませんが赤ら顔に加えてひふのくずのようなものがとても目立ち
悩んでいます。」
との事であり。
=>##3

##3
大変に明晰に御相談者御自身の「症状・症候」と治すべき「病態」
を把握されていらっしゃいます。
=>#4










#4
御相談者の御相談内容要旨御記載からは「症状・症候」ないしは
「治療戦略」につき御相談者の把握されていることを
まとめてみると下記のようになります。

##1
大学病院の「皮膚科専門医先生」に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
と診断を下されていること。


##2
皮膚科の先生はニキビのいとこであるとのことでした。」
=>
「ある意味では面白い御表現です。
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「尋常性痊瘡(ざそう)」=「にきび」
の「いとこ」などでは全くありません。
けれども
「何か良く分る御説明です」。


##3
「部位は頬と鼻と顎ですが目立つ頬を治したいです。
かゆみはありませんが赤ら顔に加えてひふのくずのようなものがとても目立ち
悩んでいます。」
=>
典型的な
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
の「症状・症候」です。
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の部位は
「額」「頬」「鼻」「顎」と「4部位」なのだけれども「頬」に的を
しぼられていることは立派です。
=>#5










#5
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は基本的には
「お顔の全体」に出来ます。
しかし
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の発生部位により
特徴があり「レーザー光照射」の難易度の高い「局在部位」
そうでない(けれも難しいですが)「局在部位」
があります。

##2
###1
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
###2
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
###3
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサル・ロザケア」
###4
「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」

「major Four:大4部位」に加えて。
=>「specific Three:特異3部位」があります。
=>##3

##3
###1
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:Tゾーンロザケア」
###2
「鼻横酒さ:傍鼻翼酒さ:para-nasal rosacea:パラ・ネーサル・ロザケア」
###3
「こめかみ酒さ:こめかみしゅさ:temple rosacea:テンプル・ロザケア」
です。

##4
##2+##3で「7部位」に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は発生部位による
「局在部位」による分類がなされます。

##5
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」が広範に亙るときは
「レーザー光照射」に際して「局在部位」を「絞り込む」ことが
肝要です。












#6
##1
「そこで御相談なのですが。
(1)
一週一回の通院は可能であろうと考えますが
時々曜日がかわる(時間帯は大丈夫です)のは大丈夫なのでしょうか。
(2)
酒さ症状なのかどうか分りませんが吹出物が決まって同じところによくでます。
これは酒さ性のにきびなのでしょうか。
学病院の皮膚科の先生の診断は酒さで紅斑性の酒さで酒さにきび
ではないとのことでしたが。
(3)
レーザーでこのような吹出物がある場合酷くなることはないでしょうか。
(4)
レーザー直後から化粧が可能とのことですが
レーザーまえに化粧はすべからく落とすのでしょうか。
それとも頬だけでしょうか。」
との事です。

##2
「「そこで御相談なのですが。
(1)
一週一回の通院は可能であろうと考えますが
時々曜日がかわる(時間帯は大丈夫です)のは大丈夫なのでしょうか。」
との事です。
=>大丈夫です。
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」
で「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんは
「皮膚のターン・オーバー」に「乗って」「レーザー光照射」を
行います。
「1−2日のずれ」=「曜日のずれ」は。
お慣れになられたら「調整可能」です。


##3
「(2)
酒さ症状なのかどうか分りませんが吹出物が決まって同じところによくでます。
これは酒さ性のにきびなのでしょうか。
学病院の皮膚科の先生の診断は酒さで紅斑性の酒さで酒さにきび
ではないとのことでしたが。」
との事です。
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんには
「決まった位置に「吹き出物」」でる特性があります。
=>
「あご酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
の方などは時によっては「レイヤー」が特殊なため・・
=>
「仮性粉瘤」=「毛穴が塞がったために出来た粉瘤
(組織学的には毛包のう腫(もうほうのうしゅ))」にいたることも
あります。
=>
よくこの「吹き出物」を
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)と
間違われます。
=>
「全くの間違いです」。

=>
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)の
「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)とは
ちょっと難しいですが
=>
皮膚の1mmくらいのツブツブできます。
ちょっと難しいですが、俗にいう「毛穴痕」が凹凸の凹であれば
2・「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
は凹凸の凸にすぎません。

=>
大学病院の「皮膚科専門医先生」がしっかりと
「御診断」をされていて宜しかったです。


##3-2
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)の
「痊瘡(ざそう)」=「にきび」は
直径1mmほどの、「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
のぶいなどに明確に見えるプツプツです。

=>
よく「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さん
に合併する吹き出物=
「毛嚢炎」」或は「毛包のう腫(もうほうのうしゅ)」の
ことではありません。

=>

けれども
とてもよく間違われます。



##4
「(3)
レーザーでこのような吹出物がある場合酷くなることはないでしょうか。」
=>
ありえません。
むしろ
「吹き出物レーザー」という位です。
「吹き出物」と「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による「レーザー光照射」
は極めて「相性が良い」ものです。


##5
「(4)
レーザー直後から化粧が可能とのことですが
レーザーまえに化粧はすべからく落とすのでしょうか。
それとも頬だけでしょうか。」
との事です。
=>
「レーザー光照射」をする「局在部位」のみを
クレンジングしていただくだけで結構です。










#7
##1
「沢山質問して申し訳ございません。
ぜひとも山本博昭 先生にレーザーを御願い致します。
(ほかの先生ではなく)
よろしく御願い致します。」
との事です。

##2
「ぜひとも山本博昭 先生にレーザーを御願い致します。
(ほかの先生ではなく)」
との事です。
=>##3

##3
東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科には
私しか医師はいません。
私が皆様の「レーザー」を丁寧に確実に
「レーザー光照射」させていただきます。

ご安心下さいませ。



##4
「先生のレーザーでなければ私の酒さは治せないことを確信致しました。」
=>
有難うございます。



#8
##1
「沢山質問して申し訳ございません。・略・
よろしく御願い致します。」
=>
上記御回答致しました。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」が増殖した
「脂腺疾患:しせんしっかん」です。

##3
よく「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」=
「血管腫」と間違われます。

##4
とんでもない「誤診」です。
御注意下さいますように。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。










#9
##1
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

##2

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答」14
[2] [2008年 5月17日 21時 7分18秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html

を再度御参照頂けますか。

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は。
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」である
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による「レーザー光照射」
の「独壇場」です。

##4
赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から
「メイク」が可能で御座います












#10結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「脂腺疾患:しせんしっかん」です。
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は「黒い」が
「縦走毛細血管:longitudinal capillary:じゅうそうもうさいけっかん]
の周囲にが幾重にもまきついて
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
を形成する。

##3
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」の
束の「断面」が「赤ら顔」を
呈する「脂腺疾患:しせんしっかん」です。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんは
「赤ら顔」ですが
「赤あざ」ではありません。

##5
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんの
「赤ら顔」を「赤あざ」と間違われて。
=>##6

##6
「赤ら顔」の
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」=
「血管腫」の「赤あざ」と
錯覚をおこされて「Vビームレーザー」など「レーザー光照射」
されると大変なことになります。
=>「皮下内出血」

##7
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
の「過去の御相談と御回答」を
御読み頂いているようです。

##8
上記御回答致しました。

##9
「ホームページの相談掲示板を拝見して。
先生のレーザーでなければ私の酒さは治せないことを確信致しました。
他の方の御回答から通院のし方やレーザーの方法や費用も分りました。」
=>##10

##10
有難うございます。
綺麗に治したいですね。
私も頑張ります。
「完全御予約制」の御予約の御電話をお待ち致します。















この相談への個別リンクは 
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=114
 です。
前の10件次の10件 
相談掲示板入室ページへ   このページのトップへ(新規相談書き込み)   山本クリニックHomePageへ   メール

あなたは 00166895 人目の患者さんです。(Since 2009.12.16.Wed)